ikidishiki
仕事の悩み

【仕事を1ヶ月休む】働き方の見直しに最適な理由【体験談】

2019年12月12日

仕事1ヶ月休むのってどうなんだろう…休職するか退職して休むかどっちがいいかな。

上記以外に、休んでから職場復帰ってできるのかなという疑問もあるかもしれませんが、基本できます。

ですが、その状態になってまで無理してその会社に留まり続ける理由は一度考えた方がいいかもしれません。

ちなみに私は退職して3ヶ月休んだこともありますし、休職を1ヶ月取った経験があります。

そんな経験から今どうするべきかわからないと悩んでいる方に向けて、解決策を紹介していきます。

仕事を1ヶ月休む期間に今後の働き方を見直す

仕事を1ヶ月休んでる期間に今後の働き方を見直す

今の時代働き方は多様化しています。
ニュースを見ても副業がOKになったり、場所問わず働く人も徐々に増えてきていますよね。

なので、一度1ヶ月くらい休みつつ、今後の働き方を考える期間に費やしましょう。

第一にストレスがなくなる

ストレスは人生においていらないものです。中には良いストレスもありますが、仕事は仕事内容だけでなく、人間関係など様々なところでストレスがかかります。

仕事を1ヶ月だけでも休むとそのストレスから解放されるのでおすすめです。基本的に休む方法は、以下の2つ。

  • 会社に休職を伝えて休む
  • 退職して1ヶ月休む

ちなみに私は前者の方法を取りましたが、この時はうつ病と診断されたので、休まざるを得ませんでした。現実的には退職してから1ヶ月休んだ方が安心です。

休職していても何かと会社と連絡を取らなくてはいけなかったりするので、完全にストレスを無くすと考えると後者がおすすめです。

ストレスが溜まると体が機能しなくなる

めちゃくちゃなストレスが溜まると体は機能しなくなります。何を考えても頭に入ってこないし、ぼーっとすることが増え、仕事もままなりません。

考えられる原因は「うつ病」ですが、ただうつ病になると後で辛くなるので、今は体を休ませることを優先に考えた方が得策です。

「石の上にも3年」という言葉がありますが、無理して働くことが美徳というのはお門違い。体を無下に扱うことはやめましょう。

解放的な働き方を模索する期間

ストレスが溜まらないようにするにはどうしたらいいか考えましょう。

私の例でいうと、働いていた当時の最大のストレスと言えば、仕事でした。毎日早く起きて仕事に行き、人間関係に疲れながら残業をして、帰ったら寝るだけの日々にとてつもなくストレスをかかえていました。

つまり、この「仕事」というものを排除すればいいと判断し、休職→退職。そしてその休んでいる期間に以下のような結論がでました。

  • めんどくさい人間関係を無くしたい
  • 通勤という概念を無くしたい
  • もっと自由に生きたい

上記の通り、はたから見たらダメ人間かもしれませんが、今の時代それが叶うようになっています。

この私の考えでいくとたどり着くのはフリーランスですね。ノマド的な働き方をしつつ、ストレスフリーに働けば、あとは自由。

こういった感じで一度立ち止まってもいいので、今後の自分の働き方を考えてみましょう。

仕事を1ヶ月休む、その後にやるべきこと

仕事を1ヶ月休む、その後にやるべきこと

正直仕事を1ヶ月も休むとお金の心配がでてくると思います。ですが、今のあなたがもし1年以上仕事をしていたのであれば、失業保険がもらえます。

もらうためにはハローワークに行って手続きをする必要があるのですが、詳しく知りたい方は下記の記事が参考になります。
失業手当の思わぬ落とし穴、期間不足で支給無し

一応お金はもらえるので、その1ヶ月で色々働き方を考えましょう。

職業訓練に行く

これは私が実践した方法です。職業訓練に行くと、普通に失業保険をもらうよりも早くお金が支給されるだけでなく、勉強しながらお金が支給されるので一石二鳥ですね。

職業訓練というとあまり良いイメージを持たない人がいますが、個人的にかなり効率的な手段だと思います。

独学よりも先生に教えてもらった方が早いですし、資格試験のサポートもあるので、あなたが職業訓練を卒業後、何をしたいかで勉強する内容を考えましょう。

期間も3ヶ月や半年などもあるので、のんびり考えたいのであれば半年勉強するのがおすすめ。

ちなみにこれもハローワークが受付になっているので、まずは近くのハロワにGoです。

全く違う業界に転職

ちなみに私は過去に2社経験していますが、1社目から2社目に転職するときに3ヶ月のんびりしていました。

その後、建築関係から異業種のIT業界に転職。スキルをつけて今があります。

正直仕事に疲れたのなら職業訓練か次で紹介するフリーランスを目指す方がおすすめですが、なにより一度チャレンジしてみるのも手かと思います。

特にIT業界は今もっとも熱い仕事でもありますし、スキルさえみにつければ、自由に働くフリーランスになることもできるのでおすすめです。

1年だけは耐えられそうという方は、選択肢の1つとして考えておくのもありですよ。

思い切ってフリーランスになる

本業のスキルを使ってフリーランスになる方もいれば、副業が本業の収入を超えて脱サラを目指す方もいます。

基本的にフリーランスは場所に捉われず、極論旅行しながらパソコン1つで仕事ができたりするので、かなりいいですよね。

今だとクラウドソーシングというサービスを使って、対面で仕事を取らなくても可能な時代になってきているので、その働きやすさは日に日に増しています。

仕事に対してストレスを抱えてしまっている方は、この働き方はかなりいいのではないかと思います。

フリーランスの種類

フリーランスは種類が多いので、比較的初心者でも取り入れやすく、長い目で見たときに有利になるものを下記の記事でまとめました。副業とは言え、フリーランスの方々が主にやっている仕事内容をピックアップしているので、参考にしてみてください。
【在宅ワークのみ】サラリーマンにおすすめな副業は6コだけ【月1万以上】

仕事を1ヶ月休むのは自分の将来のため

仕事を1ヶ月休むのは自分の将来のため

忙しい現代社会で立ち止まることはかなり難しいかもしれませんが、戦略的停滞もありです。

仕事をやる上で一番大事なのは体であって、私みたいにうつ病になってからではもともこうもありません。

働かないとお金はもらえないですが、それは今の会社じゃなくてもいいとあなたも気づいているはずです。

最近やたらテレビでも副業を取り上げたりしていますが、やっている人は好きなことをして働いているのが現状です。

我慢することが美徳という考えは捨て、もっと新しい、そしてあなたが幸せな仕事をしましょう。

何からやったらいいの?

最初は何からすればいいのかわからないという方は、私も実践した下記の3つからやってみてください。

  • ブログ:1年で月25000円以上稼げました
  • WEBライター:初月頑張らずに1万
  • WEB制作:初月10万稼ぎました

比較的初心者の方でも取り組みやすいので、今すぐ今日から実践して、ストレスフリーで働いてください。

やり方については下記でまとめてますので、参考にしつつ、すぐに行動に移しましょう。
【在宅ワークのみ】サラリーマンにおすすめな副業は6コだけ【月1万以上】

人気記事IT業界に強い転職サイト・エージェント3選【まずは一歩から】

人気記事フリーランス向けの求人サイトとサービス【全て無料】

よく読まれている記事
RELATED