• 明日が来るのが怖い
  • 仕事行きたくなくて、朝泣いてしまった
  • 上司が怖くて毎日が辛い

もし、これを読んでるあなたが、上記のような状態だったら「すぐに休んでください」。

なぜなら、身体的にも精神的にも影響が出てるサインだからです。

うまく言えないけど、本当に辛い。会社なんてなくなればいいのに、そういった方向けに記事を書きました。

決して、『〜だけど、仕事は行くべき!』とか『休むなんて甘えです』なんていう話ではありません。

過去の僕も同じような体験をしておりまして、その時の自分に言いたいこと・やっておいてほしいことを書いています。

2〜3分で読める内容なので、最後まで読んでみてください。

『会社に行きたくないほど辛い』本当は仕事を休んでもいい理由

『会社に行きたくないほど辛い』本当は仕事を休んでもいい理由

まず最初に言わせてください…

あなたは十分頑張ってる

気休めとかじゃなくて、ほんとです。

毎日朝早く起きて、急いで準備して、好きでもない上司と一緒に働いて…普通に考えたら、すごいことなんです。

ただ、ですね。

『頑張りすぎてもよくない』これだけは絶対です。

なぜなら、頑張りすぎると『身体的にも精神的にも壊れるから』。

  • 最近ちゃんと眠れてますか?
  • 仕事の前の日、憂鬱になってませんか?
  • 嫌いな上司の顔が思い浮かべませんか?

よっぽど大事な会議や商談がない限り、休みたいなら休む。それでいいんです。

そして何より、自分が辛いと感じる仕事はしないこと。

これ、超大事です。

会社に行きたくないけど周りに迷惑かけるかも…

会社に行きたくないけど周りに迷惑かけるかも…

「会社に行きたくない、だけど行かなきゃ…」そう思ってしまうのは、『休んだら周りに迷惑かかるかも…』といった理由からではないですか?

とはいえ、会社を少し休んだくらいで、会社が回らないなんてことはないんです。

上司の圧が怖い、同じ部署の人たちに迷惑がかかるかも、、、そう少しでも思った方にお伝えしたいことがあります。

休めない会社は相当ブラックな可能性あり

『今日体調悪いので、休ませてください。』そういった時に、休めない会社は相当ブラックです。

もちろんですが、何が何でもあなたしかできない仕事がその日にあったとした場合もあると思います。

とはいえ、「体調が悪い」「休ませてください」と言ってるのにも関わらず、それを拒む会社はもうアウトです。

しかもそれが日常茶飯事で、休むことすら言えない会社なんてのはもってのほか。

ですが、責任感が強いあなたは『自分が休むことによって、誰かの迷惑になる』と考えているので、ついつい身支度して、辛いのをグッと我慢して仕事に行ってしまうと思います。

ただ、そんな方に1つ言いたいのは「一人欠けても、会社は回るようになってる」です。

上司や同僚に迷惑がかかるかも…なんて考えるかもしれませんが、案外仕事はできるようになっています。

嘘だ…、そんなはずは…と思うかもしれませんが、事実なんです。

一度休んでみたらわかります。次の日、なんだかんだ仕事が片付いてるということに。

なので、休んでもいいんです。辛い時は休む、それだけで、心も軽くなりますよ。

仕事を中心の毎日は嫌だ

すみません、これは僕が最近見た海外ドラマのセリフの一部です。

フランスは『人生』がメイン

この言葉を聞いて、僕は深い霧が晴れたような感覚でした。

毎日朝早く起きて、満員電車に乗って、週に最低でも45時間も働いて、、、いつの間にか毎日が『仕事』中心になってたんです。

もしかしたら、今のあなたもそうではないですか?

上司や同僚に迷惑かかるかも、、、なんてのはもうやめましょう。

自分の人生をメインに考えて、辛いんだから休ませてくれ!!と思いきるべきです。

ただですね。世の中そんなブラックな会社ばかりではなく、毎日定時で上がれて、しかも時差出勤やフレックス、リモートメインの仕事もたくさんあります。

もし辛いと感じるのなら、今を変えるチャンスだということもお伝えしたい1つのことでもあります。

会社に行きたくないを我慢して体が壊れる前に

会社に行きたくないを我慢して体が壊れる前に

もしあなたが、毎日毎日「会社に行きたくない」と考えているのなら、危険です。

というのも、それは自分を無理させてるのと一緒だからです。

僕の場合、会社に行きたくないと思いながらも、なんとか朝起きて、無理やり仕事に行っていました。

それが次第に体の調子が悪くなり、ぼーっとすることが増えたんです。なんかおかしいなと思い、病院に行ったところ、『うつ病』と診断されました。

もちろん、これは僕の場合ですが、それに近い症状は誰にでも起こりうるということをお伝えしたいです。

日本は石の上にも三年ということわざがあるように、『我慢することが美徳』というのは昔から根付いてしまっています。

それによって、あなたのように無理してしまう人はたくさんいるのは事実。

ですが、無理なんてしなくていいですし、なんなら体がおかしくなる前に休むことは超大事です。

ただ、それ以上に「自分を知ってあげる」ことで、毎日辛いなんて思わなくてもよくなりますよ。

会社に行きたくない、そう思った時がチャンスです

会社に行きたくない、そう思った時がチャンスです

声を大にして言います。

『無理だと思った瞬間が、人生の分岐点』

です。

頭の中でいつも、「会社に行きたくない」と考えているのなら、今を変えるチャンスです。

努力していて挫折しそうな時は、続けるべきです。ただ、今のあなたは無理をして辛くなっているんです。

そんな方は、下記の質問を少しだけ考えてみてください。

  • 自分がなりたい将来像はなんだったか
  • もし仕事が辛くない毎日だったらどうか
  • 上司のパワハラがない毎日はどうか

今すぐ考えてもざっくりとしか考えられないと思います。

なので、今日じっくり休んで考えてみてください。

人は頭を使いすぎると、パンクします。どこかで、少しリセットしながら、自分に何が向いてるのか、本当にこのままでいいのかといったように、考える時間を作ってあげてください。

誰しもできないことはある

この記事書いてる僕も、新卒で入った会社は5ヶ月で辞め、転職した会社ではうつ病になり退職…

そんな過去の経験から言えることは『できないことはしないで、いいところを伸ばす』です。

日本語には「適材適所」という言葉があるように、向いてる仕事ならどんどん成長できて、毎朝辛い思いして仕事に行かなくてよくなるんです。

そんなあなたにリクナビが出してる、グッドポイント診断がおすすめですね。

>>リクナビNEXTのグッドポイント診断

自分の強みを理解する。それだけでも、これからの毎日を変えられるので、受けてみてください。

今日は会社を休む。それだけでいい。

というわけで、今日は会社を休みましょう。

繰り返しですが、今日は会社を休みましょう。

苦しい、辛い、なんて考えさせる仕事はやる必要はないです。

もっとあなた毎日が楽しくそして有意義になるよう、僕は願います。

過去僕も辛かった経験があるからこそ、筆を手にとってこの記事を書いています。

やりたくないことはやらない、自分に向いてるもの(長所)だけを伸ばしていく。

そんな人生もありなので、無理せず暮らしていきましょう。

また、一言も話さずに会社を辞められる退職代行サービスというのも、最近主流になってきています。上司が怖い、会社になんていうのか迷うという方は使ってみてもいいと思います。ちなみに相談は無料なのもあるので、今の思いの丈を相談してみてください。