cocoro
まだ間に合う!損しない軽減税率前に買っておくべきもの
キャリア

上司が不機嫌で圧力がすごい時にやるべき3つのこと

度々上司が不機嫌になるし、圧力を受けるし、なんかもう嫌だな…なんか解決策ないかな?

こんな疑問に答えます。

正直言って上司って何を考えてるかわかりませんよね。

しかも不機嫌な時はとことん不機嫌で、その圧力がストレスだ!という方も少なくはないでしょう。

それがしまいには、パワハラなどに変わり、職場がどんどん悪くなっていきます。

ちなみに私も上司が日によって不機嫌な時があり、しまいには怒号が絶えないなんてこともありました。

そんな上司の不機嫌に疲れてしまっているあなたに向けて解決策を紹介していきますね。


上司が不機嫌で圧力がすごい時にやるべき3つのこと

上司が不機嫌で圧力がすごい時にやるべき3つのこと

結論言うと下記の3つをやってみてください。

  • 会社に相談する(人事部・違う上司)
  • 部署移動をする
  • 転職を考える

会社に相談する(人事部・別の上司)

不機嫌な上司に直接言うのは、火に油を注ぐようなものなので、絶対に人事部や違う上司に相談しましょう。

直属の上司でなくても、これは会社の問題なので、別の上司に言っても大丈夫です。

例えば、「相談なのですが、〇〇さんと仕事をするのは厳しいです。」とはっきり言って、その理由も添えましょう。

ちなみにこの方法は私が行なった方法です。別の上司は聞き入れてくれて、その人とは違う場所で働かせてくれました。

ですが、その上司は何かを察したようで、その日を境に「挨拶しても無視・目があったらにらみつけられる・口を開けば嫌味」が続きました。

なので会社に相談はいいのですが、その後の対応がずさんだった場合、待ち受けているのはパワハラの可能性があります。

部署移動をする

上記の時に合わせて部署を移動できないか相談してみましょう。

私のようにただ会社に伝えただけでは、改善されない可能性があります。

なので、その手段として今いる部署とは別の部署に行けないか相談するのも手です。

ただ1つ注意なのですが、部署を変えた後は中々辞めれず、最低3年は我慢しなきゃいけないかもしれません。

部署を変えたことによって、その上司とは離れたものの、結局は同じ会社なので絶対に会社で会わないなんてことはないです。

ならそれよりもいっそのこと転職も視野に入れておくの1つの手かなと思います。

転職を考える

これは結論ですね。

不機嫌な人は、自分が悪いなんて思ってないんです。

なので相談しても結局元に戻るので、そんなことを繰り返すなら転職した方がマシです。

せっかく入ったのに…と思う気持ちもわかりますが、今やるべき事は自分の身を守ることです。

ちなみに私は、上記のような状況でも続けてしまった結果、うつ病になり、そのまま退職しました。

あなたがそうならないためにも、遅かれ早かれまずは転職を頭に入れておきましょう。あなたに合う仕事はあります。それを探すのは至難の技なので、dodaのエージェントに条件を相談してみてください。

dodaに相談する

不機嫌な上司は自分が一番だと思っている

不機嫌な上司は自分が一番だと思っている

たまに気にするなと言う方もいますが、これはNGです。

上司に限らず、不機嫌な方は自分が悪いとは1ミリとも思ってないんです。

例えば気にしないようにする場合、火に油を注ぐようなものなので、さらに不機嫌になり、あなたに圧力をかけてくる可能性があります。

それがパワハラになり、ただただ疲弊していくだけです。

なんども言いますが、そういった人は本当に治らないので希望を抱くだけ無駄なんです。

上司の不機嫌は今に始まった事じゃない

おそらくずっとその性格でやってきているので、ある程度あなただけではなく、同じ職場の人は気づいているはずです。

なのにそれに対して対応がされてないということは、まずもって会社が改善しようとしていないからです。

会社は利益重視なので、その上司がお金を持ってこれる場合、会社としては重宝しますよね。

そればかりを意識しすぎて今に至っている場合があるので、おそらく改善の余地はないと思います。

上司が不機嫌で圧力に悩む時の回避方法

上司が不機嫌で圧力に悩む時の回避方法

冒頭で紹介した通り、下記の3つの中の転職です。

  • 会社に相談する(人事部・違う上司)
  • 部署移動をする
  • 転職を考える

極論かもしれませんが、うつ病まで経験した私からしたら、転職を一番おすすめします。

なんども言いますが、不機嫌な人は自分がそうなっていることをわかっていないです。そしてしまいには部下のせいにしたり、嫌味をいったりと続けるメリットがまったくありません。

良いことも悪いことも継続したらすべて自分に返ってくる

よく「3年は続けろ!」と言う方がいますが、前提として良い会社だった場合です。

上司が理不尽に不機嫌にならなかったり、圧力をまったくかけてこない会社なら私も転職はおすすめしません。

ですが、実際問題そうではないですよね?

良いことを継続すればスキルはつくし、自分自身の満足度も高いでしょう。ですが、このように悪い習慣が継続するのであればそれは頑張って働いてもマイナスにしかなりません。

なので今すぐあなたの適職を探すために転職サイトに登録しておくべきなんです。

ストレスで倒れたら元もこうもない

私がうつ病になったとお話ししましたが、ストレスや疲労は仕事だけではありません。

人間関係のストレスもあなたにとってかなりの疲労になるのです。

不機嫌だからといってご機嫌とりになったり、その不機嫌からとばっちりを受けたりしていては、もしいざ転職しようと思ったおきに登録することさえできなくなってしまいます。

色々なストレスや疲労が限界を達すると転職サイトですら登録して、探すなんてことをできなくなります。

求人をストックしておくだけでもOK

また経験談になってしまいますが、おそらくあなたも転職と考えると、「ちゃんと仕事が見つかるかな…」と不安になりますよね。

だからこそ私は、転職サイトに登録しつつ、新着求人・企業からのオファー・自分の条件にあった企業のオススメ求人を溜めておきました。

登録しているだけで、様々な求人情報が入ってくるので、仕事の合間や帰宅してからの小一時間で一通り目を通してました。

昔の求人サイトは、自分で条件絞って→探して→応募しての繰り返しでしたが、最近はこういった自分で探さなくても条件さえ絞っておけば勝手にオススメ求人を紹介してくれるのでかなり便利ですね。

なので、仕事や人間関係に疲弊する前に転職という手が打てるようになります。

転職サイトは大手を選ぼう

新着求人・企業からのオファー・自分の条件にあった企業のオススメ求人」をしてくれるのは、dodaです。

登録はもちろん無料で、徹底的にサポートしてくれて、上記のようにメールで届くので、隙間時間にチェックすることもできます。

なので、仕事が忙しくて、今すぐ転職ができなくても登録しておくべきです。

優良な求人情報が集まる転職サイトのおすすめはこちら

dodaに無料登録してメールを受け取る

この記事をシェアする