HTML

【HTML】imgタグ:altの使い方

imgタグってどう使えばいいの?altって?

この記事では、サイト制作でもよく使われるimgタグについて解説しています。

imgタグがなんなのかわからない方はぜひ参考にしてください。

【HTML】imgタグの使い方

imgタグとは
  • img:イメージタグ(imageの略)
  • インライン要素

imgタグはdivやpなどと違って終了タグが必要ありません。

HTML


終了タグとは</〇〇>の部分
<div>ちゃんと終了タグで閉じる→</div>
<p>ちゃんと終了タグで閉じる→</p>

imgタグは</img>と書かなくていい
<img src="images/sample.jpg" alt="ここに画像の説明">

altについて

altで期待できる効果
  • 画像が表示されない場合にaltが表示される
  • SEOの効果も期待できる
  • 音声で読み上げるときはaltが読まれる
altの書き方
HTML


<img src="images/sample.jpg" alt="ここに画像の説明">

altは、imgタグの中に入れます。

例えば、当ブログのロゴの場合

IKIDISHIKI

HTML


<img src="images/ikidishiki.png" alt="IKIDISHIKI">

ブログ名の『IKIDISHIKI』をaltに入れています。画像の説明を書いておきましょう。

imagesフォルダって必要?

Webサイトを作るときのデータ保管場所として、下記のようにフォルダを用意しますよね。

フォルダの階層

この『images』フォルダは、画像を格納するために使います。逆にフォルダを使わないと整理できないので、作っておいた方が無難です。

Webサイトを作るときは画像を数十枚使うこともあります。そんな時に画像をまとめる役目があるので、作っておきましょう。

ちなみにフォルダ名は『images』でも『image』・『img』でもなんでもOK。ですが、すべて小文字英語にすることを注意してください。

よく読まれている記事
RELATED