ikidishiki
WordPress

WordPressの使い方を初心者向けに解説・テーマから設定方法まで

2019年4月1日

今回はテーマのインストールから細かい設定方法まで解説していきます。

WordPressの使い方を初心者向けに解説

慣れてきたら設定も簡単なのですが、最初はわからないこともたくさんあると思います。

WordPressは基本的に難しいコードを書いたりしなくても、基本操作だけで色々設定できます。

画像を使って説明していきますので何度でも見返して覚えましょう。

WordPressの使い方【テーマを導入】

選んだテーマを導入していきましょう。
今回は、「SiteOrigin Unwind」というテーマで進めていきます。

まずはWordPressを開いてください。

下記のURLへログインする
http://〇〇〇〇.△△/wp-admin
(SSL化している場合はhttps://〇〇〇〇.△△/wp-admin)

すると下記の画面が出てくると思いますのでインストールした際のユーザー名またはメールアドレス・パスワードを入力してください。

wordpressのログイン

ログインしたら画像と同じ画面がでると思いますので、左の外観からテーマを開いてください。

wordpressの設定

下の方にいくと「新しいテーマを追加」がありますので選択します。

wordpressの設定2

右上の「テーマを検索…」にインストールしたいテーマ名を入力してください。

wordpressの設定3

表示されたテーマをインストールします。

wordpressの設定4

するとインストールの文字が有効化に変わりますので選択するとデザインが変わります。

wordpressのテーマ設定

確認してみましょう。

wordpressのテーマ設定2

見た目は殺風景ですがこれから設定していくので大丈夫です。

WordPressの使い方【設定方法】

今回の設定ではカテゴリーとナビゲーション・サイドバーの設定をしてきましょう。

こちらの設定は後からでも使うことがありますので覚えておきましょう。

カテゴリー

投稿→カテゴリー」を開きます。

wordpressのカテゴリー設定

任意のカテゴリーを入力してきます。

カテゴリーって?
簡単に言うとジャンルです。
生活について記事を書くなら「暮らし」
食だったら「グルメ」などがよく見られます。
wordpressのカテゴリー設定

<例>
名前
→グルメ
スラッグ
→gourmet
スラッグには英語で記入しましょう。
名前と関連のあるスラッグだとユーザーにもわかりやすいです。

[新規カテゴリーを追加]をすると右側に追加されたことがわかります。
せっかくなので未分類も変えてしまいしょう。

wordpressのカテゴリー設定2

未分類をクリックすると下記の画像がでます。

wordpressのカテゴリー設定3

先ほどと同様、任意のカテゴリー名を入力してください。
<例>
名前
→スポット
スラッグ
→spot

以上で設定は終わりです。

ナビゲーション

wordpressの設定

テーマの時と同様こちらのページから「外観→メニュー」を開きます。

wordpressのメニュー設定

先ほど作ったカテゴリーを追加していきます。
下記の画像の通り、「カテゴリー→すべて表示→任意のカテゴリー→メニューに追加」をすると右側に新しくカテゴリーが追加されます。

wordpressのメニュー設定3

右上の[メニューを作成]を押すと、左上に「位置の管理」が表示されますのでクリックしてください。

wordpressのメニュー設定

ここではPrimary Menuのみなので変更します。
先ほど作ったMenu1を選択して、[変更を保存]をクリック。

するとナビゲーションが追加されますので、確認してみましょう。

サイドバー

外観→ウィジェット」を開きます。

下記の画面が開きますのでここでサイドバーの設定を行なっていきます。
サイドバーに載せたいものを左から右にドラッグ&ドロップします。

wordpressのサイドバー設定

wordpressのサイドバー設定2

検索
→検索はユーザーにとって必要なので設置しましょう。
アーカイブ
→あってもなくてもいいですが設置しておきましょう。
カテゴリー
→先ほど追加したカテゴリーが表示されます。
最近の投稿
→最近投稿された記事が表示されます。
→表示する投稿数は”5″くらいにしましょう。
メタ情報
→こちらは削除しましょう。

WordPressの使い方のまとめ

うまく設定はできましたか?

今回設定したものは以下です。

・テーマ
・カテゴリー
・ナビゲーション
・サイドバー

馴染みのない名前があると思いますが触っていくとだんだん覚えていきますので、何度も見直して自分のカスタマイズをしていってください。

人気記事フリーランス向けの求人サイトとサービス【全て無料】

よく読まれている記事
RELATED