IT業界・SES

『SESの闇、暴露します。』スキルを上げたいなら自社開発へ

2019年8月23日

SES 闇…?! SESってやばいの?

実際にSESってどうなの?という疑問を解決します。

ちなみに私は、SES業界で1年半働き、うつ病になりました。そこでは色々な闇を目の前に働いていました。

20人程いた同期はみんな辞めていき、最終的には会社と衝突し、私も退職。

SESはいいよー!」っていう方もいれば、「いやいややめとけ」という方も中にはいるでしょう。

SESを経験した私から言わせてもらえば、完全に後者です。

SESのリアルを聞きたい方向けに隠すことなく、赤裸々に説明していきます。


SESの闇、暴露します。

SESの闇、暴露します。

かなりたくさんあるのですが、特にここというSESの闇を暴露していきますね。

SES会社に努めようか迷う方は、参考にしてください。

すでに働いてしまっている方は、今すぐ次の職を探しつつ、そこを離れてください。
IT業界に強い転職サイト・エージェント3選【まずは一歩から】

SES業態の仕組みが闇

簡単に言うとSESというのは、社員を外部の会社に出向させるものです。

つまりそこにお金が関わっているわけで、社員は働きアリになるだけなんです。

基本的な流れは、人材が欲しい企業に働きに行き、そのマージンとして会社が数%持っていくという流れです。

給料、年収が絶望的

上記の仕組みにより、社員に還元しない企業が多いです。

私が働いていた企業では、社長や上司がよく下記のようなことを言っていました。

社長:相当稼いだから、いつ辞めてもいいは〜

上司:俺はSESだけをやっていく、ただ外に社員を出すだけで稼げるから

感謝しろってわけではないですが、なんかな…という感じですよね。

つまりSESというのは、上だけが儲かる仕組みです。

30歳の方がいましたが、給料16万・ボーナスなし・残業40時間込みで生活ができないと言って辞めていきました。

基本使い捨て

来るもの拒まず、去る者追わずです。

ここまで読んだ方はわかるかもしれませんが、とにかく企業に出向させたらお金が入ってくるので、正直誰が行こうがなんでもいいわけですね。

とはいえ、企業からしたら即戦力が欲しいので、スキルがある方を採用します。

たまに「未経験OK」という求人を見ますが、相当厳しいですよ。

私の会社は未経験OKで釣って、未経験を集めていましたが、企業はもちろんまったく取ってくれなくて、入社数ヶ月は給料なしの方もいました。

「SES やめとけ」と検索したら読んでほしい【経験者の実話】

SESの闇:辞めると言っても辞めさせてくれない

SESの闇:辞めると言っても辞めさせてくれない

どの企業でも退職意志を伝えたら、一度は止めてくるかもしれません。

ですが、SESという業態は違う会社が関わっているので、中々スムーズに進みません。

本来契約が3ヶ月、6ヶ月など期間が決まっているのがほとんどです。そして基本的にこの契約は、社員を抱えている会社と相手企業との間に行われます。

そのためこの契約期間内に仕事を辞めると言うことは、会社同士の信用問題にもなるのでどうにか残るように話してきます。

【経験談】次が決まっているのにギリギリまで辞めさせてくれない

私の同僚の話ですが、その会社がやばいとわかってから転職活動を行なっていました。

そして念願の最大手の企業(名前は伏せます。めちゃくちゃ大きい会社です。)に内定をもらったのですが、会社が中々辞めさせてくれないという最悪の事態になりました。

もちろん本人も辞める意志を伝えて転職活動をしていたのですが、やはりそこはブラック、自分たちは責任を負いたくないから全部自分で対応しろの一点張り。

上でも話しましたが、契約期間は3ヶ月だったのでそのタイミングで退職だったのですが、契約違反とのこと。

結果は辞めたのですが、その同僚も会社の言う通り動いてしまったため、ただただ疲弊して退職していきました。

SESの闇は分かったけど、メリットはないの?

SESの闇は分かったけど、メリットはないの?

SESの現実を余すことなく紹介していきましたが、それでもまだ興味がある方に、一つだけメリットを紹介します。

色々な会社で仕事ができる

契約期間は決まってるので、契約が終われば次の企業へ出向になります。

なので、色々な技術に触れられることがあるので、1つの会社ではなくたくさんの会社を経験したいという方にはおすすめです。

とはいえ1つ注意点があります。

SESというのは、出向する度に企業と面談をしなくてはいけません。

  • 持ってる資格やスキル
  • 人柄
  • どのようになっていきたいか

具体的にはこういったことを聞かれますが、企業と条件が合えば出向できますが、もちろんダメな場合はもう一度違う企業へ面談に行かなくてはいけません。

少し違いますが、イメージとしては「毎回転職+面接を繰り返す」です。

これがかなりめんどくさく私は、20回以上落ちました…

こちらの「「SES やめとけ」と検索したら読んでほしい【経験者の実話】」でここらへんを詳しく書いているので、合わせて読んで見てください。

SESの闇はかなり深い。

SESの闇はかなり深い。

  • SES業態の仕組みが闇
  • 給料、年収が絶望的
  • 基本使い捨て

冒頭でも話しましたが、これらが主に闇と言われる部分です。

時に「SES業態の仕組み」は、上だけが儲かる仕組みなので、比較的年収が低い人が目立ちます。

中には、いい企業に出向できて給料が高い方もいましたが、ごくごく一部でした。

正直一年半SESで働いてきて言えることは、SESじゃなくて自社開発をしている企業に行くべきです

特に大手ではなくても十分スキルをつけることができます。

SESはスキルがつかない:その理由と進むべき方向

将来は個人で稼ぐ

トヨタが終身雇用が難しいとニュースでありましたが、徐々に終身雇用の崩壊が始まってます。

他には今の時代、芸能人に頼むよりインフルエンサーに商品を紹介してもらった方が拡散力があると企業が目をつけているところもあります。

今まででは考えられないですが、一般人が芸能人より稼ぐ時代に徐々になり始めています。

フリーランスも注目されてきており、フリーランスに特化したサービスなども増えてきており、ITの技術をつけてしまえば後は、会社を通さず仕事ができます

そしてその技術を養うには、やはり現場に行って仕事をするのが一番手取り早いです。

何度も言いますが、技術をつけたいならSESではなく自社開発ですよ。

その見極め方は難しいので、そういった時はエージェントに任せましょう。

下記の記事で紹介していますので、ぜひ読んでみてください。

自社開発はエージェントに探してもらう

人気記事フリーランス向けの求人サイトとサービス【全て無料】

よく読まれている記事
RELATED