ikidishiki
ライフスタイル

23歳におすすめしたい読むべき本と漫画【BEST23】

24歳になり、23歳の頃に読んだ本の中でよかったものだけを23冊ピックアップしていきます。

すべてかれめの独断と偏見です。

23歳というと仕事や周りの結婚など新しい環境のスタートが待っています。

今まで生きてきた中で一番濃ゆいスタートを本で始めてみませんか?


23歳におすすめしたい本【BEST23】

23歳におすすめしたい本【BEST23】

ジャンルはビジネス書・小説・知識本・漫画・その他の5つです。

気になる本はぜひ読んでみてください。

ビジネス書

若干ビジネス書?というものが入ってるかもしれませんが、すみません。

こんな本もあるんだーくらいの感覚で見てくれると幸いです。

革命のファンファーレ/西野亮廣

本当にファンファーレが鳴ってる

西野さんの著書の中で一番好きです。

本当にここから時代が始まっていくんではないかという気分を味あわせてくれる一冊です。

えんとつ待ちのプペルは通常絵本というのは、一人か最高二人くらいで作るものを、西野さんは「キャラクターを作るのが得意な人・背景が得意な人」などその分野のプロフェッショナルを集めて1つの作品を作りました。

クラウドファンディングはその前からあったかもしれませんが、西野さんが使ったことで一気に知名度が上がり、使う人も増えましたよね。

何もかも初めての情報だけどどこか将来に希望を持たせてくれる作品です。

こんな方におすすめ

ファンファーレを聞きたい
新しいことを始める勇気が欲しい
もっともっとモチベーションを上げたい

後悔しない生き方/堀江貴文

すみません、画像がありませんでした。。。

言わずと知れた堀江さんの著書です。

何も知らない23歳の時に読んで、ビビッときた思い出があります。

トライアンドエラーを繰り返せ」や「比べるべき対象はこれまでの自分だ」には23歳にして、奮い立たせてくれる言葉でした。

堀江さんならではの辛口もありますが、根拠があり、実際に行動している人の意見が心に沁みます。

こんな方におすすめ

今やってることが将来的に役に立つのかな
面白いことをしたいけど中々踏み出せない
日頃のモヤモヤを解決したい

死ぬこと以外かすり傷/箕輪厚介

箕輪さんの行動力に圧倒される一冊。

幻冬舎の編集者でありながらサロンなど様々なことに挑戦し続けている方です。

最近SNSなどでも「会社を辞めて自由な生活を」なんていう広告などを目にしますが、箕輪さんは逆です。会社に族してれば様々なことに挑戦できるという考え方です。

会社にいるとルールに縛られすぎて、活動の限界を会社が決めてしまうところもありますが、箕輪さんは自ら動き幻冬舎とNewsPicksがコラボした「NewsPicks Book」を立ち上げ編集長となりました。

