ikidishiki
サイト名を「cocoro→IKIDISHIKI」に変更しました
仕事のコト

入社5ヶ月なのに転職活動を成功させた方法【今すぐ行動】

2020年3月15日

新卒で5ヶ月目だけど転職したい。転職するには早いのかな?転職できる確率があるなら転職したい。

こんな疑問を解決します。

この記事の流れ
  • 入社5ヶ月なのに転職活動を成功させた方法【今すぐ行動】
  • 転職活動に期間は関係ない【5ヶ月でも早期でもOK】
  • 第二新卒枠をフル活用すると転職活動も楽になる

この記事を書いている僕は、新卒5ヶ月目にして転職しました。当時はもう少し我慢した方がいいのかな…なんて思っていましたが、結果的に転職は成功。

運がよかったのではなく、この記事で紹介する方法をやったからです。今のこの記事を読んでいるあなたが成功できるよう魂込めて書きましたので、ぜひ読んでみてください。

入社5ヶ月なのに転職活動を成功させた方法【今すぐ行動】

入社5ヶ月なのに転職活動を成功させた方法【今すぐ行動】

結論、下記の3つです。

  • 転職のプロに頼んだ
  • 自分の強みを明確にした
  • 即行動した

これらを深掘りして紹介していきますね。

1.転職のプロに頼んだ

転職のプロ=転職エージェントです。

おそらく大半の方が、転職サイトを見て、気になったところを応募して〜といった流れで転職活動をしていると思うのですが、これはNG。

実は転職サイトから自分で応募すると、成功する確率が下がります。というのも、企業ごとに例えば「大卒以外は受け付けない」というフィルターをかけていることがあるからです。

そうなると自動的に大卒以外の方が応募しても、そもそも企業に情報がいかないので、落ちてしまうということです。

じゃあ希望がないのかというとそうではなく、転職エージェントを使うと、企業にあなたを紹介してくれるので、書類が企業の目に留まるということ

僕はこのおかげで、スムーズに転職ができました。

2.自分の強みを明確にした

ほとんどの面接で聞かれたのは、自分の強み(自己PR)や志望動機です。

これを明確にしておくと、履歴書にも書けますし、何より面接でアピールできるので、内定合格率が上がります。

とはいえ、当時の僕は5ヶ月で転職活動をしていたので、強みがわかりませんでした。

その時に役に立ったのが、やっぱりエージェント。

ほとんどのエージェントは履歴書などの書類作成から企業へのプッシュ、面接対策などをやってくれます。

その時にエージェントと面談をし、僕自身の強みを引き出してもらい、それを自己PRや面接でのアピールで使いました。

自分の強みってなんだろう…?という方は、迷わずエージェントに相談した方がいいですよ。

3.即行動した

何より即行動したことがよかったと思います。僕の周りにも転職しようか悩んで結局無駄な時間を過ごしていた方がいました。

正直転職をすると決めたらすぐに行動に移した方が損はないと思っています。

というのも、企業が求人を出すのはバラバラで、もし今転職活動をしなかったら出会えなかった優良求人もあるからです。

僕も当時の会社が嫌で嫌で逃げるようにすぐに転職活動をしましたが、それが身を結んだのは事実。

仕事が忙しいなどの理由で転職活動がスムーズに行けない場合は、エージェントに希望条件を伝え、転職活動を円滑に効率よくしましょう。

転職活動に期間は関係ない【5ヶ月でも早期でもOK】

転職活動に期間は関係ない【5ヶ月でも早期でもOK】

今の会社から転職するのは◎

僕が転職して思ったのは、今の会社ばかりにとらわれないです。

例えば、仕事が激務だったり、将来性がなかったり、色々と問題はあると思います。

そんな時に無理して働くことは、時間の無駄ですし、何より将来が危ういです。

転職が頭をよぎったらその会社を離れた方が自分のためですし、もっと未来が明るくなると思います。

転職はキャリアアップ

あくまで転職は後退ではなく、前進です。

もしかしたら当時の僕のように周りから「転職するのは早すぎだろ」「最低3年は我慢しろ」という人がいるかもしれませんが、基本無視でOKです。

いまだに転職=悪というイメージを持つ方も少なくないのですが、分かる人にはわかります。

転職だけは何がなんでも自己中心的でOK。自分が他の仕事をしたい・今の仕事は嫌だと感じたら即転職して大丈夫です。

転職はキャリアアップと頭にいれておいてください。

注意:焦るのは危険

とはいえ、焦るのは注意が必要です。特に今の仕事を辞めてから転職する人は危険です。

辞めてからだと時間の余裕があるかもしれませんが、貯金を切り崩しながら転職活動をしなくてはいけません。

いやいやもう辞めちゃったよという方は、すぐに行動しましょう。

すでに辞めてしまった方はこちらの「【現実】転職活動を辞めてからだと苦労する3つの理由」で書いている記事が参考になると思うので、見てみてください。

もしまだ辞めてないのなら、今日からでも行動に移しつつ、気持ち的にも楽に転職活動をしましょう。

第二新卒枠をフル活用すると転職活動も楽になる

第二新卒枠をフル活用すると転職活動も楽になる

新卒から早期退職すると、『第二新卒枠』が使えるようになります。

第二新卒の定義は、学校を卒業後、一度就職し、約3年以内に転職する人のこと。

おそらく転職サイトを見ていたらたまに「第二新卒OK」のような文言を見かけると思います。つまり企業がそういった人を積極採用しているということです。

この第二新卒枠をフル活用すると年齢を重ねてからの転職より楽にスムーズになりますので、がっつり活用しましょう。

第二新卒用の転職サイトがある

第二新卒の用の転職サイトがあることを知っていましたか?

実は大手のマイナビなどは、早期に辞めたけど、働く意欲のある若者を中心に転職サイトを展開しています。

これはかなり転職が有利に進むので、総合型の転職サイトではなく、第二新卒特化の転職サイトを使いましょう。

第二新卒枠が活かせる転職サイト

基本的には上記の3社をすべて登録して、今ある求人を比較することが転職成功方法です。

登録に1社5分もかからないので、すぐに行動しつつ、動き出しましょう。

人気記事IT業界に強い転職サイト・エージェント3選【まずは一歩から】

人気記事異業種転職で失敗したくない!転職を成功させる全手順

よく読まれている記事
RELATED