ikidishiki
サイト名を「cocoro→IKIDISHIKI」に変更しました
仕事のコト

転職活動がうまくいかない人へのチェックリスト作りました【原因特定】

何社も受けてるけど全然うまくいかない…何か間違っているとしても、どうしたらいいかわからない…何か解決策があったら教ええてほしい。

こんな疑問を解決します。

この記事の流れ
  • 転職活動がうまくいかない人へのチェックリスト
  • 転職活動がうまくいかないからといって焦るのはNG
  • うまくいかない時は一度相談すること

この記事を書いている僕は、転職活動がうまくいかないながらも3ヶ月後には転職できた経験があります。

もちろん未経験だったので、最初は苦労しましたが、色々と改善していくうちに、やってはいけないこと・注意するところがわかりました。

なので、この記事では、転職活動がうまくいかない人が気をつけるポイントを全て紹介していきますので、ぜひ参考にしつつ、取り入れてください。

転職活動がうまくいかない人へのチェックリスト

転職活動がうまくいかない人へのチェックリスト

転職活動で見落としてしまう箇所をチェックリスト形式で紹介していきます。

チェックリスト

  • 履歴書の内容が悪い
  • 写真をきれいにしていない
  • 職務経歴書がスカスカ
  • 求人を常に見ていない

それぞれ深掘りして解説していきますね。


1.履歴書の内容が悪い

履歴書は企業から見て、あなたの顔です。どんな人なのか、どういった経歴を持っているのかといった疑問を明確にしてくれるものが履歴書。

基本は手書きでもパソコンでもどちらでもいいですが、まずは中身を充実させましょう。

特に自己PR部分はその企業にあった内容を書いて、相手に会いたいと思ってもらえるような内容を示してあげるのが重要です。

ちなみに履歴書作成はヤギッシュという「履歴書・職務経歴書」を作るサービスが有能すぎるので、リンクを貼っておきます。

ヤギッシュ:https://rirekisho.yagish.jp/


2.写真をきれいにしていない

履歴書は顔ですが、もっと気をつけるべきポイントは『写真』です。

気をつけるポイント
  • ネクタイがずれていないか?
  • スーツがよれていないか?
  • 髪型は清潔感があるか?
  • 髪の毛はぼさぼさではないか?
  • アクセサリーをつけていないか?

企業は人です。履歴書に貼る写真は、あなたの第一印象になるので、身なりは整えるのが鉄則。

もし今使っている写真が、上記のポイント1つにでも当てはまるのなら、すぐさま撮り直してください。


3.職務経歴書がスカスカ

もし初めての転職活動だったら、ほとんど書くことはないと思います。

とはいえ、なになにをしました〜だけでは、書類審査に落ちてしまいますので、しっかり内容を書きましょう。

今だと検索したら職務経歴書のテンプレートが出てきますよね。

書くことがない方は、そのテンプレを自分に置き換えて、模写することから始めましょう。

ちなみに始めての転職の方は、下記の記事が有益になると思いますので、合わせて読んでみてください。


4.求人を常に見ていない

求人というのは、毎日同じものではありません。つまり今日出ているものが明日にはなくなっていることは当たり前ということ。

今の時点で、希望条件に合う企業がなかったとしても、もしかしたら次の日には求人募集がかかるかもしれません。

企業のずっと求人サイトで募集するのはコストがかかっています。となると期限を決めて、募集をかける必要が出てくるわけです。

なので、常に求人サイトなどは見ておき、ライバルに取られないように、募集がかかったら即応募しましょう。

とはいえ、ずっと見ておくのもしんどいので、そこはエージェントに希望条件を伝えて、募集がかかったら教えてもらう方法がおすすめです。

エージェントって何?何をしてくれるの?という方は、下記の記事で紹介していますので、合わせて読んでみてください。

転職活動がうまくいかないからといって焦るのはNG

転職活動がうまくいかないからといって焦るのはNG

焦ると本当に決まらない

焦るのは危険です。というのも、焦っていると本当に自分がやりたいこと・興味があることよりも、まずは転職先を決めるというのが先行してしまうから

「やばい、早く決めなきゃ、でも全然うまくいかないし…」なんて思っていませんか?

そこで焦ってまったく将来性のない職業や激務と言われる業界に飛び込んでしまうのは注意しましょう。

うまくいかないのは選択肢が少ないから

これは転職を経験したからこそわかったのですが、うまくいかない時に限って『人生の選択肢』が狭まっていると思います。

例えば、正社員で絶対転職しなきゃ・フリーターなんてありえないなどなど、固定概念が邪魔して、フットワークが重くなっていませんか?

ここらへんは「転職活動の焦りは注意が必要【ヒント:人生の選択肢は2つ】」で解説していますが、もしうまくいかないのなら下記の記事で書いてあるように、人生の選択肢を自分で増やしましょう。

転職活動がうまくいかない時は一度相談すること

転職活動がうまくいかない時は一度相談すること

これはこの記事の本質でもありますが、まずは転職のプロに相談すること。当たり前ですが、一人で悩んでいても解決策はでてきません。

この記事でチェックリストを紹介しましたが、その結果を元に転職のプロに相談しましょう。

転職のプロはトータルサポートで対応してくれる

例えば、今回のチェックリストの「履歴書の内容が悪い」だったら、そこだけ転職のプロに添削をお願いすればいいだけです。

そうすれば余計な手間はかかりませんし、何より第三者が見てくれるおかげで、自分では気づかなかったポイントがわかります。

僕も転職のプロに頼んでよかったなと思ったのは「書類の添削」です。

転職活動はよっぽどのことがない限り、最初は履歴書と職務経歴書を送りますよね。

つまり企業はその書類でしかあなたのことがわからないので、判断基準が「会ってみたいな」と思うかどうかにかかってきます。

なので、しっかり書類を作成し、添削してもらい、転職活動を円滑に行いましょう。

転職のプロ=エージェントのおすすめ

転職活動は転職のプロ=転職エージェントとタッグを組んだ方が、合格率が上がります。

というのも転職エージェントは、企業とつながっているので、直接対応できるだけでなく、あなたのサポートもしてくれるからです。

実際に僕が使ってみてよかったなと思ったエージェントはこちらの「使ってよかった転職エージェント3選【未経験OK】」でまとめていますが、基本的には大手でOKです。

実績と企業からの信頼があるので、安心して任せられます。まずは相談しつつ、うまくいかないなら転職エージェントから全力バックアップを受けましょう。

人気記事初めての転職活動の始め方〜内定までの全知識

人気記事激務で転職活動ができない…忙しい方へ『たった1つの解決策』

よく読まれている記事
RELATED