ikidishiki
ライフスタイル

レジリエンスの鍛え方:ストレスに弱い人へ【高める方法】

2019年5月15日

ネガティブになりすぎてしまう
ストレスに弱い
リスクが怖い

レジリエンスを鍛える人は上記のような方におすすめです。

ストレスに弱く、外交的な攻撃に弱いそんな人はレジリエンスを鍛えましょう。

そもそもレジリエンスとは何か、そしてその鍛え方などを説明していきます。


レジリエンスの鍛え方:ストレスに弱い人へ【高める方法】

レジリエンスの鍛え方:ストレスに弱い人へ【高める方法】

現在社会では、働き方改革が主流になってきて、長時間労働やパワハラなどは昔より徐々になくなってきています。

その中でもまだブラック企業は存在しているのが現状です。

そんなストレス社会を生きていくための手段の1つとして「レジリエンス」というものがあります。

レジリエンスって?

そもそもレジリエンスという言葉は物理学用語でもありました。
ストレスは「外力からの歪み」、レジリエンスは「外力からの歪みを跳ね返す力」という意味があります。

「脆弱性(vulnerability)」の反対の概念であり、自発的治癒力の意味である。「精神的回復力」「抵抗力」「復元力」「耐久力」などとも訳される

引用:Wikipedia

レジリエンスの効果は?

一部ですが、こんな効果があります。

パフォーマンスを高める
ストレスがかかってもそれをバネにできる
リスクなどを特定し、解決できる

明らかにストレスが溜まりやすい方やそれによりパフォーマンスが悪くなる方などは特に鍛えることをおすすめします。

レジリエンスをなんで鍛えるの?

レジリエンスをなんで鍛えるの?

先ほども書きましたが、最近ではパワハラ、セクハラ、モラハラや残業をなくす動きなど社会では様々なことが変わっていこうとしています。

新しい動きに適応する人が全員だったらいいのですが、もちろんそうもいきません。それに反発する人もいるでしょうし、そもそも何も無かったことにする方もいると思います。

そういった逆境のストレスから耐えられなくなって、心身を壊してしまうなんてことはあってはなりません。

そんな時にレジリエンスを鍛えておけば、パフォーマンスの向上にもなります。

悩みをすぐ抱えてしまう人はこれから紹介する鍛え方を実践してみてください。

レジリエンスの鍛え方

レジリエンスの鍛え方

ストレスがかかった状態で何かをしようとするとうまくいかなかったりします。
それが大きな仕事だったら大変なことです。

ストレスを感じないようにするのではなく、ストレスに対して跳ね返す力を備えていきましょう。

1.目標を設定し、適度な運動をする

運動はどんなことにもいい効果があります。
仕事に行って帰って晩酌して寝る毎日の一コマに運動を取り入れてみてはいかがでしょうか。

10分でも30分でもいいのでウォーキングをしつつ、ついでに音楽ではなく、音声で読書をしてみたりしてください。

そして目標を設定することで達成感も生まれるので、よりいい効果を期待できます。

2.自分の長所や強みを見つける

落ち込むとついつい自分を否定しがちになります。

そんなことはまったく必要のないことですが、そのマイナスが逆にあなたの強みを見つけてくれます。

自分の短所があるのなら長所もあるはずです。

自分の長所や強みがわかっているだけでも、圧倒的にパフォーマンスが上がります

3.考える時間をなくす

ネガティブになるようなことは考えないのが一番です。

ですが、考えないようにして、がむしゃらに仕事に打ち込むなんてことはNGです。

そうではなくて、1のように運動をしてみたり、本を読んでみたり、ストレスという概念から一瞬でも離れると気持ちも変わります。

無駄な悩みに時間を使うのではなくて、自分を高めることに時間を使いましょう

レジリエンスを鍛えて成長アップ

レジリエンスを高めるだけでこんなにも自分自身が成長できます。

そして成長というのはある日突然変化するのではありません。
日々のコツコツ積み上げてきたことが、発揮される時はじめて成長できます。

成功者が常に行動するように、今回レジリエンスを鍛えたあなたもどんどん新たなことに挑戦し、成長をしてください。

よく読まれている記事
RELATED