ブログ運営

【実例あり】ブログのアクセスが増えるまでの期間は?【戦略公開】

ブログのアクセスが増えるのってどれくらいなのかな?アクセスを伸ばすためにやるべきことも教えてほしいな

こんな悩みを解決する記事です。

この記事の流れ
  • 【実例あり】ブログのアクセスが増えるまでの期間は?
  • ブログのアクセスが増えるまでにやるべき戦略
  • 少ないアクセスで稼ぐためにやるべきこと

この記事を書いている僕は、月に1000PVも行かず収益も数百円がずっと続いていましたが、少し運営方法を変えただけでアクセス数も2万PV・収益5桁のブログに成長しました。

そのノウハウをこの記事ですべて暴露しますので、最後まで読んで真似すれば、あなたのブログも伸びます。

参考にしつつ、あなたのブログを伸ばしていきましょう!

【実例あり】ブログのアクセスが増えるまでの期間は?

 【実例あり】ブログのアクセスが増えるまでの期間は?

ブログの記事の検索順位が上がってくるのは、大体3ヶ月〜半年です。つまり、3ヶ月以降は徐々にアクセスが増えていき、1位になればキーワードによってはかなりのアクセスが期待できます。

3ヶ月〜半年はかかります

下記はWeb制作 独学というキーワードで現在11位くらい。僕が実際にWeb制作を独学した経験からまとめた記事です。

検索順位の動向

ぴったし3ヶ月ほどで上位に躍り出ました。大体3ヶ月はかかるという意味がわかる記事ですね。

順位が上がれば、よっぽどタイトルが悪くない限り、ブログにアクセスがあります。

なので、記事をしっかり書き、最低3ヶ月は我慢していれば順位が上がりますよ。

競合がいないと一週間くらいで上がることもある

下記の記事は施工管理 転職 異業種というキーワードで現在1位。過去に施工管理だった僕が、異業種へ転職した経験を元に書いています。

検索順位の動向

記事を公開後、一週間後に7位。そこからは一旦下り、現在1位です。

こんなことは中々ないなので、僕の中ではGoogleのお遊びだと思っています。

基本的には3ヶ月〜半年で、何かのきっかけで突然順位が上がり、アクセスが増えることもあります。

アクセスアップを目指すならSNSを活用セヨ

早くアクセスを増やすにはSNSを活用するのが鉄則です。

特にTwitterがおすすめでして、その理由はRT(リツイート)機能があるから。

ブログを書く → Twitterでツイート → ブログにアクセスされる(またはRTされて拡散)

RTされると人の目に止まる数がハンパじゃないので、かなりのアクセスは期待できます。

ブログ開始月のPV数

上記の通り、僕はブログと同時にTwitterを始めたのですが、初月に1000PVを達成しました。

基本的にはブログを書いたら、下記のようにツイートしましょう↓

少なからずアクセスはあるはずです。それを続けていれば、おのずとファンができ、徐々にアクセスも増えますよ。

とはいえ、おそらくSEOを意識した検索順位を伸ばしたいと考えている方もいると思うので、ここからは『アクセスを増やすための戦略』を解説していきますね。

ブログのアクセスが増えるまでにやるべき戦略【まずは10記事】

ブログのアクセスが増えるまでにやるべき戦略【まずは10記事】

ブログのアクセスが増えるのは3ヶ月はかかりますが、ただひたすら記事を書いても絶対に順位が上がるという保証はありません。

なので、しっかり今から解説する方法を参考にしつつ、アクセスを爆上げしていきましょう!

カテゴリーを一つに絞る

ブログにカテゴリーがたくさんある方は、まずは一つに絞りましょう。色々書きたい方もいると思いますが、我慢してどれか1つを選んでください。

というのも、Googleが提唱しているE-A-T(専門性-権威性-信頼性)に関係するからです。

じゃあ何のカテゴリー絞るかは、今まであなたが書いた記事で一番書きやすかったジャンルでOK。

例えば…
  • 副業ジャンル:サラリーマンしながらブログをやっているという実績
  • 料理ジャンル:一人暮らしで自炊しているという実績
  • 転職ジャンル:実際に転職して得たノウハウがあるという実績

