ikidishiki
異業種転職の悩み

【うつ病かも…】異業種に転職したい方へ。【疲弊してませんか?】

2019年7月25日

仕事をしていても将来のことを考えて辛くなるし、異業種への転職をしたいけど怖いし…

こんな方に説明していきます。

転職の応募をしてみたら、恐くてうつ状態になってしまっています。
何年も前から、異業種に転職したいと思い、35歳になると厳しくなるとわかっているので、転職するなら今しかないと思っています。

なのに、行きたいと思っていた会社は応募を見送ってしまいました。
悩みに悩んで、応募できないかメールを送ってみたのですが、ダメでした。
次に、気になっていた会社は、やっぱり応募してみようと応募したのですが、応募した次の日から緊張?なのか、朝、冷や汗をかいて目が覚め、目が覚めたと同時に、ものすごい憂うつ感がきて、気持ち悪くなります。
面接の対策も考えないといけないのに、何も手につかない。
仕事中は何も考えなくていいので、逆に楽かもしれないです。
引用:Yahoo!知恵袋一部抜粋

知恵袋でこういった質問がありました。ちなみに僕も新卒の時にこういった状態が続き、異業種へ転職すると決意を固めたものの中々手につかない時がありました。

自分で調べて応募したり。履歴書・面接もしなくてはいけないし、徐々に憂鬱になりました。

結果的には異業種へ転職できたのですが、こうして同じような悩みの方はこのまま読み進めてください。

うつ病かも?でも異業種へ転職したいそんな方も読んでください。


【うつ病】異業種に転職したい方へ。

【うつ病】異業種に転職したい方へ。

今の現状に満足してますか?

いや、、、異業種に転職したい!という方はこのまま読み進めてください。

  • 給料を上げたいならそこから離れるべき
  • 思ったほどうまくいく
  • もっとフリーな生活を目指す

1.給料を上げたいならそこから離れるべき

お金の問題で異業種へ行きたいケースもありますよね。

あまりにも給料が少なくすぎてこのままでは将来への不安がある…そんな方もいると思います。

ちなみに僕の前職は、給料めちゃくちゃ低い・ボーナスなし・残業時間込み込みな状況だったので、会社に言いましたが聞く耳を持ちませんでした。

それでも変わってくれるかなと期待してましたが、変わることもなく僕はそのまま辞めました。

変わらない会社は変わりません。変わるのはあなたです

2.思ったほどうまくいく

異業種へ転職しようとは考えるものの、色々考えすぎてできないことはありませんか?

早めに転職しておかないと後々できなくなるのではないか?と考えれば考えるほど自分にストレスを与え憂鬱になります。

ですが、もっとフラットに考えてみてください。転職はあなたがスキルアップできる場でもあるので、今の会社よりもいいところがあったら即転職をおすすめします。

3.もっとフリーな生活を目指す

これも1つの手ですね。

焦っている時ほど余計に転職のことばかり目を向けがちですが、在宅ワークでも全然ありです。

いきなり在宅ワーク?と思いますが、仕事の延長線上だと思ってやってみるのも1つの手ですよ。

今では意外と在宅ワークがたくさんあるので、下記の記事を見てみてください。
【こんなに?!】フリーランスの求人で在宅OKは意外とある【自由な生活】

うつ病かもしれない。でも異業種へ転職したい。

うつ病かもしれない。でも異業種へ転職したい。

うつ病の時は本当に何もかも憂鬱でやる気もでないし、かといって周りは働いてるから無理して余計に頑張ってしまい、さらに悪化するというパターンもあります。

生活するには働いてお金を稼がなくてはいけませんよね。ですが、経験談からして一度休職することをおすすめします。

まだいけるだろうと張り切って頑張ったところで簡単には治るものではないので、冷静になって一旦休んでみてください。

経験談ばかりで申し訳ないですが、当時僕がそうだった時に行ったことを紹介します。

うつを治している間に転職活動

うつは病院に行かないと診断書をもらえないので、口頭で会社に伝えてもダメです。

なのでまずは精神科に行きつつ、転職活動をすることをおすすめします。

転職活動をするというよりは、転職活動をサービスを使って行うの方が正しいかもしれませんが、とにかくあなたは治すことだけに専念して、他は任せましょう。

僕はとにかく落ち込むことが増え、「仕事」を考えるだけで震えが止まらなかったり、なぜか緊張したりと身体的に来ていたので、自分では転職活動をしたくなかったんですよね…

なので就職・転職サポートがある、転職エージェントに頼もうということになりました。

転職エージェントを活用

「給料が低くてお金がない・今の職場の人間関係や仕事内容に不満」こういったことはありませんか?

特に僕がそうでしたが、どうしても人間は生活にゆとりがないといつの間にか追い込まれがちです。

精神を壊しているのに、仕事をしながら転職活動してというのをすべて一人でやるのは明らかに無謀と気づいたので、がっつり活用しました。

そして使ってみてわかったことは、それぞれのサービスによって、特化している内容が違ったりすることです。

例えば、MIIDAS(ミイダス)だったら現在の職と同じ人たちがどのくらい年収を貰っているのかを見ることができます。これは非常に助かる機能で、自分の今のスキルが違う会社に行ったらどれだけ給料として支払われるかというのがわかります。

他にもdodaエージェントだと、求人が多く、転職の相談までしっかりやってくれます。遠くに住んでるから行けない…という時でも面談を調整して電話で対応してくれるのでかなり助かりました。

自分の体は自分で守り、自分がなるべく楽になる行動をする。精神的にきつい時はこれが大事です。

うつっぽくて辛かったら

辛いと思ったら

人によってうつかもしれない、病院行ったらうつ病と診断されたなど様々です。

とはいえ、苦しみは同じです。ためにうつを経験したことがない方から「何を甘えてんの?」という心無い言葉をかける方がいますよね。

苦しみは実際にうつになった方しかわかりません。

もしこの記事を読んでいて、うつかもという方はすぐに精神科に行きましょう。

そして人によってうつになった原因が違うので、詳しくは「うつになった時の会社を辞める手順」を読んでください。

うつ病でも異業種に転職したい

うつ病でも異業種に転職したい

結論うつ病だった、うつ病かもしれないそんな方でも異業種への転職はできます。

これは経験談だから言えることです。

ですが、明らかにあなたは疲弊している可能性があるので、まだ精神科に行ってない方は精神科に行き、しっかり治療してからの方がいいです。

うつ病な方もうつ病に近い症状の方もどちらともに言えることがあります。

うつの時は適切な判断ができない

です。自分ではただ落ち込んでいるだけと思うかもしれませんが、周りから見たら明らかに言動がおかしいと思うはずです。

そしてうつ病=暗いと思われがちですが、まったくそうではなく明るい時は明るくて、暗い時は暗い。その分浮き沈みが激しいです。

経験から言えることはこれくらいですが、異業種へ行きたい気持ちのまま進むよりも、色々なものを活用しつつ、自分は治療に専念しましょう。

人気記事IT業界に強い転職サイト・エージェント3選【まずは一歩から】

人気記事フリーランス向けの求人サイトとサービス【全て無料】

よく読まれている記事
RELATED