cocoro
ココフリ:フリーイラスト素材サイト始めました。
キャリア

手取り15万+一人暮らしは無理ゲー…【経験談】

大体新卒の頃って手取り15万だよね。正直きついから生活の質を下げて頑張るしかないか…

生活の質を落とすのは1つの手ではありますが、それでは長く続きません。

さらに一人暮らしとなると色々とお金もかかってきますよね?

仕事でもストレス、私生活でもゆとりがなくストレスという風にストレスばかり抱えていると大変です。

なので、今から紹介することを1つでも行なっていきましょう。


手取り15万+一人暮らしは無理ゲー

手取り15万+一人暮らしは無理ゲー

結論、手取り15万だと1人暮らしはかなりきついので、辞めるべきです。

1人暮らしでかかるお金【実体験】

ちなみに私は福岡で1人暮らしだったのですが、その時の内訳は以下です。

  • 家賃:50,000円
  • 固定費:70,000円
  • 食費・雑費:20,000円

住む場所によっては多少違うかもしれませんが、中でも高かったのは光熱費ですね。

実際はもっとお金はかかってましたが平均してこのくらいです。

これでは遊びもできなし、生活もカツカツで働く意味がわかないですよね。

勤続したら変わるわけではない

仕事を続けてれば給料が変わるのは、絶対ではないです。

昇給が皆無なところだってあるし、ボーナスだってないところもあります。

私が在職してた会社はボーナスなし、昇給なし、ほぼ永久15万でしたね。もちろん同僚は全員見切りつけて転職していきました。

未だにジョブホッパー(仕事を転々とする人)をいいように思う企業は少ないですが、今の給料では将来的にきついので転職をおすすめします。

ジョブホッパーこそ優秀だと思う【転職で輝く人】

苦痛を乗り越える必要はない

苦痛こそ取り除くべきで、乗り越える必要はありません。

ぞくに言う、ブラック企業を続ける人がいますよね。まさにそれが私ですが、約1年半続けた結果最終的にうつ病が発症して退職しました。

体を壊してからでは遅いので、早めに手をうつべきです。

手取り15万で一人暮らしするなら退職してから

手取り15万で一人暮らしするなら退職してから

正直15万では、生活は苦しいです。

節約すればいいじゃんという意見もあるかもしれませんが、低い給料を頑張って節約するのはNGです。

転職しない選択肢

活用しない人をちらほら見かけますが、失業保険は活用すべきです。

有名なのが職業訓練に行くつつ、失業給金ですね。

簡単に言うと、勉強しながらお金がもらえるのですが、それには色々ルールがあります。受付はハローワークになるので、気になる場合は一度相談するのもありです。

転職先は自分で探さない

退職したら次の仕事を探さなきゃいけないし、どうせ給料も変わらないでしょ?と思いますよね。

ですが、それはあなた1人で探しているからです。

今の時代、これだけ求人サイトに溢れてる求人の中から優良求人を探すのは困難です。

なので、今から紹介する方法を試してみてください。

手取り15万+一人暮らしするなら転職しよう

手取り15万+一人暮らしするなら転職しよう

15万がずっと続くわけではないかもしれませんが、将来を考えるとこれでは正直少ないです…

会社によっては同じ職種であっても20万を超える企業だってあるので、転職はキャリアアップだと思って前に進んでいきましょう。

転職エージェントを活用

転職エージェントは転職サイトに比べて80%ほど求人を抱えており、そのほとんどが未公開求人です。

つまり、転職エージェントを使うと優良求人に出会う確率が上がるということです。

しかも転職までのサポートもトータルでやってくるところが多いので、転職の不安が軽減するのもかなりのメリットです。

デメリットは特にないですが、自分のペースで仕事を探したい人には向いてないかもしれません。ですが、基本的に仕事情報はメールでくるのでサクッと登録しておくのも1つの手です。

