ikidishiki
ITのコト

MACで画像の名前を一括変換|ファイル名をリネームする方法

画像が溜まってきて1つ1つ画像の名前を買えなくてはいけない…というのはめんどくさいですよね。

Macだと簡単に一括変換できるので、紹介します。


MACで画像の名前を一括変換|ファイル名をリネームする方法

画像一括変換

Finderを開き、変更したいフォルダを開きます。

画像一括変換2

変更したいファイルを選択して右クリックします。

変更したいファイルを選択して右クリック

すると画像のような画面が出ます。ここでファイルを変更します。

ちなみに変更形式は以下の3つがありますので、それぞれ説明していきます。

テキストを置き換える
テキストを追加
フォーマット

テキストを置き換える

テキストを置き換える

「テキストを置き換える」では、変更前の名前と変更後の名前を入力すると一括で変更が可能です。

テキストを置き換える

左上のボタンをクリックすると3つ出てくると思うので、その中の「テキストを置き換える」を選択してください。

左側に変更前、右側に変更後

左側に変更前、右側に変更後を入力します。
今回は左側に「sample」、右側に「test」とします

「名前を変更」をクリックする

「名前を変更」をクリックすると、変更されたことがわかると思います。

テキストを追加

テキストを追加

「テキストを追加」では、今の名前にテキストを追加することが可能です。

「名前の前」と「名前の後」

ここでは、「名前の前」と「名前の後」 のどちらかにテキストを追加できます。

ファイル名の後

今回は、ファイル名の後に「-Test」というテキストを追加します。
赤線のところに「例:」が乗っているのでこれでよかったら「名前を変更」をクリック。

「-Test」

名前の最後に「-Test」をついていればOKです。

フォーマット

フォーマット

フォーマットは、選択したファイルの名前を一括で変換できます。

名前の前か後に変更可能

「テキストを追加」の時と同様、名前の前か後に変更可能です。

それとは別にここでは名前のフォーマットを選べます。

名前とインデックス
名前とカウンタ
名前と日付

個人的には、「名前とインデックス」が使いやすいですが、それぞれ解説していきます。

フォーマット1-名前とインデックス

フォーマット1-名前とインデックス

上記の黄色で囲ったところを変更します。

「開始番号」を何番から表示するかを確認

「開始番号」を何番から表示するかを確認します。今回は”1”にしておきます。

カスタムフォーマット

カスタムフォーマットに「test」・開始番号「1」としたので上から順にtest1.png、test2.png….と表示されていると思います。

フォーマット2-名前とカウンタ

フォーマット2-名前とカウンタ

「名前とカウンタ」では、先ほどと大きくは変わりませんが、変更後のテキストに数字がつきます。

フォーマット2-名前とカウンタ2

今回も「test」と「1」として表示してみます。

「名前とインデックス」とは違い、指定した数字の前に「0」が表示

「名前とインデックス」とは違い、指定した数字の前に「0」が表示されています。

フォーマット3-名前と日付

フォーマット3-名前と日付

「名前と日付」では、名前の後に変更した時間を表示します。

変更した名前の後に変更した日付と時間が表示

変更すると「test2019-07-11 11.45.09 午前 2」という風に、変更した名前の後に変更した日付と時間が表示されます。

MACで画像の名前を一括変換|ファイル名をリネームする方法

簡単にできるのでお試しください。

よく読まれている記事
RELATED