ikidishiki
施工管理

施工管理は労働時間が長い!ホワイト企業の探し方【元現場監督の実話】

2019年8月21日

施工管理って労働時間が長いイメージがあるけど実際どうなんだろう?実際に働いていた人の意見を聞きたいな…

こういった疑問に答えます。

求人を見ても、「9時〜18時:年間120日」などをよく見かけますが、現状はどうなんだろうと不安になりますよね。

ちなみに私は大学卒業後、施工管理をしていましたが、結論言うと半年で辞めてしまいました。

理由は色々あるのですが、その中の1つとして「労働時間が長い」ですね。

現場によってですが、例として1日の流れは以下です。

  • 6時前:起床
  • 8時前:現場に集合
  • 8時半:打ち合わせ後仕事開始
  • 18時:現場終了→事務所へ
  • 21~22時:仕事報告後、謎の雑談
  • 23~24時:帰宅
  • ※繰り返し

あくまでとある1日の例ですが、当時はかなり寝不足もあり、フラフラしながら仕事をしていました。それの影響か熱中症になったり、うつ病寸前になったりしました。

そんな経験から言えるのは「施工管理はやめとけ」です。

その後はすぐに辞めて、まったく異業種のIT企業へ転職しました。異業種と言うと難しそうというイメージですが、実際言うほど難しくないので、ぜひ下記の記事を参考にしてください。
施工管理から異業種へ転職できる求人サイト3選【未経験OK】

もっと詳しく知りたい方向けにその理由や具体例、経験から言える転職先を紹介していきますね。


施工管理は労働時間が長いのがネック【残業100時間も?!】

施工管理は労働時間が長いのがネック【残業100時間も?!】

労働時間が長いのは冒頭でも言いましたが、中には残業だけで100時間越す場合もあります。

残業が100時間となると、9時〜18時+時間外:5時間(月20勤務の場合)の計算になりますよね。

となると、仕事が終わるのが23時、帰って24時過ぎになってしまいます。

さらに夜勤がある企業の場合、労働時間はさらに増えるので、かなり消耗します。

小企業は注意

特に小企業は、大手に比べてさらに人手不足なので、上記で書いたように夜勤がある場合は、昼仕事して夜も仕事になります。

実際にこれは私が昼夜やっていたので言えますが、給料がめちゃくちゃ増えるわけではなく、ただただ疲弊します…ホントに…

若いうちだったらいいのですが、年齢を重ねたら絶対に体力が持たないので、私はスキルさえつければ家で仕事ができるIT企業に転職しました。
施工管理から異業種へ転職できる求人サイト3選【未経験OK】

施工管理は労働時間が長い!やめとけ!その理由は?

施工管理は労働時間が長い!やめとけ!その理由は?

労働時間が長いというものありますが、他にもまだまだ理由があります。

将来性がない

将来を考えた時に体力的にも不安があります

施工管理とはいえ、現場でただ突っ立ってるわけではありません。職人さんの手伝いをしなくてはいけない時だってあります。

さらに施工管理がというより、この業界は年々人手が不足しており、私が入社したのは小さい会社だったのですが、施工管理が私を含め5人しかいませんでした。

それにより昼夜仕事があり、長時間労働の域を越してました

人間関係

気性が荒い方もいれば、すごく穏やかな方もいます。

全員が穏やかだったらいいのですが、もちろん無理な話で私はコテンパンにやられました。

さらに施工管理の立場は常に板挟みなので、たまに職人さんとの接触もあります

飲み会もあるので付き合いとして行きますが、頻度が多いので自分の時間は皆無ですね。

施工管理は労働時間が長いと言ってもホワイト企業はないの?

施工管理は労働時間が長いと言ってもホワイト企業はないの?

施工管理=ブラックと世間的に思われていますが、中にはもちろんホワイトもありますよ。

私の周りは施工管理をやっている人が多いのですが、大体の人が「そんなにきつくないよ」と口を揃えて言います。

そういった方の会社の特徴は以下です。

  • かなり親切に教えてくれる
  • 大型施設ではなくハウス系を主にしている
  • 給料(ボーナス)が高い
  • 完全週休二日

こんな感じですね。完全週休二日なんて幻想だと思っていましたが、ちゃんとしている会社はありますね。

そして一番重要なのが、「大型施設ではなくハウス系を主にしている」会社です。

例えばビルなどを主にやっている場合、昼夜もあります。逆に家を主にしているところは、基本的に夜遅くまで仕事をしないので、休日もしっかりあるということです。

もしこれらを踏まえても施工管理がしたい!という方は、「家」を主にやっているところを受けてみてください。

施工管理じゃない場合、どんな職がいいの?

v

これは私が色々仕事をしていきた結果でもありますが、IT業界一択ですね。

例えば下記のような方はIT業界をお勧めします。

  • 将来的には自分で仕事がしたい
  • 長い人生考えたら家で仕事がしたい
  • 前職(現在)の仕事が辛かった…

特に将来的に会社に雇われず仕事をしたいという方は、IT企業に転職してスキルをつけ、独立と言うのが一般的ですね。

そこまで考えてないよ…という方でも手に職をつけるならIT技術がいいと思います。

ITがいい理由はたった1つ

技術職だから難しんでしょ?と思われる方もいるかもしれませんが、一応施工管理も技術職ですよ。

一度働いてみた方はわかると思いますが、覚えることが多く、現場だけではなく事務作業まであるので思っていた以上に大変だったという声をよく聞きます。

なので難易度で言うと、どちらとも同じです。

これらを踏まえて、ITがいい理由は「フリーランスになれるから」です。

例えば家族がいる方はいつでも子供一緒に入れるし、旅行が好きな方は旅先で仕事ができるなんてメリットがあります。

仕事はパソコン1つでできるので、技術さえつければどこでも仕事ができます。

一年みっちりやれば十分可能なので、頭の片隅にでも入れておいてください。

ちなみにIT企業に強い転職サイトは「IT業界に強い転職サイト・エージェント3選【まずは一歩から】」で書いてますので、合わせて読んでみてください。

あなたがいい転職先が見つかりますよう祈ってます。

人気記事IT業界に強い転職サイト・エージェント3選【まずは一歩から】

人気記事フリーランス向けの求人サイトとサービス【全て無料】

よく読まれている記事
RELATED