人生の悩み

将来の不安が「お金」なら今すぐ働き方を変えるべき【固定観念を払拭】

お金のことを考えると将来不安。今の給料のままで暮らしていく想像ができない。現状を変えるにはどうしたらいいのかな…?

こんな悩みを解決する記事です。

この記事の流れ
  • 将来が不安でお金が理由なら今すぐ固定観念を捨てるべき
  • 将来が不安ならお金を増やす行動を【節約NG】
  • お金主体の人生は苦労する話

先日下記のツイートをしました。

この記事を書いている僕は、現在田舎に住んでいますが、それまでは都会に住み、お金がない生活に絶望していました。

ですが、試行錯誤していくうちに今では田舎でのんびり暮らせています。

今「将来のお金の不安」で悩んでいる方は、この記事で書いていることを実践すれば、今の不安から解消できますよ。ぜひ、最後まで読みつつ、現状を変えてください。

将来が不安でお金が理由なら今すぐ固定観念を捨てるべき

将来が不安でお金が理由なら今すぐ固定観念を捨てるべき

将来への不安がお金なら、今すぐ固定観念を捨てましょう。

将来への不安ランキング4位『貯金がない』

SBI生命保険が1000人に行なった『将来について不安に感じること』アンケートによると、下記の結果がでました。

  • 病気(生活習慣病・がんなど)になる(73.1%)
  • 災害にあう(59.5%)
  • 事故にあう(59.3%)
  • 貯金がない(45.7%)
  • もらえる年金の額(43.0%)

出典:SBI生命保険(2019年)

