仕事の悩み

会社員向いてない人の3つの特徴【2年で2社辞めました】

2019年10月18日

会社員が向いてないと思う…どうしたらいいの…?

こんな悩みを解決します。

この記事の流れ
  • 会社員向いてない人の3つの特徴
  • 会社員向いてない人はどうすればいい?←社会人を辞めればいい
  • 会社員が向いてないなら個人で稼ごう

人生100年時代+定年が65歳…長すぎますよね。

ちなみにこの記事を書いている僕は、2年で2社辞めてそのどれもが会社と合わず辞めました。

それから現在は田舎でのんびり暮らして、過ごしています。

そんな会社員が向いてないと感じるけど、今後どうしたらいいかわからないという方に向けて、会社員以外の働き方を紹介していきます。


会社員向いてない人の3つの特徴

会社員向いてないのは辛すぎる

2年で2社辞めた僕が考える、会社員が向いてない人の特徴は下記の3つです。

  • 会社員は辛いよと毎回思う人
  • みんなで力を合わせようが嫌いな人
  • そもそも仕事という時間がきついと思う人

それぞれ深掘りしていきます。

1.会社員は辛いよと毎回思う

会社員って仕事だけが仕事ではないですよね。

  • 飲み会など付き合い
  • コミュニケーションをする
  • 話を合わせなきゃいけない

などなど、業務以外でも気をつかわなくてはいけません。

「仲良くする=業務がやりやすくなる」という考えの会社は最近増えている気がします。

個人の時間は個人のもの、付き合ってるんだから残業代くらい出してくれって感じです。

2.みんなで力を合わせようが嫌い

会社に属している以上、他人と関わって協力するのは当たり前。

ですが、その団結もまったく的外れなところにいっちゃう会社もあります。

みんなで力を合わせるのは当たり前、ただその方向性がプライベートでも集まる、業後はみんなでご飯、社員旅行などなど的外れなのは、正直迷惑ですよね。

力を合わせれば仕事がきつくても乗り越えられるという根性論系の会社は、ただただ疲弊するだけです。

3.そもそも仕事という時間がきついと思う

そもそもの話として、仕事時間がもったいないと感じることがありませんか?

1日の半日ほど仕事に時間を取られて、毎日家と会社の往復ですよね。

この時点で僕は「会社員」という生き方に違和感を覚えました。

拘束されてる時間がもったいないと思いましたし、まだ終わらないかといつも思ってました。

なので、最初はきつかったですが、仕事終わりに勉強し、結果的に今があります。

仕事は生活するために必要なので、無駄とは言いませんが、これからはもっと自分に投資する生活に切り替えた方がいいですよ。

会社員向いてない人はどうすればいい?←社会人を辞めればいい

会社員向いてない人はどうすればいい?←社会人を辞めればいい

会社員が向いてないなら、その世界から離れましょう。

会社員は縛りが多い

会社員は縛りが多いですよね。

  • 社内での色々なルール
  • 上司と部下の関係
  • 私情は基本的に持ち込まない
  • 通勤を強いられる

徐々に働き方が変わってきているとはいえ、まだまだ浸透していないのが現状です。

通勤だってその時間削って、睡眠や自分の時間に使い、仕事はリモートでやればいいだけですが、中々進まないですね。

働き方は色々

現在僕は会社員をやめて、アルバイト+ブログで生活していますが、こういった働き方もありです。

  • 技術で稼ぐ:プログラミング
  • 好きなことで稼ぐ:イラストや音楽
  • 楽しいことで稼ぐ:Youtubeで発信

上記の上から2つは僕もやってみましたが、結果的に今の状況に落ち着いています。

ですが、やはり周りからの批判はあります。

とはいえ、会社員として働いても怒られる・自由に働いていても批判があるなら断然自由な働き方を取りますね。

サラリーマンが合わないなら辞める【別の道へ行く】

会社員が向いてないなら個人で稼ごう

2年で2社辞めた:会社員向いてない人はどうすれば...

見出しの通り、僕は2年で2社辞めました。

最初は5ヶ月・2社目は1年半と3年も続けたことがないんです。

これを世間では社会不適合社と呼ぶのでしょうが、そんなことに耳を貸さずひたすら勉強して行動した結果、今こういった生活ができています。

会社員が安定という時代は終わりました。

会社員の終身雇用の崩壊

トヨタで終身雇用の崩壊が発表されましたが、それがあの大手だからというわけではありません。

中小企業だってそうだし、他の大手企業だって頭を抱える問題でしょう。

古株ばかりいても新しい時代に適応できないし、そうしたら会社の業績は下がりますよね。

そしてその次に「ユニクロの新卒に3000万」というのもありましたね。

年功序列ではなく、優れた新卒に役職をつけ、年収3000万にする企業だって現れました。

仕事をただ続けて給料をもらうのが安定と考えていた時代は、そろそろ衰退していきます。

なので、このタイミングで『会社員向いてないな…』と感じたのはある意味チャンスでもあります。

今のうちに副業を

決して変な勧誘ではなく、僕の経験からして副業はしておいたほうがいいです。

副業がダメな会社だったら、せめて下準備として勉強をしておきましょう。

おすすめの副業は以下です。

  • ブログ:やや長期的な副業
  • プログラミング:技術をつければ応用が効く
  • ライター:どんどん企業やブロガーが募集してる

まだまだFXやポイントサイトなどもありますが、FXは参入が難しいですし、ポイントサイトは稼げるのはたかがしれてます。

時間は24時間しかないので、まずは上記のどれかから始めてみて、行動しましょう。

詳しくは下記でまとめていますので、合わせてどうぞ。

おすすめはプログラミング

僕が過去に会社員をしながら自己投資したものは、『プログラミング』です。

その理由として、「個人でやって食べてる人がいる」・「もしうまくいかなくても潰しが効く」からです。

もちろん仕事と両立して、勉強をするので大変というデメリットがありますが、それでも後々を考えると楽です。

僕もやってるブログももちろんいいのですが、正直稼げるようになるまで時間がかかります。

ちなみに僕が月7万稼げるようになったのは開始から9ヶ月後で、それまではほぼ0円だったのですが、それに耐えられる方ならおすすめします。

それなら1ヶ月〜3ヶ月みっちりプログラミングを勉強した方がコスパがいいですよ。

おすすめのプログラミングについては下記の記事を合わせてご覧ください。
プログラミングスクール経験者がおすすめする3校【完全無料あり】

人気記事IT業界に強い転職サイト・エージェント3選【まずは一歩から】

人気記事フリーランス向けの求人サイトとサービス【全て無料】

よく読まれている記事
RELATED