IT業界・SES

IT業界に強い転職エージェントおすすめ3選【未経験必須】

2019年8月3日

IT業界に強い転職サイト・エージェントってどこなんだろう?実際に使った経験者の意見を聞きたい。

こんな悩みを解決します。

この記事では、下記の流れで説明していきます。

  • IT業界に強い転職エージェントを3社紹介
  • 仕事をしながら転職活動をする時のコツ
  • 成功の秘訣は「行動しつつ、夢を実現する」

ちなみにこの記事を書いている僕は、エージェントを数社使って、まったくの未経験で異業種からIT業界へ転職を成功することができました。なので、より信頼性があり、実際にエージェントを数社使った経験からお話しすることができます。

転職を成功させることは前提として、あなたが希望する職種に就けるエージェントを紹介していきます。

IT業界の転職エージェントおすすめ3選【未経験必須】

IT業界に強い転職エージェントを3社紹介

結論言うと、IT業界の求人が多い大手や特化した転職サイト・エージェントを使いましょう。

転職サイト・エージェントは複数登録しておきましょう。というのも求人はマッチするかどうかが重要なのです。色々な求人を比較しつつ、優良求人を探し出しましょう。

エージェントを活用すると?

上記のエージェントを使うと転職活動が楽になります。

というのも、エージェントは求人紹介~企業に斡旋してくれたり、書類対策などしてくれます。イメージとしては下記です

過去の僕と同じように、仕事をしながら探す人もいると思います。そういった方はエージェントに登録しつつ、送られてくる求人に対してアクションすればOKです。

求人の多さは比較できるいい材料

転職を成功させるためには複数登録しましょう。というのも求人のばらつきがあるからです。

当たり前ですが、企業が求人を出すタイミングは「〇〇の人材が欲しいから募集しよう」という時です。そして企業もどの媒体で求人を募集するか決めるわけで、例えばマイナビで求人は出すけど、今回はdodaでは募集しないということも起こりうります。

そうなると1つの転職サイト・エージェントだけしか使っていなかった場合、優良求人を取りこぼしてしまうことがあります

実際にこれは僕も体験した事実なのですが、「転職サイトA社では求人募集しているのに、B社ではその情報はなかった。」ということがありました。

1つに絞ると転職先への選択肢が狭まってしまうので、複数(最低3社)は登録しつつ、優良求人の取りこぼしがないようにしましょう!

IT業界に転職する時のおすすめのコツ【未来を想像しよう】

IT業界に転職する時のコツ【未来を想像しよう】

IT業界に転職するためのコツやよくある質問に答えていきます

  • 将来性を考える
  • 副業で活かせるか
  • Q:未経験でも転職できますか?

将来性がある「職種」を選ぶ

今から転職活動をするのに将来性?と思うかもしれませんが、これはかなり重要で、IT業界でも廃れていく職種はあります。

例えばヘルプデスクなどの事務系はどんどんAIが仕事をしているので、将来性がないですね。

逆にエンジニアやWebマーケターなどの知識や技術が必要な職種は、まだまだ将来性があります。

なので、ここら辺を狙いつつ、将来が明るい職種へ進むことをおすすめします。

副業で活かせるか

転職先が副業で活かせるかを注目してみましょう。なぜなら、会社に属する=一生安泰というわけではないからです。

しかも最近ニュースになりましたが、「老後は2000万が必要」というのが話題になりましたよね。

仕事をしていると自然と年収は上がってくるかもしれませんが、それだけでは賄えないので、国が副業を解禁し、企業も副業OKなところが増えてきています。

エンジニアの方が副業でアプリを作ってフリーランスになったり、Webマーケターの方が知識をフル活用して、ブログなどで稼ぐ人もいます。

仕事と副業の掛け算

なので、転職活動をする際は、事務系などのヘルプデスクではなく、しっかり将来的に知識や技術がつくか?というのを注目してみるのをおすすめします。

Q:未経験でも転職できますか?

A:「YES」です。

というのも転職エージェントに登録して、求人を見てもらえたらわかるのですが、あなたが思っている以上に受け入れてくれる企業もあります。

実際に僕もまったくの未経験からIT業界に転職した身でもあります。

これはその時活用したエージェントに聞いた話ですが、「もちろん企業は経験者を求めているけど、会社にマッチしていれば未経験も雇う」とのこと。

つまり

経歴がどうであれ、最終的に人は「感情」で動く

企業とはいえ、一人の人間です。就職すれば一緒に働く仲間ですから、そこでフィーリングが合うかどうかというのは重要なので、未経験でも全然狙って転職活動すればチャンスがあります。

とはいえ注意ポイントがあります

それは、「素直に話すこと」です。

履歴書が通ったということは、企業も未経験だと理解して面接をするわけです。

ここで良いことを言おうと、背伸びしたことを言ってしまうとかなりの確率で落ちます。

上でも話しましたが、企業はフィーリング=自分たちと一緒に働けるか?というところに注目しています。

なので、決して背伸びせずありのままで面接をしましょう。

もしそれで結果がそぐわなかったとしても、それは単純に企業と合わなかっただけなので、入社してから辛い思いをしなくてよかったと考えましょう。

素直に話すことは、入社してから自分が苦しまないためでもあります。

IT業界へ転職する成功の秘訣は「行動しつつ、夢を実現する」

成功の秘訣は「行動しつつ、夢を実現する」

成功する秘訣は、「即行動に移す」です。

転職サイト・エージェントをいつ使おうかな?と思ったら企業に勤めている間に活用すること。

というのも、よく「一旦会社を辞めてから仕事を探そう…」という方がいますが、これではただ収入が0円になるだけです。現に僕がこれを体験したのですが、収入や貯金がなくなる恐怖って尋常じゃないですからね…

実際に心の余裕がなくなって、間違った転職してしまったから言えることですが、「収入があるうちに転職活動をする」ことは生活の安定に繋がります。

少し休みたい…という方は、今転職エージェントに登録しつつ、転職先が決まったら退職し、入社時期をずらしてゆっくり1ヶ月くらい休みましょう。

なのでしつこいようですが、「行動しつつ、いい転職先を見つける」を心がけてください。

一度転職サイト・エージェントに登録すれば、後はメールで送られてくる求人を見つつ、応募するだけです。登録も各サイト5分もかからないので、ぜひこの機会に行動しましょう。

人気記事IT業界に強い転職サイト・エージェント3選【まずは一歩から】

よく読まれている記事
RELATED