ikidishiki
ライフスタイル

プラダを着た悪魔から学ぶ【仕事と人生観】

2018年12月10日


今回はタイトルにある通り
映画「プラダを着た悪魔」です。

この映画から学ぶことがたくさんあり
これをまとめたいと思います。


プラダを着た悪魔とは

プラダを着た悪魔 (吹替版)

名門ブラウン大学(映画版ではノースウェスタン大学)を卒業し、ジャーナリストを目指すために田舎からニューヨークへとやってきたアンドレア・サックスは、幸運にも何百万の女性の憧れとする仕事・ファッション雑誌『ランウェイ』の編集部へと就職した。しかもその編集長でファッション業界に対し絶大な影響力を誇る、ミランダ・プリーストリーのアシスタント職である。だが、ミランダは自分の身の回りの世話をアシスタントに押し付けるなどの横暴を発揮する最悪の上司であり、今までに何人もがこの仕事を辞めていたのであった。ファッションには何の興味もなかった彼女であるが、本来の目的である文芸誌での仕事への足がかりとして、彼女の悪魔のような要求に耐えていく。

引用:Wikipedia

まず、ジャーナリストになりたかったアンディが
誰もが憧れる仕事ファッション雑誌の編集部へ就職したところからはじまります。

そこから仕事に恋に友情が…

仕事がうまくいかない

アンディがミランダからの仕事を
できなかったことがありました。
仕事内容が無理難題だったのですが…

ミランダに悩み、全然理解してくれないと
泣きついてきたアンディに対して
ナイジェルが放った一言。

君は努力してない。愚痴を並べているだけだ。

プラダを着た悪魔

仕事をしているといい日も辛い日も
あると思います。

たくさん悩んで悩んでつい誰かに愚痴を
言ってしまうこともあるでしょう。

でもそこでアンディはくじけず
興味がなかったファッションに
手を出し、変わっていきます。

仕事になれてきたと同時にプライベートの危機

ファッションへも気を使い
ミランダからの仕事を卒となくこなすように
なって仕事が順調になってきた時です。

ある日付き合っている彼との関係が
うまくいってませんでした。

アンディが現状が辛いと嘆いていた時に
ナイジェルがかけた言葉が心に刺さります。

仕事が上達するとみんなそうなる。
全私生活が崩壊するよ。昇進の時期だ。

プラダを着た悪魔

仕事が忙しくて私生活がうまくいかない
それが彼・彼女、友人の誰とでもですが
きっとそれは第三者から見て仕事が
うまくいっている時かもしれません。

さいごに

この作品の主人公アンディ(アン・ハサウェイ)も
仕事に恋に友人関係とすべてが
うまくいかない時があります。

仕事やプライベートがうまくいかない
中にはどちらかは充実しているけど
片方がうまくいかない…

そんな悩みを解決してくれる作品では
ないかと思ってます。

私の好きな作品であり
名言が多いこの作品ですが
主人公の上司「ミランダ」の
インパクトがすごい!
そういったところもおもしろい作品です!

現代は女性も働く時代と言われているので
何か参考になる作品なのではないでしょうか?



よく読まれている記事
RELATED