副業

初心者Webライターが副業でまず月1万稼ぐ全手順【未経験OK】

Webライター初心者だけど副業で月1万以上稼ぐにはどうしたらいいのかな?やっぱり未経験じゃ難しいのかな?副業で稼ぐ方法を知りたいな

こんな疑問を解決します。

この記事に書いてあること
  • 初心者Webライターが副業でまず月1万稼ぐ全手順
  • Webライターで稼ぐための効率の良いたった1つの方法
  • 初心者Webライターの疑問を解決します

この記事を書いている僕は、初心者ながら初月1万を達成した経験があります。

右も左もわからない僕があっさり月に1万稼いだ全手順をすべてお教えしますので、ぜひ参考にしつつ、行動してみてください。

ちなみにこの方法を継続していけば、月10万円は優に超える方法がわかりますので、挑戦してみてください。

※ちなみにWebライターはスマホでも稼ぐことができるので、パソコンを持ってない方でも大丈夫です。

初心者Webライターが副業でまず月1万稼ぐ全手順【未経験可】

初心者Webライターが副業でまず月1万稼ぐ全手順【未経験可】

早速Webライターで稼ぐ全手順を解説していきます。

  • クラウドソーシングに登録
  • Webライターのアルバイトをする

1.クラウドソーシングに登録

Webライターとして稼ぐならクラウドソーシングへの登録は必須です。

上記の2つのクラウドソーシングサービスは必ず登録しておきましょう。

それぞれで案件の内容も違うので、基本的に2つとも登録して、単価の高い案件を選ぶことが収入に繋がります。

2.Webライターのアルバイトをする

Webライターのアルバイトはリモートワークが多く、在宅で仕事ができるのが特徴。

仕事の探し方は下記の2つです。

  • step1.Google検索窓に「Webライター リモートワーク」と打つ
  • step2.Webメディアを運営している企業に応募

少し具体例を交えつつ、解説していきますね。

Step1.Google検索窓に「Webライター リモートワーク」と打つ

Google検索窓に「Webライター リモートワーク」と打つ

Googleの検索窓に「Webライター リモートワーク」と打ち込みます。

Webライターのリモートワーク求人

すると上の方に、いくつかの企業がライター募集していますよね。

その中から自分が書けそうなジャンルを運営している企業を探し、応募するだけです。

週2日からのものもあるので、本業の隙間時間にできる副業を選びましょう。

Step2. Webメディアを運営している企業に応募

Webメディアの大手というと、「MERY」や「ファミ通」など色々な企業があります。

そこの募集欄から応募するというのが、もう1つの手です。

例えば、女性に人気のMERYの求人を見てみると

ライター募集求人画面

MERYのように大手メディアは特に人材をたくさん集めているので、常にチェックしておきましょう。

後は応募して、リモートワーク希望ですと伝えたらOKです。

初心者Webライターが副業で稼ぐための効率の良いたった1つの方法

初心者Webライターが副業で稼ぐための効率の良いたった1つの方法

結論、個人ブログを開設しましょう。

基本的にWebライターとして稼ぐのと同じなので、まずは実績をつける面でもブログを始めた方が得策です。

自分のブログを開設して運営する

ブログの開設方法は「WordPressでのブログの始め方を解説【超初心者でもできる】」で解説しています。

ブログはWebライターとは別の副収入が得られますし、何より長期的な面を見ても『Webライター<個人ブログ』の方がスキルも収入も違います。

なので、まずは個人ブログで稼ぎつつ、スキルをつけ、企業にプッシュしましょう。

個人ブログとWebライターで2つの収入をゲット

上でも言いましたが、ブログも副業の1つで、さらにいえば稼げます。

初心者でもWebライターとして始めても案件は取れると思いますが、正直単価が高い案件は難しい可能性があります。

