ikidishiki
ブログ運営

Amazonアソシエイトに受からない時にすることと登録の流れ

2018年12月25日

こんにちは、かれめです。

先日、サイトリニューアルをしました。

サイトリニューアルと言っても
実はデザイン以外の裏の部分は
すべて変えているので新しいサイトを
作ったもんなんです。

前のサイトはなかなか合格せず
悩みに悩んでいましたが

なんとなくこうしたらいいんじゃないか?という
自分の中でわかったので
皆さんにお伝えします。
※絶対ではありませんので参考程度でお願いします。

Amazonアソシエイト

この記事を読んでる方なら
なんとなくわかってて来ていると思うので
簡単に説明しますね。

Amazonアフリエイトとは下記のような
Amazon商品を紹介して、購入したら報酬をもらうということです。

Amazonアソシエイトとは」と検索すると
それについて詳しく説明されているサイトを
見ていただけたらと思います。

下記のようなものです↓
学びを結果に変えるアウトプット大全 (Sanctuary books)

Amazonアソシエイト手順

登録の手順について説明がいらない方は
Amazonアソシエイトの内容を256文字程度以内で収める」から
読んでください。

まず、Amazonアソシエイトのサイトを開いてください。

わからない方は↓のリンクから飛んでください。
Amazonアソシエイトのサイトリンク

amazonアソシエイトトップ

Amazonのアカウントを作成してあったら
このような画面がでると思うので
項目に沿って選択していきましょう。
amazonアソシエイト手順1

次のページではあなたのサイトのURLを
記入していきます。

[https://cocoro-re.com]のURLの部分にあなたのサイトのURLを
記入してください。

[追加]ボタンを押したら
省略されたURLが表示されたかと思います。
そしたら次へ。
amazonアソシエイト手順3

Amazonアソシエイトの内容を256文字程度以内で収める

私はここが一番迷いました…
なんて書いた方がいいのか
他のサイトでは256文字ギリギリまで書くのがコツ!
と書いてありましたがそもそも文章力がない私からしたら
たまったもんじゃなかったので自分なりに色々考えました。

amazonアソシエイト手順4

当ブログで主に書いていること
→例:旅行関連の記事を書いている場合
旅行で訪れたスポットやグルメを発信しています。
Amazonアソシエイトの活用方法
→例:実際に行ってみて必要だったレジャー用品をAmazonアソシエイトを
活用して紹介していきます。

上記のようなことを私は受かった時書きました。

・何をしているサイトなのか?
・Amazonアソシエイトをどうするのか?

Amazonアソシエイトで注意する点

上記を行ったら後はアカウントの確認と講座の確認
するわけですが、問題なのはそこではありません。

以前審査に落ちた時にこんな内容が送られてきました。

1.Webサイトが未完成または作成したばかりであるため審査が行えない場合

2. お申し込みのURLに入力誤りがあるのでサイトを確認できない、または他者(社)が運営するWebサイトやURLでのお申し込みの場合

3. Webサイトに閲覧規制がなされており、内容を拝見できない、または閲覧規制をかけているコンテンツを含むWebサイトでお申込みのため審査が行えない場合

4. お申し込みフォームにご登録の住所、氏名、電話番号が正しくない場合

5. Webサイトのドメイン名の中に、「amazon」「javari」「kindle」やその変形、またはスペルミスを含んでいる場合
*SNSでこれらを含むユーザー名を名乗ることもお断りしております

6. 知的財産権を侵害している場合

7. 露骨な性描写がある場合

8. 未成年の方のお申し込み

私の原因は
・サイトを作成したばかりだった
・3の閲覧規制がされていた(サイトをSSL化していなかった)

だと思い、以上の事を直しました。

それと審査しているアドレス
以前アマゾンの商品を購入したことがあることも
審査の基準になるみたいなこともあるらしいので
注意が必要です。

さいごに

全部で三回くらい落ちた私ですが
逆に落ちてみてわかったことがあります。

とくに注意する点だけを重点的にすれば
通過したのでもし躓いている方いたら
ぜひ参考にしてみてください!

よく読まれている記事
RELATED