上位5つ中2つもお金関係ですね。病気や災害などはもちろんのこと、お金に悩む人は多いのがわかります。

とはいえ、この結果は今も昔も変わっていないですよね。

老後2000万問題があり、さらに将来が不安になった人も多いと思います。

ですが、それをあーだこーだ言っても無駄なので、まずは世間に植え付けられた固定観念を払拭しましょう。

お金がないなら四六時中働けばいい

辛辣で申し訳ないですが、お金がないなら二択の選択肢があると僕は思います。

  • 四六時中労働をして稼ぐ
  • 本業の隙間時間を活用して稼ぐ

とはいえ、人は楽な道を進みたがるので、何もしないという選択を選びますよね。

そしてまた時間が経ったら、将来への不安が芽生え、また忘れ、そしてまた…というある意味負の連鎖。

生活を楽にしたいなら、世間がいう普通を自分で変えないと、一生その生活から抜け出せません。

将来の不安はお金ではなく『働き方』

将来の不安で目を向けるべきなのはお金ではなく、『今の働き方』です。

毎日朝早く起きて仕事に行き、1日10時間以上拘束され、手取り20万以下。

決して否定するわけでは無いですが、そんな生活していても人生楽しいかと聞かれたら簡単にYesとはいえないですよね。

つまり現状を打破するには、働き方を変え、自分のために生きる選択肢を持つべきなんです。

次からは、お金を増やす行動というテーマでお話ししていきます。今の収入を変えたい方はこのまま読み進めてください。

将来が不安ならお金を増やす行動を【節約NG】

将来が不安ならお金を増やす行動を【節約NG】

働き方を変え、お金を増やす行動をしていけば、現状を変えることできます。

決して怪しい方法ではなく、健全な方法ですので、一旦ここで思考を整理しましょう。

無いお金を切り詰めるのはNG

あれもダメこれもダメだと人生消耗します。なので、人生の生き方をライスワークからライフワークに変えればOKです。

例えば…
  • 節約は食事などのために切り詰めて生活するのでライスワーク
  • 働き方を自由にして、旅行をしたり、遊びながら人生を楽しむのはライフワーク

つまり、節約は貧しくなるので、今日からはお金を増やす行動をするべきということ。

僕も社会人時代、1ヶ月1万円生活を何ヶ月もやっていました。貯金や節約は意外と消耗していて、楽しいと思えないですよね。

お金はいくらあっても損はないので、底上げしていきましょう。

今持っているお金がすべてのお金ではないという理解

今持っているお金がすべてのお金ではないという理解

例えば、上記の通り、手取り15万だったらそこからプラスα増やせばいいということです。

過去の僕もそうでしたが、今月の給料(15万)でやりくりせねば…といった方は多いと思います。

その思考を間違っているとは言いませんが、それだとおそらく定年までずっと同じ生活です。

会社員として働いていると、いつの間にか帰属意識が強くなり、会社内でどうにか給料を上げようという思考になってしまいがち

そうではなく、これからの時代はプラスで稼いでいく思考が重要になります。

プラスの収入は副業一択でOK

収入を増やす方法は副業でOKです。

というのも本業が辛すぎるなら即辞めるのもありですが、今の生活もあるので難しいですよね。

だからこそ、プラス小一時間で副業しつつ、稼いでいくことが重要になります。

例えば…
  • 朝出勤前に1時間ほど副業
  • 昼休憩の1時間で副業
  • 帰宅後のんびり副業

上記のように自分のペースで副業をすれば、苦痛ではないですよね。

お金に余裕ができると、好きなものも買えるし、毎年旅行にだって行けます。

さらに副業で月に5万稼げば、年間で60万のボーナスがもらえるのと一緒。

なので、副業と本業を掛け合わせつつ、不安な将来を払拭しましょう。

将来のお金の不安を無くす副業を厳選して3つ紹介

将来のお金の不安を無くす副業を厳選して3つ紹介

ここからはおすすめの副業を紹介していきます。

基本は「気になったらすぐ行動」ですので、ぜひ挑戦してみてください。

資産になる副業をするならブログ

ブログ収入の仕組み

社会人をやっていると自分の時間が中々とりづらいですよね。そんな方におすすめなのはブログ。

隙間時間にPCまたはスマホで記事を書きつつ、稼ぐことが可能。

僕がもっとも稼いでいるのがブログですが、ブログは長期的に見て資産になる副業です。

というのも、基本的に書いた記事はネットに残り続けるので、ネットがなくならない限り、読者がブログを読んでくれるから。

長期的に生活を楽にするにはブログ一択でOKです。

ちなみに僕は本業とは別にブログで月に3万稼いでいますが、3万×12ヶ月=36万。作業時間は大体1時間〜3時間ほどで、このくらい稼げるのでありがたい副業です。


ブログの流れ

  • ブログを開設する
  • 記事を書く

2ステップで完結します。基本はまずブログを開設することでして、その方法は下記でまとめています。

一見難しそうですが、手順を追うだけで1時間で開設できるようにまとめました。寝る前の1時間にサクッとブログを始めましょう。

将来性を考えるならプログラミング

将来性を考えるならプログラミング

今やっていることを将来役に立たせたいという方はプログラミングでOK

基本的にプログラミングは、最悪副業で失敗しても、IT業界に転職という選択肢ができます

IT業界は年収が高いですからね。どっちに転んでも、いい方向に進むことは間違いないです。

僕は初心者ながら副業で月に10万稼げました。そんな経験から言うと、かなりおすすめの副業です。


プログラミングの流れ

  • プログラミングを学習していく
  • クラウドソーシングで案件を取り稼ぐ

まずは、プログラミングを学習しましょう。3ヶ月がっつりやればマスターできますので、なるべく短期集中で学習することをおすすめします。

人生100年くらいあるので、3ヶ月くらいは将来に向けて勉強し、学習後はのんびり家でパソコン1つで稼ぐ人生にシフトチェンジしましょう。

ちなみに3ヶ月後には月に20~30万はゆうに稼げるスキルが身につくので、基本はスクールに通いつつ、プログラミングスキルを身につけてください。

詳しい方法は「プログラミング未経験でも副業で『月10万稼げる効率のいい学習法』」でまとめています。合わせてどうぞ。

知識に自信があるならYoutube

一番注目されているYoutubeですが、知識に自信がある方は始めてみるのもありです。

というのも、今Youtubeでは教育系やビジネス系など、手練れがゴロゴロいます。

つまりその中に埋もれないくらいの、知識や経験があればいいのですが、そうで無い場合はあまりおすすめしません。

とはいえ、一度やってみるのもありかと思います。

最後に:お金主体の人生は苦労する話

最後に:お金主体の人生は苦労する話

「お金がない、仕事しなきゃ」という人生は現状を変えないと、一生そのままです。

『働く=お金のため』という考えの人が多く、大半の方はここで消耗しています。

働くのはもちろんお金を稼ぐことに繋がりますが、その先には本来であれば、自分が豊かになる生活を送るためですよね。

世間の目を第一に考えていたら、稼ぐどころか逆に貧しくなります。副業も一緒ですが、いまだに副業=怪しいという考えを持っている方は多いです。

ですが、実際に副業を頑張って、生活が楽になった人もいるわけで、、、

『現状維持で一生毎日追われる生活』か『今頑張って将来楽に生きる生活』か選ぶのは自由ですが、この記事を最後まで読んでくれたあなたは、絶対に後者を選ぶべきです。

自分に嘘はつかず、自分が楽しいと思える生活になるように今すぐ副業を始めつつ、ゆとりある生活を目指してください。

その方法は、文中で紹介しましたが、再度まとめておきますね。まずは行動しつつ、動いてみてください。

現状の生活を変えたい方向け

よく読まれている記事
RELATED