実際に僕もWebライターをやっていた時にその洗礼を受けました。

  • 個人ブログの月間PV数1000:全然案件が見つからない→挫折
  • 個人ブログの月間PV数1.5万:次々案件が決まる→初月で1万達成

ちなみにブログのPV数(月にブログが見られた数)が1000→1.5万の間に、ブログだけの売上は100,000円以上です。

つまり、もしWebライターとして最初に稼げなくても、ブログで副収入があるので安心ですよね。

そして後は、ブログで稼ぎつつ、Webライターで稼げたら2つの収入がゲットできます。

後は強みを見つけ、ジャンルで絞る

ブログをやっていると必然と自分が書きやすいジャンルが見つかります。

書きやすいジャンルが見つかると、案件を次々こなせるので、収益も上がります。

全く興味のないジャンルほど書いていて苦痛なものはないですからね…

なので、自分が書きやすいジャンルを探す意味でもブログを始めましょう

次では、実際に僕がWebライティングで月1万稼ぐまでに疑問だったことをQ&A形式で答えていきます。

初心者Webライターの疑問を解決します

この記事を読んでいる方は、まだWebライターで稼ぐ前の方が大半だと思います。

なので、稼ぐ前の僕が疑問に思っていたことを質問形式で解説していきます。

ぜひ、参考にしてください。

Q.Webライターになるための始め方は?

まず、大手クラウドソーシングサービスに登録しましょう。

クラウドソーシングは下記の2つでOKです。

案件を見比べつつ、いい案件があったらすぐに提案しましょう。

Q.実績ないけど大丈夫かな?

トライすれば、可能です。

過去の僕もそうですが、何よりまずはクラウドソーシングで気になった案件を片っ端から提案しましょう

数打てば当たるではないですが、初心者でも可能なライティング案件もたくさんあるので、まずは提案し、数をこなしていくことをおすすめします。

実績をつけ、土台をしっかり作った状態でライターをやりたい方は、個人のブログを作り、運営から始めてください。

開設は1時間で終わるので、すぐに作りましょう。

Q.何を気をつけるべき?

気をつけるポイントは下記の3つです。

  • 一円以下の案件は受けない
  • 納期は必ず守ること
  • 量より質

1.一円以下の案件は受けない

Webライターとして稼ぐには、1つだけ気をつけてほしいことがあります。

それは、「文字単価一円以上」の案件以外はやらないことです。

例えば、ランサーズの案件を例に解説すると

あまりよくないのが、1文字0.3円や0.1円の案件です。

もちろん実績をつけるためと割り切ってやる方は止めませんが、効率よく稼ぎたい方は絶対に一円以上の案件を選びましょう。

副業は時間との勝負です。いかに効率よく稼ぐかが、将来稼げる金額の差が出ます。


2.納期は必ず守ること

当たり前ですが、納期は守った方がいいです。

もしどうしても納期が前後しそうならあらかじめ依頼者に伝えておきましょう。

クラウドソーシングなら納期を明記している案件ばかりなのでしっかり確認しておきましょう。


3.量より質

たくさん書けばもちろん収入は増えますが、まずは質を高めてください。

文字数も一緒です。

例えば、1文字一円だからと必要のない情報ばかり書いて、文字数を稼ぐのはNGです。

質を意識して書けば、文字単価も必然的に上がるので、焦りは禁物です。

初心者Webライターを本気でやれば月10万以上は可能

初心者Webライターを本気でやれば月10万以上は可能

今回紹介した方法を試せば、月1万から始まり、後々には10万は可能です。

特にライターは経験や実績が上がるにつれ、文字単価が1円から5円10円になったりするので、他の副業より稼ぎやすいです。

なので、まずは実績作りとして、個人ブログを運営しつつ、Webライターで案件を受注していきましょう。

Webライターとして稼げるようになれば、好きな時間、好きな場所で仕事ができるようになるので、すぐに行動しつつ、自由な生活を手にしましょう。

よく読まれている記事
RELATED