cocoro
ココフリ:フリーイラスト素材サイト始めました。
キャリア

IT業界に強い転職サイト・エージェント3選【まずは一歩から】

ITに転職したいな
ITに特化したサイトないの?
どれも同じじゃないの?

こんな疑問に答えていきます。

IT企業に転職したいけど、どこのサイトがいいかわからない方に紹介していきますね。

現在私は、WEBのフリーランスです。その前々職は建築関係で働いていましたが、IT系に異業種転職しました。
しかも半年で建築関係を辞めており、中々就職が困難でしたが、無事にITに転職し、今があります。

その時に役に立ったのがやはり転職エージェントですね。

今ではITに特化した転職サイトがあるので、当時気になった求人を見つけたらすかさず、転職サイトのエージェントに相談して探していました。

そんな経験から厳選3つに絞って、ここだけというところを紹介していきます。


IT業界に強い転職サイト・エージェント3選

IT業界に強い転職サイト・エージェント3選

結論から言うと以下の3つなら問題なしです。

※右にスクロールできます。

サービス名 実績 求人数 強み
doda 業界最大求人数:100,000件以上
80%~90%は他では公開されていない未公開求人
68,957件 ・企業へのエントリー
・選考結果のお知らせ
・面接日程の調整など内定まで
上記全てトータルサポート
ワークポート 10年以上、IT/インターネット業界専門特化の実績あり 15,000件 転職決定人数No.1
ネオキャリア 10代・20代のえらぶ
・就職転職満足度No.1
・面接対策満足度No.1
・就職転職相談しやすさNo.1
10,000社 内定後はもちろん、入社後もサポート

私が活用してたからというだけでなく、対応が特によかったところをピックアップしてます。

転職の時って何かと大変でたまに適切な判断ができずにまったく思ってもいなかった会社に入ってしまう人が多いんです。

だからこそエージェントがしっかり対応してくれるところで探すべきなので、まずはそれぞれの転職サイト・エージェントを紹介していきますね。

doda

doda

・業界最大級100,000件以上
・転職満足度No.1
・エントリー~内定までトータルサポート

ポイント

やっぱり有名なdodaは安定です。その求人数からして業界最大級なところが魅力です。
特にdodaはキャリアカウンセリングがしっかりしているので、今悩んでいること・希望条件などを直接話すことができるので、私は結構助かりました。
「企業へのエントリー→選考結果→面接日程調整」など内定までをトータルサポートしてくれます。

おすすめ理由

これらの3社を使いつつ、最終的にはdodaで転職を決意しました。
もちろん他のサイトもよかったのですが、単純に求人の多さ+自分が望むものがあったからでもありますね。

とはいえ、デメリットとして逆に多すぎてわからなかったり、結構メールがきたりするところがあったので迷う時間がありました。
ですが、たくさん見比べてエージェントに直接その企業について聞いたりしてたので、ある意味よかったかなと。

当時仕事しながら職探しをしていたので、こういったサポートは非常に役立つし、よかったらそのまま企業へ履歴書や面接調整もしてくれるので、まずは大手のdodaを登録しておきましょう。

doda

ワークポート

ワークポート

・60秒で登録完了
・IT業界での実績10年以上
・転職決定人数部門 第1位

ポイント

一番の強みはIT・インターネット業界を10年以上の実績があるところですね。私もこれに惹かれてお話を聞きました。
最近はIT業界が盛んになったので、そんな驚きがないかもしれませんが、10年以上IT企業に特化しているのはめちゃくちゃ強みです。
しかも2000社以上と取引実績があるので、専門性があるサポートが可能。

おすすめ理由

私は異業種への転職(建築→IT)を望んでたので、正直不安でしたがやっぱりITに特化しているだけあってITの求人にめちゃんこ強いと感じましたね。
とはいえ、一つだけデメリットとして、IT以外に少々弱いかな…と。だからというわけではないですが、それに比べIT求人は10年の実績と企業との繋がりがあるのでやっぱりよかったです。
ですが今回私は、お断りしました(やりたい方向が変わってしまったんです…すみません)。

とはいえ、その案件の多さとIT企業への強さ(ゲームなども◎)はやっぱりワークポートならではですよ。
ITに行きたいならまずワークポートに相談ですね。

ワークポート

ネオキャリア

ネオキャリア

・手厚い正社員就職サポート
・スピード感のある就職活動支援
・はじめての就職、転職もOK

ポイント

なんといっても「手厚い正社員就職サポート」ですね。
一人あたり平均8時間の面接対策や求人紹介、就職後のサポートまで充実しており、就職・転職初めてだけど大丈夫かな?という方でも問題なく行くんじゃないかと。
しっかり自分のやりたいことをまとめて、エージェントに相談するようにしましょう。

おすすめ理由

年収診断ができるんですよ。
正直転職するときの不安と言えば、「お金」も一つの要素になります。
なのでこういったもので、調べておくと今の実力での年収がわかり、さらに転職活動がしやすいです。
年収診断だけでもやってみたいなという方は下記からどうぞ。30秒で終わります。
年収診断

