ikidishiki
WEB制作

WEBデザインを独学するための費用はどのくらいかかる?

2019年6月17日


WEBデザインを勉強する上で、独学する時にかかる費用っていくらなの?という方向けに細かく説明します。

私が独学でサイトを作れるようになるまでに、実際にいくら必要だったかそんな疑問を経験を通して紹介していきます。


WEBデザインを独学するための費用

WEBデザインを独学するための費用

独学でかかる費用は、0円です。

そもそも独学ではお金はかかりません。ですが、人によっては状況が違うので、この場合はパソコン・Adobeを持っている前提での話になります。

下記のようにもう少し絞って状況別に紹介していきます。

何も持ってない場合
パソコンは持ってる場合
パソコンや教材は持ってる場合

1. 何も持ってない場合

パソコンも教材やソフトも持ってない場合の必要な費用は「約166,000円」(パソコン・教材費・Adobeコンプリートプラン)です。

内訳は以下です

MacBook Pro 13.3インチ:153,800円
教材費:約3,000円/1冊×2
Adobeコンプリートプラン:5,680円/月

パソコンはWEBデザインをするなら必需品です。私が実際に使っているもので、最低限費用を抑えたパソコンでも153,800円はします。

そしてAdobeも必需品です。大抵納品する際は、「AdobeのIllustratorやPhotoshop」での納品になりますので、この2つは確実に持っておくべきなものです。

教材はまったくの初心者の方でしたら以下をおすすめします。
Illustrator & Photoshop & XD Webデザインの教科書
よくわかるHTML5+CSS3の教科書【第3版】

2.パソコンは持ってる場合

パソコンは持ってるけど、ソフトや教材はないという方は「約12,000円」はかかります。

内訳は以下です

教材費:約3,000円/1冊×2
Adobeコンプリートプラン:5,680円/月

WEBデザインとなったらAdobeは欠かせないのでどうしてもこのくらいはかかってしまいます。ですが、教材費はネットにある情報だけで十分という方は、教材費は引いての値段なので、比較的安めにできます。

3.パソコンや教材は持ってる場合

2つとも持っているなら後はAdobeだけなので、「5680円/月」だけです。

何度もいいますが、WEBデザインをするならAdobe製品はかかせません。
今では、IllustratorやPhotoshopだけではなく、XDというものも使われはじめています。

Adobeを持ってるいるだけで、仕事の幅が広がるのは間違い無いので、どうしてもお金がないという場合は教材費を削ってまででも手にしておきたいものです。

独学時にかかる他の費用

独学時にかかる他の費用

今までは教材費を本としていましたが、実は勉強するにはネットでも十分な場合があります。

たくさんある中から厳選して下記をおすすめします。高めのものもありますが、講座の量からしたら圧倒的に安いのでおすすめです。

Webデザイン入門オンライン講座:デザイン〜サイト制作まで
Progate:デザイン無し
ドットインストール:デザイン無し

そんなにお金かけなくてもいいんじゃない?

そんなにお金かけなくてもいいんじゃない?

WEBデザインだけではなく、コーティングというものもしなくてはいけない場合があります。

コーディングとは、WEBのデザインを元に、サイト作っていきます。つまり、デザインだけしてもサイトは作れません。

デザインはサイトを作る上でのイメージ図であり、コーディングはそれを元に具現化していくイメージです。そして、今回は勉強だけなのでコーディングにはお金はかかりません。

本格的にサイト制作をするという場合だったら、ドメインやサーバーと呼ばれるもののお金がかかってきますが、現段階ではそこの部分は考えなくて大丈夫です。

なので、何も無い状態から独学をスタートする場合は、「WEBデザイン:約166,000円・コーディング:0円」ということになります。

コーディングについて知りたい方は下記の記事を参考にしてください

WEBデザインを独学するための費用のまとめ

家にパソコンがある場合などそれぞれでかかってくるお金は違いますが、勉強という段階でしたら高額なパソコンは必要ありません。

あまりにも古いパソコンだったら速度が遅かったり、データ容量の関係で使えなかったりするので、この気に買うことをおすすめします。

そして教材も色々な種類があります。WEBデザインだったり、その先のコーディングだったりとさらにお金がかかることもあるのでいかに安くしっかり勉強できることが重要なので今回紹介したパソコンや教材はぜひ参考にしてください。

ちなみにスクールに通うのも1つの手ですが、少し値段が高いのでそんな時は、TechAcademyの無料コースというものもあるで検討してみてください。

人気記事IT業界に強い転職サイト・エージェント3選【まずは一歩から】

人気記事フリーランス向けの求人サイトとサービス【全て無料】

よく読まれている記事
RELATED