とにかくスピード感とこなす量が尋常ではないです。

しびれたい方は手に取ってください。

こんな方におすすめ

今の会社に居たままじゃ何もできないと思ってる
新しいことにチャレンジできずにいる
行動ができず、毎日過ごしている

新世界/西野亮廣

アイデア力と行動力には毎回脱帽です。

お笑い芸人であり、絵本作家の西野さんは有名ですよね。

色々著書は出されてますが、個人的には西野さんの本の中では2位です。

新世界は芸能人としてのこともちらっと覗かせているので、次で紹介する本よりかは一般の私からしたら物足りませんでした。

とはいえ、心に響いたものはいくつかあります。特に「嘘をつかない」・「信用を稼ぐ」はリアルの世界でも重要なことでもあります。

西野さんの言葉を借りると「嘘をついて美味しくないものを美味しいと言えばその場は収まるがその代わり信用はなくなる」というのはこの本を読んでの結論です。

こんな方におすすめ

モチベーションを上げたい
次世代の稼ぎ方を知りたい
アイデアを得るヒントが欲しい

小説

元々はビジネス書とかよりも小説が好きだったので結構読んでました。

その中で厳選して6つ紹介します。

僕は君を殺せない/長谷川夕

描写が美しい

主要の登場人物が二人いて、それぞれが絡んでいく瞬間が綺麗です。

小説によってはどこか消化不良で終わってしまう作品もありますが、この作品は綺麗に着地するので本が苦手の方でもスッと入ってきます。

こんな方におすすめ

最後に消化不良になりたくない

崩れる/貫井徳郎

結婚にまつわる八つの風景

八つの短編があり、それぞれが全て結構にまつわる話です。

特にタイトルにもなっている「崩れる」は、どこの家庭でも起こりうる話なのでリアルさがあり読み応えがありますよ。

ゾワっとした話が好きな方はおすすめです。

こんな方におすすめ

長編を読むのがきつい方はおすすめ

すばらしい日々/よしもとばなな

何気ない日常が幸せだと思える

よしもとばななさんの作品はどこかほっこりして、明日も頑張ろうと思わせくれる作品が多いです。

誰でも時には子供、親、社会人など立ち場を変えたら一瞬で変われる。

当たり前のようだけど今を大事にしようと思える作品です。

こんな方におすすめ

最近つらいから本でほっこりしたい

木漏れ日に泳ぐ魚/恩田陸

二人の駆け引きが見どころ

少し終わりがもやっとしますが、主要の登場人物の二人の関係に物語を進むにつれてドキドキしてきます。

そんな繋がりがあったのか!と読みながら思った記憶があります。

二人の駆け引きが見どころです。

こんな方におすすめ

駆け引き系の話が好きな方

アイネクライネナハトムジーク/伊坂幸太郎

伊坂ワールド全開

伊坂ワールド全開でしたが、それでも他の作品に比べ、スッと内容が入ってきました。

登場人物が多いので一気見必須です。

話が進むにつれ、それぞれが繋がっていく感じがたまらない作品です。

こんな方におすすめ

伏線系が好きな方

キッチン/よしもとばなな

読むだけで幸せな気持ちが生まれる

2回目のよしもとばななさんですが、それほど何度読んでも飽きない作品です。

どこか寂しさを感じますが、その中によしもとばななさん特有の暖かさがあります。

こんな方におすすめ

小説を読んでほっこりしたい方

知識本

ジャンルはバラバラですが、気になったものがあったら読んでみてください。

けっきょく、よはく。/ingectar-e

やっぱり余白です。

デザインを勉強している方は手元に置いておきたい書籍です。

どこか窮屈だな、デザインがうまくいかないなんて時にちらっと見ると非常に役に立ちます。

余白があるだけで洗練されたデザインに仕上がる方法をbefore・afterで書いています。

こんな方におすすめ

どこかデザインがしっくりこない方

100倍クリックされる超Webライティング 実践テク60/東香名子

タイトルに迷ったら

このブログを始めた時、タイトルは基本的にキーワードを詰め詰めで違和感ありまくりな記事になっていましたが、この本に書いてあることを少し実践したら、検索流入が増えました。