ネオキャリア

IT業界に転職する際の注意点

IT業界に転職する際の注意点

サイトを利用する際の注意点やIT業界で知っておくべき注意点を紹介します。

業務内容
福利厚生
未経験歓迎
よくある謳い文句

業務内容

特に注意して欲しいのが「SES」というものです。

SESとは
SESは、主に成果物に責任を持ちません。それと指揮命令はクライアント側ではなく、仕事を受注した方に指揮命令権があります。
ちなみに派遣とSESは違います。

ちなみに私もSESをしていたのですが、明らかに上のようなルールは破られており、現場からどんどん要求されることが多かったです。

そして何より「年収が低い」のが一番のネックでした。企業によるかもしれませんが、正直自社開発している企業に行った方が、絶対に給料がいいです。

SESをその企業の柱としてやっている会社はNGですよ。

福利厚生

言わずもがなという感じですが、最低限の福利厚生はあるけど、それ以外がまったくないのも悩みどころです。

例えば忌引きや育休など自分自身ではなく、自分の周りで何かが起きた時に対応してくれない会社はいまだにあります。

私の知人は、まず忌引きなんてしたら給料を減給する会社もありました。

福利厚生を面接で詳しく聞きにくい場合は、エージェントを通して詳細に聞きましょう

未経験歓迎

これは私が引っかかったものです…。

おそらく求人を探していたら、「未経験歓迎!・初心者優遇!」なんて謳っている企業があると思います。

結構これに誘われて入社してしまう方が多数です。私が入社した会社は「未経験でも教えますよ」と謳っていたので行きましたが、蓋を開けてみると「自分でやれ」・「周りは勉強してるのになんでお前はしないんだ?」という言葉が飛び交っていました。

未経験はそもそも基礎ができていないので、いきなり独学は結構時間がかかります。それを会社が理解していない場合はかなり苦労します。

中には本当にOJTがしっかりしていて、一から教えている企業があったので、そういった会社を選べなかった場合がかなり大変です。

なのでしっかりエージェントに会社情報聞きましょう。

よくある謳い文句

上の未経験もよくある謳い文句ですが、以下のように書いてある企業は注意が必要です。

未経験歓迎!
アットホームな会社です!
先輩社員が優しく教えます!

こういったことだけを書いている会社は、他にアピールできるのものがないという場合が多いです。

ブラック企業あるあるとよく言われてますね。

しっかりした企業は業績や具体的にどういったことをやっているのかを詳細に書いています。

特に大手はこういったことは書いてないですよね。それはちゃんとした実績を今まで積み上げてきて、ありきたりなことを言わない、小手先の利益を求めないからこそあんなに大きな会社になっています。

IT業界に転職するならエージェント付きサイトを活用しよう

IT業界に転職するならエージェント付きサイトを活用しよう

いまだに自分で調べた会社に転職する方が多いです。理由はおそらくわざわざ話をしたり、面談をするのがめんどくさいから〜ということなんだろうと思いますが、本当にそれでいいんですか?

転職する際の注意点を紹介しましたが、「注意点のようなことをしたら応募が来なくなるから」とわかっている企業もあるでしょう。

正直そういったのは、素人じゃ見ぬけませんよ。

だからこそプロに無料で調べてもらいつつ、いい会社があったら相談するというのが理想的かなと。

過去の失敗した私にも言いたいことは

自分一人じゃ見えない景色がある

です。これは実際に失敗したからこそ言えることで、だからと言って強要するわけではありません。

とはいえ、この時代にアナログちっくにがむしゃらに応募するのではなく、自分がやるのは企業を選ぶのと履歴書や面接だけと思って、やるのみです。

退職してからゆっくり決めればいいと思ってませんか?

まさしく過去の私です。

今の仕事を辞めて少しのんびりしつつ、ゆっくり決めよ〜とのんきにしてたら、いつの間にか1ヶ月・2ヶ月・3ヶ月と過ぎてしまいますよ。

断言します。それは経験上辞めた方がいいです。

お金がないと人って余裕がなくなるんです。そしてその余裕がない状態で急いで決めようとしてしまいます。すると誰かに相談する暇もなく、よくわからないところに転職して、また辞める。なんてのが本当にありますよ。

よく動きながら探せといいいますが、まさしくそれは自分のためです。

1. 行動する→自分で探す→転職エージェントに相談→後のことは任せる
2. 転職サイトに登録→エージェントに探してもらう→いい会社だったらその後のことは任せる

転職を成功させるには、この2パターンだけです。仕事をしつつ、エージェントに任せるよ〜くらいの余裕がないと苦しみますよ。

正直転職サイトと転職エージェントに一度登録しておけば、後は求人紹介がきたら応募するだけです。
どれも5分未満で登録が終わるので、ぜひこの機会に登録しておきましょう。

※右にスクロールできます。

サービス名 実績 求人数 強み
doda 業界最大求人数:100,000件以上
80%~90%は他では公開されていない未公開求人
68,957件 ・企業へのエントリー
・選考結果のお知らせ
・面接日程の調整など内定まで
上記全てトータルサポート
ワークポート 10年以上、IT/インターネット業界専門特化の実績あり 15,000件 転職決定人数No.1
ネオキャリア 10代・20代のえらぶ
・就職転職満足度No.1
・面接対策満足度No.1
・就職転職相談しやすさNo.1
10,000社 内定後はもちろん、入社後もサポート

人気記事フリーランス向け求人サイトのおすすめ3選と選び方【初心者OK】

この記事をシェアする