IT業界の未来ってあるのかな?IT業界に行こうと思っているけど不安。実際に業界経験のある人のリアルの声を聞きたい。

こんな疑問を解決します。

この記事の流れ
  • IT業界は未来がない。安定を求めるのはNG【現実】
  • IT業界に未来はない←転職先次第で未来はある【未来像とリンク】
  • 伸びている業界は伸び切る前に手を出しておく

記事の信憑性のために、この記事を書いている僕は、IT業界歴3年ほどで現在はコードと文章を書いて生活しています。

元々は全くの異業種で働いていましたが、IT業界に転職し、現在に至ります。

なのでこの記事では、そんな経験からIT業界の未来について、すべてお話ししていきます。

IT業界は未来がない。安定を求めるのはNG【現実】

IT業界は未来がない。希望を持つのはNG【現実】

IT業界は技術職だし、将来的に安定しそうという考えはNGです。

IT業界=安定という幻想

これはITに限らず、会社で働く=安定と考えるのは危ないかもしれません。

というのも、最近のニュースで今までの普通が不安定になりましたよね。

  • 終身雇用の崩壊
  • 老後の2000万
  • 新卒に年収1000万

じゃあ公務員がいいの?という意見があるかもしれませんが、これもNG。

これは私の知人の話ですが、公務員として役所で働いていたけども、合併などの影響で仕事を辞めざるを得なかったことがありました。

つまり世間的に安定と言われていた公務員でさえ、定年を迎えるよりも前に無職になってしまうということです。

会社に安定を求めると、他に何も残らなくなってしまうと働き口がなくなるのは、厳しいですが現実です。

ITの技術力は将来性があります

手に職をつける意味でも、ITの技術は習得しておくべきです。

世の中を見るとたくさんのプログラマーがいると思いますが、あなたの周りを見たら何人いるでしょうか?おそらく多くて1人〜3人くらいだと思います。

つまり手に職をつけるという観点で言えば、ITの技術は将来性があり、もし会社の業績が傾いて生活が不安定になっても、個人で稼げる力が備わるので、問題ないですね。

なので、まずはIT業界で実績やスキルを磨きつつ、副業、フリーランスなどの動きも将来的に考えるのもありです。

フリーランスで高単価の仕事も視野に入れるべき

IT業界の経験があるなら、フリーランスを視野に入れるべきです。

なぜなら、普通に会社員として働くよりも、もらえるお金が段違いに違うからですね。

例えば、僕の場合、「IT業界正社員:18万円」だったのが、「IT業界フリーランス:40万」までに上がりました。

最近はフリーランス求人サイトの市場価値も上がってきていまして、そこに相談した結果、この単価まで上げることができたんです。

有名どころだと【midworks】レバテックフリーランスあたりですね。僕もものは試しと、とりあえず相談だけしてました。

ここらへんに関しては、下記のフリーランス向け求人サイトのおすすめ2選でも書いてるので、気になる方は合わせて読んでみてください。

IT業界に未来はない←転職先次第で未来はある【未来像とリンク】

IT業界に未来はない←転職先次第で未来はある【未来像とリンク】

企業に安定を求めるのはNGですが、業界には未来があります。さらに技術はそうそう廃れないので、挑戦する価値があります。

未来像とリンクする仕事をしよう

企業以外に安定を求めるには、自分が想像する未来像とリンクした職種に就くことをおすすめします。例を挙げると以下になります。

未来像→職種
  • パソコン1つで仕事がしたい → WEB系エンジニア職・WEBデザイナー職
  • アプリを作ってみたい → アプリ系エンジニア職
  • ブログや物を売って稼ぎたい → Webマーケティング職

上記のように自分がなっていたい未来になる仕事をしてみることをおすすめします。

とはいえ、まだ将来どうなりたいかわからない…という方は次で紹介する方法で行動をしてみましょう。

将来性を考える前に好きなことに特化する

一度プログラミングをかじったことがある方はわかるかもしれませんが、プログラミング言語にめちゃくちゃな大きな差はありません。

もちろん書き方や考え方の多少差異はありますが、何かをかじればなんとなくでも思考が定まります。

つまり、将来性ばかりを意識しすぎて、未来がないならやめておこうかな…と諦めてしまうなら、まずは気になるものから手を出すことが大事ということです。

過去の僕は、初心者ながらプログラミング言語をかじり、難しすぎて挫折。そこから方向転換し、マークアップ言語をやってみるとどハマりし、今では業界歴3年ほどになっていました。

これは色々やってみたからこそ、自分の好きなものを理解しただけです。なので、あなたもまずは行動して、自分に合うのかどうか確認も兼ねてチャレンジしてみましょう。

「行動しつつ、動く」は鉄則です

IT業界はこれからまだまだ伸びていくので、まずは行動しつつ動くことをおすすめします。

伸びている業界に行くと、結果が出やすく、それによりさらにモチベも上がります。

「一見は百聞に如かず」という言葉があるように、まずは求人にどんなものがあるかだけでも見ておきましょう。

転職サイト・転職エージェントのおすすめ
  • doda:求人数が多い・大手なのでまずは登録しておきましょう。
  • マイナビエージェントIT:マイナビのITだけに特化した求人多数・IT業界だけの求人が欲しい方は必須
  • レバテックキャリア:IT業界の求人のみ・業界経験が少しでもある方向け

ちなみに上記の求人はIT業界の転職エージェントおすすめ3選【未経験必須】の記事でも紹介しているので合わせてどうぞ。

求人は時期ごとに変わるので、取りこぼしがないよう、まずは登録しつつ、求人を見てみましょう。

伸びている業界は伸び切る前に手を出しておく

伸びている業界は伸び切る前に手を出しておく

トレンドのものなどは、伸び切ったタイミングで参入すると競合が多すぎてうまく結果が出にくいですよね。

それと同じで、伸びている時点での転職は周りに経験者も少ないので企業も未経験を取ってくれやすくなります。

つまり参入の壁が低いうちに転職して、技術力を高めた方がいいということです。

ポジショントークで申し訳ないのですが、IT業界はこれから伸びていくと思います。これはこの業界にいる肌感ですが、実際に僕の周りもIT技術をつけて、独立する人もいます。

なので、まずは将来性ばかりを意識しすぎず、行動することから始めてみてください。あなたの将来の自由度が変わります。
転職サイト・転職エージェントのおすすめ
  • doda:求人数が多い・大手なのでまずは登録しておきましょう。
  • マイナビエージェントIT:マイナビのITだけに特化した求人多数・IT業界だけの求人が欲しい方は必須
  • レバテックキャリア:IT業界の求人のみ・業界経験が少しでもある方向け