ユーザーの検索意図とマッチングさせたインパクトのあるタイトルを使うと自然とアクセスが集まる不思議です。

なんか検索流入増えないなと思ったら読んでみてください。

こんな方におすすめ

タイトルが違和感しかない

心を動かす無敵の文章術/千田琢哉

重要なのは結論から

たまにダラダラと長いだけの文章を見ますが、今の時代と合ってないかもしれません。

いかにユーザーに短い文章で伝えるかが大事なのかを教えてくれる一冊です。

ブログだけではなく、話す時にも非常に参考になるので一度読んでみてください。

こんな方におすすめ

ダラダラと話してしまう

すべての知識を「20字」でまとめる/浅田すぐる

文章のまとめ方がわかる

長い文章をまとめるのが難しいと思った時に読みました。

タイトル通り、20字で纏めると人にスッと入ってくる。

インプットするために本を読んで、少し経ったら忘れてしまうのでは正直勿体無いです。

いざアウトプットしようとするとつまづいてしまうそんな方におすすめです。

こんな方におすすめ

短く纏めるのが苦手

漫画

ほとんどが有名かもしれませんが、読んだおいて損はない作品を紹介します。

ザ・ファブル

裏社会のプロ・ファブル

映画化もしている人気作品です。

これはまだ途中までしか読めてませんが、めちゃくちゃ面白かったです。特に主人公のファブルの性格といい、プロ感といい全てが引き込まれます。

こんな方におすすめ

評価が良い作品を読みたい方

午前3時の無法地帯

頑張ろうと思える

3シリーズあり、その中の一つです。

今でいうブラック企業で働く中、恋愛に仕事・プライベートに奮闘していく主人公の物語です。

絵が綺麗なだけではなく個性的なキャラクターが魅力な漫画です。

こんな方におすすめ

今の仕事に嫌気がさしている

おとなのほうかご

個性的なキャラクターとその日常

ギャグ漫画ですが、スピード感があって楽しく読めます。

少しボケたキャラクターばかりですが、それぞれが個性を持っていて話を追うごとに魅力に取りつかれること間違いなしです。

こんな方におすすめ

ほっこりしたい方

復讐の毒鼓

男の戦い、血生臭いのが好きな方へ

最初の出だしは少し重いですが、話の内容はめちゃくちゃかっこいいです。

いじめで亡くなった弟の兄である毒鼓が復讐をしていく物語なのですが、主人公の毒鼓がかっこよすぎてついつい夢中で読んでしまいます。

こんな方におすすめ

異世界ものではなくリアルよりの作品が見たい方

刃牙シリーズ

地上最強を目指す

「男と生まれたからには、誰でも一生の内一度は夢見る「地上最強の男」」刃牙を読んだことをある方は馴染みのある言葉です。

次々と地上最強を求めて、ヤクザや空手家、合気道・原始人・侍などと戦うことになります。

とにかく熱い漫画を読みたい方は全力でおすすめします。

こんな方におすすめ

地上最強になりたい方

ONE PIECE

ひとつなぎの大秘宝

今や誰もが知ってる漫画の一つですよね。

笑いあり感動ありそして探究心あり。仲間とは何かを教えてくれる大切な漫画です。

全巻で93話(2019/7現在)なので、初めて見る方は長いと思うかもしれませんが、見ていて損はない作品です。

こんな方におすすめ

まだ読んだことがない方

東京喰種

人が人を喰う

完結した作品です。

物語が丁寧&小説を読んでるみたいな錯覚になる漫画です。

最初はただ人が人を喰うだけと思っていましたが、その世界観に引き込まれた方も少なくはないでしょう。

こんな方におすすめ

一風変わった作品を読みたい方

その他

ほぉ…、ここがちきゅうのほいくえんか。/てぃ先生

子供の感性にほっこり

子供の感性豊かな言葉の数々に思わずクスっと笑ってしまいます。

何気に手に取った作品ですが、ほっこりできてとても良い本でした。

こんな方におすすめ

子供の感性にほっこりしたい方

Deco Room with Plantsシリーズ

植物の良さを伝えてくれる

眺めるだけでも素敵です。

花などは一切使わず、植物を多種多様に使用する川本諭の作品が満載です。

家に植物を置きたいなと思ったらぜひ手に取ってください。

こんな方におすすめ

植物好きでも好きじゃない方にもおすすめ

まとめ

23歳というと社会人になったばかりの方が多いと思います。

毎日が新しくてあたふたしてしまうかもしれませんが、そんな時は空いた時間で読書をしましょう。

知識をつけるだけではなく、感性も備わるのでおすすめですよ。

よく読まれている記事
RELATED