下記の3つは実際に私が活用したものですが、どれも求人の質+対応がよかったのでおすすめです。

  • doda:求人数10万件以上。エージェントサービスが強い。最終的に私はここで転職しました。
  • ワークポート:L◯NEに転職した実績あり。ITに特化して10年以上の実績あり。気軽に相談したいならここ。
  • パソナキャリア:トータルサポートあり。キャリアアドバイザーとタッグでしっかり決めたい方。

doda

まず登録しておくべきなのは、dodaです。

大手の安心感だけでなく、実績があるので安心して任せられます。

登録も簡単で、公式サイトへ行き、名前とメールアドレスとパスワードを決めるだけで1分で終わります。

さらに最大の魅力なのが、10万件の求人情報を扱っているだけでなく、エージェントサポートが無料なところです。

実際のところ私は最終的にdodaで転職を決めましたが、それもエージェントさんに条件を伝えただけです。

しかもdodaは登録すると非公開求人が見れるようになるので仕事を探す際はdodaを活用するのをおすすめします。

サポート内容や求人質ともによかったのと、実際に私が使った感じ、対応がよかったというのが最終的な決め手となりました。

よく転職させたいからと無理やり面接を組む転職サイトも見受けられますが、dodaはそういうのは全くなく、必ず相談に乗ってくれるので、悩みなども一緒に伝えてみてください。

特に全国対応なので、地方でも問題なく使えます。

公式サイト:doda

ワークポート

IT業界に絶対に転職したい方は、ワークポートが一番です。

ワークポートの魅力は過去10年以上、インターネット系・IT系の求人にだけ特化してきた実績があります。

それによりパイプも太く、どの企業があなたにあっているか、doda同様エージェントさんから紹介してくれます。

ちなみに私の知人はワークポートで、大手のL◯NEに行けた実績があります。

基本的に連絡はLINEでOKなので、スムーズに連絡が取れるとこはかなり助かりました。

よく毎回電話して、色々話して〜というのがありますが、そういったことがめんどくさい方は、ワークポート一本で問題ないです。

2014年から総合型になったので、現在は幅広く対応してくれます。

さらに転職決定人数1位にもなった実績があるので、対応の良さと求人の質の良さは頷けるものがあります。

登録も60秒と簡単なので、一度相談してみてください。

公式サイト:ワークポート

パソナキャリア

パソナキャリアは、キャリアアドバイザーがかなりの魅力です。

とはいえ、私は最終的にdodaで転職先を決めたので、あまり使ってはないですが、実際にキャリアアドバイザーさんと話した感じ、無理やり仕事を進めてくることはありませんでした。

しかもカウンセリングまで対応してくれるので、転職への不安を親身になって聞いてくれるのは助かりました。

さらに登録後、キャリアカウンセリング、応募書類のアドバイス、面接対策、年収交渉、退職・入社のサポートまでを全て無料で対応してくれます。

自分1人だとまた妥協して会社を選んでしまいそうという方は、是非相談してトータルサポートを無料で受けてみてください。

公式サイト:パソナキャリア

求人は早めにストックしておく

エージェントを活用すると条件に合った求人を紹介してくれるので登録は早めがいいです。

一度でも求人サイトを見たことがあるならわかると思いますが、求人掲載には期限が決まってるので、早めに登録して求人情報をもらっておくことが大事になります。

これは私の体験談ですが、知人と同じエージェントを使ったのですが、私の方が少し遅く利用したため、大手の求人の紹介ができないという状況になってしまいました。

なので、今の手取りではやっていけないとわかったらすぐにでも相談をしておいてください。

相談も含め、トータルサポートも無料なので、一度条件+現状の給料も含め相談をしましょう。

  • doda:求人数10万件以上。エージェントサービスが強い。最終的に私はここで転職しました。
  • ワークポート:L◯NEに転職した実績あり。ITに特化して10年以上の実績あり。気軽に相談したいならここ。
  • パソナキャリア:トータルサポートあり。キャリアアドバイザーとタッグでしっかり決めたい方。

人気記事IT業界に強い転職サイト・エージェント3選【まずは一歩から】

人気記事フリーランス向けの求人サイトとサービス【全て無料】

この記事をシェアする