ikidishiki
施工管理

「建設業はやめとけ」ブラックすぎる現状【さらけ出します】

2019年8月15日

建設業はやめとけと言われるけど実際どうなんだろう…実際に働いたことがある人の意見も聞いてみたい

こんな疑問を解決します。

ちなみに私は大学を卒業して、建設業の世界に行きました。結論になりますが、そこで感じたことは「ただただブラックだな」という印象です。

そのブラックの内容も会社によっては様々ですが、大半関わった会社はブラックでしたね。

実際に働こうと思ってるけど、リアルな話を知りたいという方向けに隠すことなくすべて紹介していきます。

「建設業はやめとけ」ブラックすぎる現状

「建設業はやめとけ」ブラックすぎる現状

「やめとけ」というその理由はやはり長時間労働です。

国土交通省が発表している建設業と近い業種の製造業を比べてみましょう。

業界 労働時間
建設業界 2056時間
製造業 1951時間

引用:国土交通省

約100時間以上も違うんですね。これはかなり大きな問題でもあります。

たまに建設業界でも完全週休二日制はありますが、これはかなりレアなケースでほとんどは4週4日というのが現状です。

さらに深刻化する働き手

正直働き手がいないというのもかなり厳しい状況を生み出しています。

特に職人さんがおらず、現場の手が回らないそんな状況が続いているのが現状です。

当時働いていた時にいた職人さんは、3ヶ月以上休んでない方もいました。理由を聞いたら「出た分だけもらえるから仕事をする」のだそう。

それはデータにも現れていて、こちらも国土交通省が出してるものですが

2017年度の建設業と製造業の年間出勤数は、「建設業:256日」・「製造業:238日」という結果です。

年間休日が100を切ってはないですが、あくまで平均なのでなんとも言えない状況ですね。

ちなみに私が働いていた会社は昼夜もありましたので、一旦家に帰るにしてもシャワーを浴びてすぐ出勤なんてこともありますので、このデータ以上に働いているのも現状です。

「建設業やめとけ」は仕事内容にあり

やめとけ1:とにかくきつい

建設業に限ったことではありませんが、とはいえとにかくきついです。

夏は暑い、冬は寒いそして中には昼夜もあったりするので体力的にも精神的にも辛いことがあります

そして世間的にも言われてることが、パワハラが多いということですね。

実際に私もパワハラを上司から受けていましたが、結局退職してしまいました。

毎日朝早く、帰るのは10時くらいそんな人生をこれからずっと続けるのはかなり疲弊します。

関連施工管理がきつい、良い会社に転職するたった1つの方法

やめとけ2:プライベートの時間が取れない

私が働いていた時によく言われていたのが、「家族との時間取れない」ということでした。

独身の方はプライベートの時間が、家族を持つ方は家族との時間があまり取れず、仕事づけの毎日で嫌気がさしてました。

次で詳しく話しますが、その理由として「休日は電話がかかってくる or 休日出勤は当たり前」があるからです。

やめとけ3:休日はないもの

完全週休二日制の会社かなりレアです。ほとんどは土曜や日曜、祝日も出るなんてこともザラです

休日だとしても現場が稼働していたら電話はかかってくるし、上司の下で働いていた場合、交代で休むことがあるので気は休まりません。

休みだろうが常に仕事のことを考え、さらに大型連休も稼働する現場はたくさんあるので、他の業種と比べ、年間休日は少ないです。

やめとけ4:転職で有利になるスキルがつきにくい

これはかなり重要で私も転職する時にかなり不利になりました。

当たり前ですが、建設業をやっていると現場に入り浸って、事務所でパソコンを少し触るくらいです。

転職する際に同業種に行くならいいのですが、異業種へ行きたい場合は不利になるでしょう。

とはいえ、逆に言えば若いうちに転職をすれば、第二新卒枠若いからという理由だけで採用してくれる企業もあります。

ここは「施工管理から異業種へ転職した僕がおすすめする!シンプルな転職方法」で方法を紹介しています。

ブラックだけが横行しているわけではない

ブラックだけが横行しているわけではない

よくニュースで大手の働き方改革が取り上げられていますよね。

大手は中小企業に比べてかなり人数が多いので、徐々に働き方改革が進んでます。

私のように小企業に務めた場合、まだまだ人手が足らないので、働き方改革を導入できる準備なんてものはできません。

とはいえ、同時期くらいに入った大手社員の知人によると、休日もしっかりあるし、ノー残業デーを取り入れているので、めちゃくちゃきついことはないとのこと

すべてがすべてブラックではありません。

地方や比較的小規模はブラック率が低い

都会の建設業は、あまりおすすめしません。たまに高給で誘ってきますが、乗ってはいけませんよ。

仕事量も多く、上記で言ったようなことが当たり前のようにある場合があるので注意が必要です。

とはいえ、その逆の場合はブラック率が低いと考えられます。

私の知人の現状も合わせて紹介するとホワイト企業は以下です。

  • 地方の企業
  • ちゃんと休みがある
  • 会社と条件を交渉している
  • 比較的小規模

よくあるパターンとして、都会で少し働いた後、地方にUターンですね。

規模も小さいため、休日もしっかり取れるし、ブラック特有のピリピリとした雰囲気がありません。

ただ年収を考えると下がるかもしれないので、ちゃんと交渉することをおすすめします。私の周りでは3番目の「会社と条件を交渉」している方が多いい印象でしょうです。

交渉に応じずありえない金額を提示された場合は、即辞退した方がいいです。

建設業はやめとけ:ブラック企業もたくさんある

建設業はやめとけ:ブラック企業もたくさんあ

もちろんブラックばかりではないとお話ししましたが、どちらかというとブラックの方が多いです。

建設業ほどこんなに世間で言われてる業種は他にはないと思います。

特に建設業は3K(きつい・汚い・危険)が有名ですよね。きつい・汚いはもしかしたら他の業種でもなくはないですが、危険というのは中々ないのではないでしょうか。

家族や恋人がいる方は特に命の危険は避けたいところです。

建設業をやめとけというのはこういった背景を知って、初めて言われることです。

たまに口だけや何かで得た知識で適当なことを言う方もいますが、実際に働いてみた私が言えることは

建設業はやめて、他の業種に行くべき

です。

自分の向いてる仕事を見つけるのが一番

これにつきます。

仕事は時には無理難題を押し付けられたり、パワハラまがいのことをされたりします。

そうじゃなくても、仕事がつらい・きつい・辞めたいと一度でも思うのは、その仕事はあなたに向いてないからです。

「あなたの強み」がわかる!向いてる仕事を探す2つの方法」で書いてますが、あなたが向いてる仕事を探し出すには、自分をよく知り、強みを理解してそれを発揮できる仕事をするのが、一番です。

かなり正確かつ無料で向いてる仕事がわかるので、興味がある方は記事を見てみてください。

人気記事IT業界に強い転職サイト・エージェント3選【まずは一歩から】

人気記事施工管理がきつい、良い会社に転職するたった1つの方法

よく読まれている記事
RELATED