ikidishiki
IT業界・SES

【IT業界】副業で仕事を取る『シンプルな』3つの方法【初心者】

IT業界で働いてるけど、本業とは別で副業で稼ぎたい。だけど、仕事を取るってどうするんだろう?サラリーマンでも可能な方法を教えて欲しい。
この記事の流れ
  • 【IT業界】副業で仕事を取る『シンプルな』3つの方法【初心者】
  • IT業界で働いているなら副業をしよう【年収アップ】
  • IT業界は副業に最適なので、どんどん稼ぐべし。

この記事を書いている僕は、特に難しいこともせず、副業で初月10万を稼いだ経験があります。

ちなみに試した方法は複数ありますが、その中でシンプルかつ初心者でも参入可能な方法を3つ紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

【IT業界】副業で仕事を取る『シンプルな』3つの方法【初心者】

【IT業界】副業で仕事を取る『シンプルな』3つの方法【初心者】

まずは、結論として仕事を取る方法を3つ紹介していきます。

  • クラウドソーシングサイトを活用する
  • ブログで集客し、仕事を受ける
  • 求人サイトに登録して安定的に案件をもらう

1.クラウドソーシングサービスを活用する

クラウドソーシングというのは、クラウドサービスに登録している技術を持った人が、依頼者(仕事をしてほしい人)の仕事をするサービスです。

クラウドソーシングで、有名なのはクラウドワークスランサーズというサービスなのですが、まずこの2つに登録して仕事を取ることから始めます。

大体の相場は、Webサイトを1つ作る仕事で10万〜30万ほどで、もっと低いものもあれば、かなり高めの仕事もあります。

こういった仕事をこなしていき、副収入にできるのが、クラウドソーシングサービスです。

技術力がまだ心配…という方は、「プログラミングスクール経験者がおすすめする3社【完全無料あり】」でおすすめしているスクールで学びましょう。

2.ブログで集客し、仕事を受ける

基本的にブログは集客ツールとして使い、お問い合わせから仕事を受けるという方法です。

例えば、「Webサイト10万円から承ります」といった文言を書いておき、そこのリンクからお問い合わせページに流すイメージです。

さらにブログは稼ぐことができるので、「本業で稼ぐ×ITスキルで稼ぐ×ブログでも稼ぐ」ということも可能です。

現に僕もこのブログで月に5ケタの副収入がありますが、中には本業並みにごりごりやっている人は月に7ケタ稼いでいる人もいます。

とはいえ、まずはブログを開設しなくてはいけないので、まだ作っていない方は「WordPressでのブログの始め方を解説【超初心者でもできる】」こちらの記事手順をまとめていますので、作っておきましょう。

3.求人サイトに登録して安定的に案件をもらう

転職サイトではなく、フリーランスなどが使っている求人サイトです。

この求人サイトは、企業が期間的に人が欲しい時に募集をかけ、それに対して仕事をしたい人がアクションをするというもの。

つまり、この求人サイトが仲介をしてくれ、あなたのスキルに合った仕事を持ってきてくれます。

中には、週3日〜の案件があったりするので、本業の隙間時間に仕事をしたい方は、かなりおすすめです。

例えば、midworksという求人サイトを見てみると、3000件とかなりの数の求人があるのがわかります。

これからは、正社員というよりもフリーランスに一定期間だけ働いてもらうというのが一般的になると言われています。

なので、この波に乗りつつ、先に手を出しておきましょう。

詳しくは「フリーランスエンジニアに安心保証と豊富な案件紹介を【midworks】“”」を合わせて読んでみてください。

3つでどれがおすすめ?

結論、3つともです。

長期的に稼いで行きたい方は、ブログを開設しつつ、集客をして仕事を取りましょう。

とはいえ、ブログは少々時間がかかるので、それまでにクラウドソーシングと求人サイトで稼いでおくことをお勧めします。

  • 求人サイト
    登録して面談後
  • クラウドソーシング
    登録して提案後→承認されたら
  • ブログ
    記事を書きつつ、流入があったら(大体3ヶ月を目安)

あまり深く考えず、上から順番にやっていけばおのずと自分に向いてる稼ぎ方がわかってくると思います。

IT業界で働いているなら副業をしよう【年収アップ】

IT業界で働いているなら副業をしよう【年収アップ】

本業×副業で年収アップ

本業と副業を掛け合わせれば、年収はアップしますよね。

例えば、月に5万の副収入があれば、年に60万円の収入が入ります。

サラリーマンで年に60万の昇級をしようとすると、かなりの労力と評価が必要になると思います。しかも年収を上げたいのは、あなただけではないので、同僚と競い合うことになりますよね。

それに比べ、副業だと自分が頑張った分だけ、収入に反映されるのでかなりおすすめです。

本業でIT関連の仕事をしてスキルアップ → そのスキルで副業をして年収アップ

上記のように相乗効果で、年収が上がるのは副業の魅力です。

将来的にフリーランスも目指せる

サラリーマンが辛かったり、会社の業績が傾いて、働けなくなったりした場合、すぐにフリーランスとして活動ができます。

副業ですでに稼いでいれば、サラリーマンを辞めてのんびり仕事をしてもいいですし、個人で仕事をしているという経験はまだ参入していない周りに比べ、かなり有利になります。

上でも話しましたが、これからは正社員雇用よりも、優秀なフリーランスを一定期間雇い仕事をするスタイルがくるのではないかと言われています。

なので、今日からでも何かアクションを起こしておき、そんな時代が来た時に波乗りしましょう。

安定させるのが難しい

副業の一番のネックは「安定性に欠ける」という部分です。これが原因でフリーランスになったものの、サラリーマンに戻る人も少なくありません。

ITのスキルで仕事しようとすると、営業=集客が必要になってきます。

そこから仕事の依頼があって実際に制作したりするわけですが、もちろん会社ではないので、すべて自分で仕事取らなくてはいけません。

なので、それに挫折してやめてしまう方が多いということです。

とはいえ、それを打破する方法はすでに言っていますが、「ブログやSNS」で集客することです。

特にブログはネットからの検索が多いので、例えば「Webサイト 格安 おすすめ」みたいなキーワードで検索してきた人にあなたが作ってあげればいいだけです。

集客はブログで自動的にしてもらって、お問い合わせがきたら対応する、なんていうのが可能なので、ぜひともブログを始めてみてください。

IT業界は副業に最適なので、どんどん稼ぐべし。

IT業界は副業に最適なので、どんどん稼ぐべし。

少し前にノマドという働き方が流行り、2019年では国が副業を解禁しましたよね。

つまりこれからどんどん個人の働き方が多用してきて、後から参入しても遅い可能性があります。

だからこそ、今すぐに行動して、うまく波乗りすることが重要になってきます。

さいごに

この記事でおすすめした副業をまとめておきます。

上記をまずはチャレンジしてみてください。

もう少し具体的に副業が知りたいなという方は「サラリーマンの副業でおすすめな在宅ワークは6つだけ【実録】」こちらの記事でまとめていますので、合わせて読んでみてください。

ここで行動する人は1%と言われていますが、逆に言えば行動さえすれば頭1つや2つ飛び抜けるということ。

なのでまずは行動して、動きながら副業をしていきましょう。


もし今の仕事がなんのスキルもつかない仕事だったら、同じIT業界の別職種に転職しましょう。

その状態だといくら働いても、給料も技術力も上がりません。

なので、すぐにでも転職をしつつ、さらに年収アップをしてみてください。

下記の記事で紹介している転職エージェントは、転職後年収290万アップしたという事例があるものも紹介しています。ぜひ合わせて読んでみてください。

よく読まれている記事
RELATED