ikidishiki
人生の悩み

行動を起こすことが怖い人は守るものを作る【ヒーローになろう】

2019年5月20日

行動を起こそうとすると、周りから反感を買う…なんて方がいるかもしれません。

それによって、「行動範囲が狭まる=お怖いから何もできない」なんてこともあると思います。

怖いから何もできないという方向けに、「原因〜解決」までをお伝えしていきます。


行動を起こすことが怖い時の原因

行動を起こすことが怖い時の原因

まず、行動と言うと「新しい何かをする」ことだと思います。

・仕事を始める
・海外旅行に行く
・友達を作る
・やりたいことに挑戦する

最初の一歩目がなかなかでない方は、もしかしたら下記のような原因があるかもしれません。

1. 自身がない
2. 過去のトラウマがある
3. 病気

上記をそれぞれ解説していきます。

1. 自信がない

自身がないというのは、行動の妨げになります。

こんな自分で成功するのかわからないなんて方もいるのではないでしょうか。

怖いというのもその行動に自信が持てず、失敗したらどうしようと思ってしまうことが多いのではないですか?

もしかしたら失敗するかもしれない」と不安を感じる方は、過度なストレスがかかっています。

そのストレスが悪影響を及ぼす可能性もあるので注意してください。

2. 過去にトラウマがある

過去のトラウマが原因になっている可能性があります。

やろうとしたことを過去に一度失敗している場合ならまだいいかもしれませんが、まったく違うことなのに過度に捉えすぎて行動できずにいる可能性があります。

もしかしたらまた失敗するんじゃないかという過去の体験があなたの移動を妨げているかもしれません。

3. 病気

うつ病の可能性があるかもしれません。

これは私の経験談でもありますが、うつ病になると極度に落ち込んだりします。そして常に恐怖心があり、それが原因で悪いことを考えてしまうこともあります。

生活している中で明らかに落ち込む頻度が増えてきたなと思ったら、うつの可能性もありますので一度病院に行くことをおすすめします。

もし気になるなという方は、下記の記事も合わせて読んでみてください。

行動をすると決める前に理由を考える

行動をすると決める前に理由を考える

そもそもあなたはなんでその行動をしようと思ったか話せますか?

もちろん人によって色々シチュエーションは違うので下記を参考にしてください。

1. 社会人
2. ニート
3. 主婦
4. 学生

1. 社会人

社会では年功序列制度を採用しているところが多々あるのが現状です。

先輩は正しいという風潮の中でなかなか思ったように行動できない状態かもしれません。

「意見を出したら煙たがられるかもしれない」・「生意気なやつという風に思われるかも」なんていう気持ちが強いのではないでしょうか。

2. ニート

ニートは外に出ること自体が辛い場合があります。

なかなか外との交流をしてこなかったので、いざ人に会ってみるとうまく話せなかったり、変に緊張してしまうなんてことがあるかもしれません。

3. 主婦

しばらく子供の世話をしていて、専業主婦だったから久々の仕事に緊張するという方もいるのではないですか?

育休になると長くて2年間仕事しない状態になるので、余計に不安になるかもしれません。

ブランクがあるけどうまくいくかな」という考えがあなたを動かせないでいる可能性があります。

4. 学生

最近では若い世代の起業家が話題になっていたりします。

そんな人を見て自分は何をしているんだろうと考えてしまうかもしれません。

同い年の子ができているのになんで自分はできないんだろう」なんて方は、一生行動ができません。

自分の中で目標設定をして、そのゴールに向かって行くことが一番の近道です。

【解決法】行動を起こすことが怖い人は守るものを作る

【解決法】行動を起こすことが怖い人は守るものを作る

今回のタイトルにもあるヒーローですが、ヒーローというと「敵から仲間を守る」イメージがあると思います。

なぜ彼らは、戦うのかというと「守るものがある」からだと思います。

新しく行動することが怖いという方は、自分自信だけじゃないなく「なんのために・誰のために」と考えるといいです。

家族を守る
ペットを守る
彼女(彼氏)を守る
住むところを守る
プライドも守る
未来を守る

のように守るものはなんでも大丈夫です。

守るものが自分だろうが、周りだろうが誰も文句は言いません。

身近なものを守る

家族やペット、彼女(彼氏)を守ると決めたら、一直線に行動するしかありません。

自分の行動で周りが左右されるくらいの行動量で動きまくって、守るようになりましょう。

守ると決めた人が笑顔でいられるように、必死になって行動して成功を掴みにいく。そんな感じで大丈夫です。

ただし、自己中とは違います。あくまで周りありきの行動ですので、間違ってもそこでふんぞり返るのだけはやめましょう。

自分を守る

プライドや未来を選んだなら、自己設定をしましょう。

・プライドを守るなら許せることリストを作成する
・未来を選んだなら月や年ごとに目標設定をする

今住んでいるところやプライド、そして今後の未来は自分で守る。

プライドは余計なものと思うかもしれませんが、そうではありません。最低限でもいいので自分がこれだけは譲れないものを作るだけで大丈夫です。

例えばそのこだわりを侮辱されたとしても、それだけは絶対に折れないようにしてください

未来ならまずは目標設定をして進んでいきましょう。最初は予定通りに行かなくて失敗しても大丈夫です。ゴールを決めているわけですからそこにたどり着くまでに最善を尽くせばいいだけです。

行動をすることが怖いなら鍛える

行動をすることが怖いなら鍛える

どうしても行動することが怖いのなら、心を鍛えていきましょう。

心の余裕がなくなるとそれだけで恐怖心が出てきます。それの対処法として「レジリエンスを鍛える」と余裕が生まれます。

最初の一歩目は、なかなか踏み出せないこともあると思います。

ですが、すべて準備だけで終わらず、怖くても一歩を踏み出してみましょう。

あなたの周りが100%批判をする人ばかりでは、ないので応援してくれる人のためだけでもいいので成長していきましょう。

人気記事WEB制作を独学するための勉強法とおすすめサービス・本【初心者向け】

よく読まれている記事
RELATED