ちなみにおすすめしないのは、健康系です。これは少し前にGoogleアップデートにより、個人のブログが上位表示されにくくなったからです。

それ以外で、自分が書きやすい内容を絞り、1つのカテゴリーにしましょう。カテゴリーは後々増やせばいいので、今は我慢して一点突破。

次ではよりわかりやすいように、スクールのジャンル『英会話教室』を例にして解説していきます。

キラーページを書いておく

キラーページとは、収益に繋がる大事な記事です。

これを書いておかないと、長期的に稼ぐことが難しいので、必ず作っておく必要があります。

例えば、『英会話教室 おすすめ』というキーワードで記事を書くとすると

  • 現役教師がおすすめする英会話教室5選
  • 【厳選】英会話教室おすすめ3選を紹介
  • 英会話教室のおすすめ3選、実際に全て受けてみた【レビュー】

上記のような記事を書き、それぞれの教室への広告を貼ります。

それを見た読者が、広告をクリックし、成約に繋がるという仕組み。

キラーページの具体的な書き方は、「キラーページの書き方を現役ブロガーが解説【テンプレートあり】」でまとめていますので、合わせて読んでみてください。僕はこの方法で月に数百円だったのが、今では月に3万稼げるようになりました。

具体的な記事も公開しており、そのノウハウを無料で解説しているので、ぜひ参考にしてください。

集客記事する記事を量産

上でキラーページを作ったなら、後は集客する記事を書きましょう。

キラーページに流す

イメージは上の画像の通り。基本的に『集客記事』→『キラーページ』に流します。

例えば…
  • 英会話教室 比較
  • 英会話教室 口コミ
  • 英会話教室 感想

などなど、英会話教室に関連するキーワードを書いていき、キラーページの『英会話教室 おすすめ』へ内部リンクを貼ります。

他のパターンの場合

キラーページの仕組み

『プログラミングスクール』を紹介している記事に流す場合も同じです。その記事に興味がありそうな読者を集める記事を書いていくだけOK。

集客記事はロングテールキーワードを書こう

ロングテールキーワードとは、検索数が少ないものの需要があるキーワードのこと。

複合キーワードと言ったりしますが、例えば「英会話教室 おすすめ 初心者」や「髭剃り 肌荒れ 治す」など大体3つのキーワードで構成されているのが特徴です。

ロングテールキーワードは競合が少なく、ブログを始めたばかりの方やアクセスがないブログでも上位が取れます

僕もこの方法で、今では月に2万PVになりましたし、そのロングテールキーワードからキラーページに流して、収益が発生しています。

ちなみにロングテールキーワードは探すのがやや大変なので、簡単に探せる方法をこちらの「【簡単】ロングテールキーワードの6つの探し方【ネタ切れなし】」でまとめました。上位表示させて、アクセスを増やしたい方は必読ですよ。

注意:ブログのアクセスが増えても収益は増えません

アクセスがある=収益増加ではありません。

アクセスがたくさんあれば、もちろん母数が増えるので、広告のクリック率が増えることはありますが、それでは時間がかかってしまいますよね。

なので、基本は集客記事でキラーページに興味がありそうな読者を集めつつ、収益を上げていきましょう。

色々な記事が上位表示してくると、ブログの『ドメインパワー』というものが上がり、ブログが強くなります。強くなると競合と競っても勝てる可能性があるので、まずはコツコツアクセスを増やしていくのが先です。

少し具体的に収益の上がる書き方を紹介

下記の記事は、毎月5桁の広告収入があります。

これは当ブログのキラーページ(他にもキラーページはあります)でして、他の記事からこの記事に流すことにより収益を上げています。

内容は、実際に僕がスクールを受講してみた経験+過去にスクール側だった経験から書いた記事です。

「プログラミングスクール おすすめ」というキーワードで80位と検索順位は低いですが、導線を作れば収益を上げることができます

ここらへんも「キラーページの書き方を現役ブロガーが解説【テンプレートあり】」で書いていますので、なるべく早く収益を上げたい方は読んでおきましょう。

まとめ:ブログのアクセスが増えるまでは我慢が大事

まとめ:ブログのアクセスが増えるまでは我慢が大事

ここまでをまとめると以下になります。

  • 検索順位が上がるのは3ヶ月〜半年
  • 競合がいなかったら一週間で上がることもある
  • すぐにアクセスが欲しかったらSNSを活用するべき

基本的にはSNSを活用した方がすぐにアクセスがあるので、モチベも保ちやすいと思います。

とはいえ、検索から流入させたい方は、しっかりジャンルを絞りつつ、記事を書いていきましょう。

ちなみにもし無料ブログで運営している方はWordPressのブログに切り替えましょう。

長期的に稼いでいきたいのなら、自分のブログを持って運営した方がいいです。ブログも綺麗になるので、読者が見やすいブログが簡単に作れますよ。

詳しいWordPressブログの開設方法は下記でまとめていますので、即作って、今回紹介した方法をお試しください。

人気記事初心者が雑記ブログで月1万稼ぐ5ステップ【実例あり】

人気記事アフィリエイトで稼ぐためのおすすめASP4社【全て登録しておこう】

よく読まれている記事
RELATED