cocoro
ココフリ:フリーイラスト素材サイト始めました。
キャリア

ITベンチャーに転職した後悔を全て話します【ハードモード】

ベンチャー企業って実際どうなの?後悔するとか聞くけど…

こんな疑問を解決します。

ベンチャー企業に入ると成長できるよ!と耳にすることもありますよね。とはいえ、注意してほしいのが、仕事内容です。

ちなみに私はITベンチャー企業に転職したのですがかなり後悔してます…

なので、この記事ではそんな経験も踏まえて後悔しないための方法を紹介していきます。

  • ITベンチャーに転職して後悔したこと
  • ITベンチャーだからこそ学べることもある
  • 実際にベンチャーを経験した人のリアルな話


ITベンチャーに転職した後悔したこと3つ

ITベンチャーに転職した後悔した3つ

後悔したことは色々ありますが、特に下記の3つです。

  • 思っていたよりベンチャーではなかった
  • 技術的に低すぎる
  • 年収が下がる

思っていたよりベンチャーではなかった

ベンチャーとは野心的や冒険的な事業ということでもありますが、まったくもってベンチャーではなかったですね。

常に成長すべき事業でもあるはずが、逆に私が入社した企業はすでに停滞してゴールが見えてない状態でもありました。

すべてのベンチャー企業がそうではないですが、逆も然りです。

面接で会社がどんな方向に進もうとしているのか、どんなビジョンを描いているのかを聞いてみるのもおすすめです。

技術的に低すぎる

中には技術者が1人しかいない会社があります。
しかも今考えたらそんなにレベルが高くないんですよね。

のわりに求人では未経験を1から育てますと謳ってるので、びっくりします。

求人サイトでは、技術力がどんなものかわからないので実際に面接で色々聞いてみた方がいいですよ。

さらにベンチャーを選ぶ場合は、その会社が自社開発をしているか確認しましょう。

それか先にスクールで技術をつけて、もっとキャリアアップできる企業に転職した方が比較的安全かもしれません。
プログラミングスクール経験者がおすすめする3校【完全無料あり】

年収が下がる

これは視野に入れないといけません。

ちゃんと資金調達をしている企業ならある程度社員に還元しますが、上手くできてない企業の場合、年収が下がると思っていいです。

とはいえ、給料ではなく挑戦していきたいんだ!という方は意識しなくてもいいでしょう。

ですが、最低限の年収は必要なので交渉できる場合はした方がいいですね。

【ミイダスの適性チェック】あなたの市場価値がわかるアプリ

ベンチャーに転職した後悔←成長できたこともあります

ベンチャーに転職した後悔←成長できたこともあります

もちろん後悔だけではないんですよね。

割合的には後悔>成長ですが、それでもよかったなと思うことはあります。

特にベンチャーならではのよかったこと2つを紹介します。

自己成長を望める

やはりベンチャーのいい所は成長ができるところですね。

毎日が新しいことなので、常に動いて考え仕事をし、技術力もつきます。

ですが、あくまで自己成長なので、自分で勉強し、積極的に仕事をすることが必要です。

受け身だとなかなか成長できないので、ガンガン積極的に動きましょう。

社長・上司との距離が近い

大手だと中々経験出来ないですが、ベンチャーだと社長や上司とバンバン意見交換できます。

さらに社長の経営思想を直接聞くことができるのでかなり貴重な経験ができますよ。

将来的に独り立ちしたいという方は、ベンチャーも視野に入れていいかと。

とはいえ、社長が柔軟な方だったらいいのですが、「俺の考えが一番」という社長だったらベンチャー特有の成長がないので、注意が必要です。

ベンチャーに転職した後悔3人の話

ベンチャーに転職した後悔3人の話

私はベンチャー企業に入社し、社員をまとめるリーダーをやっていたのですが、そこで定期的に社員とコンタクトを取っていました。

その時によく耳にしていたのが「後悔」です。

ここではAさん、Bさん、Cさんとして実際の3人の声を元に後悔したことを紹介します。

Aさん男性/20代後半

決心してベンチャーへ入社したAさんでしたが、後悔してるとよく言っていました。

特に「給料の面」・「業務体系」とのこと。

冒頭でも言いましたが、やはり給料面はある程度覚悟しておいた方がいいです。

さらにSESという業態だったため自分のしたい仕事ができず辞めてしまいました。

Bさん女性/20代前半

楽しくやっていたのですが、ある日うつ病を発症。

原因は完全に会社だったのですが、会社は隠蔽。

そのショックもあり退職していきました。

常に考えることがプレッシャーやストレスになってしまう方はかなりきつい業態とも言えます。

ちなみに私もこの企業でうつ病になりました。

Cさん男性/30代前半

元々まったく違う業種だったのですが、将来を考えITベンチャー企業へ。

一から教えますと謳っていたので、期待も込めて転職したのですが、実際には自分で独学するしかなくなり限界を感じ転職されました。

ITは勉強だけではなく、実務も非常に大事なのですが、たまにヘルプデスクという仕事を永遠とやる場合もあります。

中にはこういった企業もありますので、参考程度として受け止めてください。

ベンチャーに転職した後悔:まとめ

ベンチャーに転職した後悔:まとめ

ちなみにこれらを踏まえてベンチャー企業に向いている人は下記です。

  1. 自分で考えて動くことが好きな人
  2. 給料よりもやりがいを求める人
  3. 責任感を持って新しいことをしたい人

これらに対して苦だと思わない方は、おすすめですよ。

とはいえ、「ベンチャーはめちゃくちゃ勉強できるし、成長できるからおすすめだよ!今からの時代は個人の時代だからね!」という言葉が飛び交ってますが、全て鵜呑みにするのだけは止めましょう。

私が働いていたようなベンチャー企業もあるということは忘れないようにしてください。

正直ベンチャーでスキルをつけなくてもいいです

経験した上で話すと、わざわざベンチャーに行かなくてもスキルはつきます。

数年前に比べて、ITの技術は爆発的に上がってきていますし、それに比例してプログラミングスクールも増えてきています。

スクールは決して安いものではないですが、就職すれば1ヶ月でスクール代は回収できますし、フリーランスでも1つサイトを作れば回収できます。

なので、ベンチャーに行ってスキルをつけるより、スクールで短期間でスキルをつけ、より自分がスキルアップできる企業に就職するのは一番の近道ですね。

※スクールに関しては、「プログラミングスクール経験者がおすすめする3校【完全無料あり】」でまとめていますので合わせて読んでください。

人気記事IT業界に強い転職サイト・エージェント3選【まずは一歩から】

人気記事フリーランス向けの求人サイトとサービス【全て無料】

この記事をシェアする