cocoro
まだ間に合う!損しない軽減税率前に買っておくべきもの
キャリア

明日仕事…動悸がする時にやるべきこと3つ【解決策】

明日が仕事って考えるだけで動悸がする…

こういったあなたの悩みを解決します。

  • 明日も上司から何か言われるかな…
  • 帰りも遅いから自分の時間取れないし…
  • もうこのまま寝ていたい…

こういった感じではないですか?

ちなみに私も新卒で入った会社で、明日が来るのが怖くて動悸が止まらない時期がありました。

かなり辛いですよね。

仕事を考えるだけで辛くて辛くて、考えるだけでも動悸がしてしまうそんなあなたに向けて解決策を説明していきます。

関連記事新卒5ヶ月で退職しても転職はできる【後悔無し】


明日仕事…動悸がする原因はストレス

明日仕事...動悸がする原因はストレス

ストレスはいきなりくるのものではなく、日に日に蓄積されることが多いので、気づいたらストレスが溜まっていたなんてことはよくあることです。

この記事を読んでいるあなたは「今の職場・仕事のストレス」が主な原因です。

明日の仕事を考えると動悸がしてしまうのは、仕事が原因になっている可能性があります。

今から詳しく説明していく原因の中に1つでも当てはまるものがないか確認してください。

上司と顔を合わせるのも嫌だ

上司からの圧やパワハラが辛くて、ストレスを抱えている場合もあります。

例えば、顔を合わせたら睨まれる・何かといちゃもんをつけられるという理由も原因の1つです。

その場合、関わらないというのが一番ですが、仕事していると顔を必然的に合わせなきゃいけないこともありますよね。

この場合は、あなたがというより上司の問題なので部署移動も1つの手です。

仕事の内容が原因

仕事があまりにも過酷で明日がくるのが怖いと思う方も多いですね。

仕事が辛いと精神的にストレスがかかる場合もあります。

例えば、朝が早く夜帰るのが遅い・自分の仕事以上のことをやらされるなど明らかにキャパオーバーが続くのNGです。

人は慣れてくるとその辛さが当たり前になり、知らない間にストレス→うつ病なんていうのは少なくありません。

朝起きるのが怖い・眠れない

上記のことも踏まえての話ですが、このまま眠ると朝になり仕事に行かなきゃいけないというのを考えると中々寝付けないことはありませんか?

ちなみに過去に私も動悸もするし、中々寝付けず、さらになぜか涙を流してしまうこともありました。

今思うと怖いと感じるのも、眠れないのも、動悸がしてしまうのも異常なことです。

体に黄色信号が出てる今なら次で紹介することをやることをおすすめします。

明日が仕事と考えるだけでも動悸がしてしまう時にやるべきこと3つ

辛さというのは自分しかわかりません。

それを解決するには、これから説明する3つをしてください。

  • 上司など会社に伝える
  • 部署移動や仕事内容を変えてもらう
  • 転職を考える

上司など会社に伝える

まずは、今の状況を伝えておきましょう。

普通の会社なら体に異変がおきてるので、休職や病院に行ってこいと行ってくれるはずです。

ですが、もしあなたの会社があまりにもブラックすぎたら、単純な体調不良だろ?と無理やり出勤させる会社ももちろんあります

さらに甘えだろと反発してくる方もいるので、会社に伝える時は慎重にならなくてはいけません。

部署移動や仕事内容を変えてもらう

今の仕事内容や部署が原因で仕事が辛く、動悸までしてしまうなら変えてもらうことも必要です。

例えば、現場に出る仕事ならデスクワークに変更してもらうなどがらっと仕事内容を変更するのもありです。

とはいえ、まだ入社して間もなかったり、仕事を覚えきれてない場合は、最低でも3年は働かなくてはいけない場合もあります。

転職を考える

動悸がするということは仕事が原因になっているので、今働いてる仕事から転職する選択肢は必要です。

転職までは考えてないんだけど…という方は、本心で思っていますか?

例えば、辞めると言ったら上司に何言われるかわからない・止められて結局何もなかったようになるかもしれないなど、転職=不安と思うこともあると思います。

とはいえ、不安になることは当たり前です。新しい会社・人間関係などネガティブに思ってしまうかもしれませんが、その一歩で動悸がなくなると考えたら全然いいです。

このままずっと辛くて動悸が止まらない毎日を過ごすか、あなたがストレスを感じないでのびのびと仕事をできる毎日を送るのとでは、どちらがいいですか?

おそらく満場一致で、後者ですよね。

だけどいい会社が見つかるかが不安なんだよ…というあなたがいい会社を見つけられる方法を次で紹介していきます。

転職で失敗しないための方法とおすすめサービス

転職で失敗しないための方法とおすすめサービス

転職をするとなったらほとんどの方は「とりあえず転職サイトに登録→探す→仕事始める」ですが、もちろんこれでもOKです。

とはいえ、失敗する確率もかなり上がります。なぜなら、すべて自分のさじ加減で決まってしまうからです。

仕事の隙間時間で探す、中々決まらず焦りからとりあえず履歴書を送りまくるのは目に見えています。

なので、やり方を紹介します。

転職サイト+転職エージェントに任せる

サービスによって違いますが、中には転職サイトと転職エージェントが一緒になっているサービスもあります。

なぜ転職サイトだけではなく、エジェーントも使う必要があるのかという理由は下記です。

転職サイトは基本全て自分で行うけど、そこにエージェントが加わることによってその会社がより詳細な情報がわかる。

上記のとおりです。

転職エージェントは、簡単にいうと一緒に探してくれるだけではなく、あなたが仕事などで転職先を探せない時に代わりに探してくれることをしてくれます。

さらに下記のようなメリットもあります。

  • 履歴書を用意
  • オススメ求人がメールで届く
  • 新着求人を紹介してくれる
  • 仕事を探してきてくれる
  • 条件を伝えられるので、その条件で仕事を探してくれる

上記のようなサポートが充実しています。

ですが、デメリットとして「仕事を自分で探したい方には向いてない」です。

ストックしておくだけでも大丈夫

メールとかくるのめんどくさいということもあると思います。

ですが、メールは基本返信不要でして、メールで送られてきた情報をストックしておくだけOKです。

動悸がするくらいストレスがある仕事をしているわけですので、おそらく精神的にもすぐには転職という選択肢がでないかもしれません。

なので、転職サイトに登録しておいて、求人情報をストックしておくだけでも、隙間時間にスマホで確認するだけであなたはいいんです。

転職サイトも転職エージェントもあるサービスはコレ

おそらく聞いたことはあるかもしれませんが、dodaというサービスです。

上記で説明したサービスがあるのはもちろん、条件を伝えるだけで探してきてくれるので、求人情報がストックされます。

それにより、あなたが転職をしようと決めた時には求人のストックからいい会社を探し、転職することが可能です。

もちろん無料で、あなたの条件にあった新規求人などおすすめな求人が送られてくるので、今すぐ登録だけでもしておき、タイミングがきたらサクッと会社を辞めましょう。

公式サイトで登録1分なので、この記事を読んで終わりでなく、次なる行動をしましょう。

公式サイト:https://doda.jp/

この記事をシェアする