ikidishiki
仕事の悩み

『新卒で辞めたいと言えない…』そんな時の解決策【辞めるのは自由】

2019年9月16日

仕事辞めたいけど、言えない…新卒が辞めるのは、あまりよくないのかな?今後に響くか心配…

こんな悩みを解決します。

法律的に私たちは退職をすることはできます。

ですが、その退職をするには「辞める」と会社に伝えなくてはいけません。

そんな辞めたいけど言えない方向けに解決策を紹介していきます。


『新卒で辞めたいと言えない…』そんな時の解決策【辞めるのは自由】

『新卒で辞めたいと言えない...』そんな時の解決策【辞めるのは自由】

辞めるとなると会社が止めてくる可能性だってあるし、怒られるかもという不安もあるかもしれません。

そんな辞めたいけど言えないという方は下記の3つをやってみてください。

  • 上司に相談
  • 退職届を出す
  • 先に転職先を見つけておく
  • 退職代行に頼む

詳細に紹介しますね。

1. 上司に相談

直属の上司が難しい場合は、他の上司に相談です。

その時に決して回りくどい言い方はせず、辞めたい理由を伝えてみてください。

ですが、他の上司に相談しても、辞める意思を伝えたら直属の上司の耳に入る可能性があります。

それにより、なんで俺に言わないんだと言ってくる上司もいるので、注意が必要です。

上司が不機嫌で圧力がすごい時にやるべき3つのこと

2. 退職届を出す

相談しても聞きそうにない会社なら退職届だけ出しましょう。

本来会社を辞めるなら2週間前でOKですが、おそらく1ヶ月前と言ってくると思います。

引き継ぎがあるのならちゃんと引き継ぎをし、後から電話がかかってこないように大事なことは伝えておきましょう。

ですが、退職届だけだしてすんなり行くとは限りません。結局話し合いがあり、そこで止めてきたり、説得してきたりすることもあるので気をつけてください。

3. 先に転職先を見つけておく

先に転職先を決めておくのも1つの手です。

「次の仕事が見つかったので、退職します」という意思を伝えておけば、スムーズに行くこともあります。

もしかしたらなんで決まる前に言ってくれなかったんだと言われるかもしれません。ですが、決まったものはしょうがないのでそれまでです。

新卒が短期離職しても転職はできる【体験談】

4. 退職代行に頼む

一番辞めやすいのは退職代行です。

お金はかかりますが、自分で言わなくていいですし、基本丸投げで退職をしてくれます。

さらに相談したその日の即日で退職も可能なので、自分で言えないという方はおすすめです。

転職サポートを使えば、退職代行代(3万〜5万)が無料になるところもあるので、下記の記事を参考にしてください。

退職代行ニコイチの口コミ・評判まとめ【業界最安値の理由は?】

新卒で辞めたいと言えない場合の対処法3つ

新卒で辞めたいと言えない場合の対処法3つ

「辞めたいという気持ちはあるけど言えない」という状況別に対処法を3つ紹介していきますね。

辞めると伝えたら怒られそう

新卒で入った会社、まだまだ仕事を初めて日が浅い中での退職。

なんでか?と問い詰められるかもしれません。

とはいえ、『なんで辞めるのか』というのは一度考えてみましょう。

会社から聞かれた時にすぐ答えるためだけでなく、もし退職を説得されそうになった時にぶれないためでもあります。

人間関係の再構築

会社の人間がどう言った人間関係なのかわかってきた頃かもしれません。

徐々に慣れてきたのにも関わらず、今の段階でまた新しい会社で一から人間関係を構築していかないといけないプレッシャーもありますよね。

ですが、それは新しい職場のことをあまり理解していないからです。よく転職する時に求人サイトを見て「会社概要」や「福利厚生」などを見て判断している方を見かけますが、これは辞めた方がいいです。

求人サイトだけでも情報は入ってきますが、本当の現場の状況を知りたい方は『転職エージェント』に聞いた方がいいです。

その方法とおすすめのエージェントは後述します。

辞めるまで気まずいのが悩む

転職をするのはいいとして、退職意思を伝えて辞めるまでの2週間〜1ヶ月の間周りと気まずいのが辛いこともあります。

数年働いている人とは違い、新卒でまだ人間関係も浅い中で辞めるというのは、もしかしたらいいように思わない方もいるかもしれません。

とはいえ、経験上気にしなくていいというのが、結論です。

私は辞めるまでの1ヶ月の間、会社の中で1人だけ私を無視したり、睨んできたりする人がいましたが、辞めたら一生会うこともないのでこれでさようならです。

新卒で辞めたいと言えないなら試してみて

新卒で辞めたいと言えないなら試してみて

冒頭でも紹介しましたが、その中でおすすめなのは以下の2つです。

  • 次の職を決めておく:転職エージェントに相談する
  • 退職代行を使う:実績があって退職率100%を使う

次の職を決めておく

ただ転職先を決めておくというよりも色々相談できるエージェントを使いましょう。

言えないのに1人で悩んでいてもおそらくずっと言えません。なので、相談相手という面でも求人サイトを眺めて終わりというよりエージェントを使って現状とその後の相談をしてみましょう。

私が過去に使って『対応の良さ+求人の質』がよかったのは下記の3社です。

  • doda:求人数10万件以上。エージェントサービスが強い。最終的に私はここで転職しました。
  • ワークポート:L◯NEを紹介してくれた実績あり。ITに特化して10年以上の実績あり。ただし直接相談する必要あり。
  • パソナキャリア:トータルサポートあり。キャリアアドバイザーとタッグでしっかり決めたい方。

上記でも書いてますが、おすすめはdodaです。

求人数の多さももちろんですが、エージェントを利用する人だけ紹介してくれる未公開求人が豊富なのがおすすめです。

とはいえ、今のあなたは「辞めたいと言えない」状況ですよね?自分じゃ解決できない問題を解決したいならパソナキャリアが一番です。

その理由は、「登録後、キャリアカウンセリング、応募書類のアドバイス、面接対策、年収交渉、退職・入社のサポート」までを全て無料で対応してくれるからです。

その中でカウンセリングをしてくれるので、今の悩みをエージェントに伝えるよりも、専門のカウンセリングの方に相談しましょう。

公式サイト:パソナキャリア

退職代行を使う

どうしても自分で言えない場合は、退職代行一択です。

あなたは退職代行に頼むだけで、勤め先に連絡をし、様々な手続きをしてくれます。

もちろん使おうか迷っている場合は、無料で相談に乗ってくれますし、退職代行を頼むべきかも相談できます。

あなたが本当に使うべきか、自分で言える環境かどうかなど、一人一人利用者がいるわけですからちゃんと相談に乗ってくれます。

色々ある退職代行の中で一番おすすめなのは『退職代行ニコイチ』です。

業界最安値だけでなく、退職代行実績14年で退職率100%なのが、ニコイチです。

料金は28,000円なので高いかもしれませんが、他の退職代行と比べると2,000円〜20,000円以上の差があります。

基本丸投げかつ即日退職も可能なので、一度無料相談だけでもしてみてください。

転職サポートを使うと退職代行代28,000円が0円になるので、その後のことも相談したい方は使ってみましょう。

公式サイト:退職代行ニコイチ

退職代行ニコイチの口コミ・評判まとめ【業界最安値の理由は?】

よく読まれている記事
RELATED