ikidishiki
IT業界・SES

IT業界がつまらない人がやるべき3ステップ【すぐに行動しよう】

2020年2月20日

IT業界で働いているけど、なんかつまんないな。これを解決できる方法とかあれば知りたい。今の現状を変えたい。

こんな悩みを解決します。

つまらない人がやるべき3ステップ
  • IT業界がつまらない人がやるべきこと
  • IT業界でつまらないなら個人戦へ
  • IT業界がつまらないのではなく人生がつまらないへ

この記事を書いている僕は、IT業界歴3年以上で、色々な職種を試してきました。つまらないと思ったら辞めて、違うことをするの繰り返しで現在落ち着いています。

なので、この記事では「つまらないと思う原因は何かしらあるけど、解決策がわからなかった」過去の僕に向けて、その解決策となるようなことをすべて紹介していきます。

※同じ境遇の方は、ぜひ参考にしてみてください。

【1】IT業界がつまらない人がやるべきこと

【1】IT業界がつまらない人がやるべきこと

業界がつまらない

IT業界の職種を色々やってきたけどつまらなかったというのなら、思い切って転職も視野に入れるべきです。

下記は大手転職サイトdodaのデータですが、異業種へ転職している方が多いのがわかります。

つまり、早めに見切りをつけて転職している方は多数いるということです。ここの詳しい解決策は「IT業界が合わない人は職種を変えるべき【離れたい…】」で書いていますので、合わせて読んでみてください。

会社がつまらない

「今やってること=IT業界」と解釈し、この業界つまらないなと感じてしまいがちです。

よく考えてみたら”今の会社が”つまらない、嫌だという方もいます。

  • 上司がうざいな
  • 同じ仕事の繰り返しで飽きたな
  • 自由にできないのが苦だな

上記のように、その会社がつまらないと感じることはありませんか?

その場合、「即他の会社に行くor他の職種」に行きましょう。

そうしないと時間がもったいないですし、将来が安定しません。

IT業界は伸びている業界です

IT業界は今伸びている業界です。

というのもここ数年でスマホができたり、パソコンが持ち運べるようになったり、しまいには車や家電など身近なものもすべてITの技術でできていますよね。

ものを売るにしても、今はネットで売ることが多く、そんな時に必要な知識は「Webマーケティング」になります。

意外と意識していないだけで、日常にIT技術が参入しているということです。

つまり何が言いたいかというと、「伸びている業界に先に手を出した方がいい」ということです。その理由は次でも紹介しますが、年収アップが期待できるというもの。

IT業界を辞めるのがもったいないとまでは言いませんが、今やっていることは捨て、少し新しいことに手を出してみる方が、将来的にも安定した生活が送れる可能性が上がると思います。

※ここからは、個人で稼ぐ思考を紹介していきます。興味ない方は、違う職種に転職を考えてみましょう。詳しくは「IT業界の転職エージェントおすすめ3選【未経験必須】」で書いていますので、合わせて読んでみてください。

【2】IT業界でつまらないなら個人戦へ

【2】IT業界でつまらないなら個人戦へ

今の現状がつまらないなら、シフトチェンジしましょう。ここからは個人で少しでも年収アップを目指したい方向けに解説していきますので、少しでも興味を持ったら即行動してみてください。

  • 技術で稼ぐ
  • 知識で稼ぐ
  • 発信で稼ぐ

上記の順番で解説していきます。それでは見ていきましょう。

1.技術で稼ぐ

ここでいう技術とは「プログラミング」や「Webデザイン」の技術です。

今上記のような仕事をしている方は、すぐにでも始めましょう。というのも、フリーランスと言われる方々の多くはこの2つで稼いでいるからです。

とはいえ、どこで仕事もらえばいいの?という方はまず下記のクラウドソーシングサービスに登録しておきましょう。

上記の2つを一度見てもらえたらわかりますが、サイト1つ作ればで20~30万の収益になります。

本業と合わせ、月に1本でも作れば…なんてこともあるので、一度挑戦してみましょう。

2.知識で稼ぐ

知識とは、稼ぐための「マーケティング」スキルです。(もちろん他にもありますが)

今の時代、物を売るだけでなく、情報や経験などを売る人もいますよね。

この物が売れない時代に、いかに買ってもらうかという戦略の知識があると、企業のコンサルもできるので、仕事の幅が増えます。

次で紹介する「発信で稼ぐ」方法も、少しこの考え方と似ているので、掛け合わせるとかなり稼げます。

3.発信で稼ぐ

SNS・ブログ・Youtubeなど、今は情報発信ツールがたくさんあります。

  • SNSで発信
    →仕事がもらえる(金額:案件次第)
  • ブログ
    →広告収入(金額:やればやるほど)
  • Youtube
    →広告収入(金額:やればやるほど)

金額をあいまいに書いていますが、大体中堅層でも月に6桁は稼いでいます。

現に僕はこのブログのみですが、月に5桁ほど稼いでおり、中堅層には及ばないにしろ、生活は豊かになりました。

上記の3つだったらどれがおすすめ?

個人的には上記の3つの中だったら、「発信で稼ぐ」をおすすめしていて、一番の理由が「日銭稼ぎ」にならないという点です。

技術で稼ぐのもいいのですが、最終的にはお客さんがいないと成り立たないシステムなので、安定的に稼ぐのが難しいというのが本音。

なので、やる場合はノーリスクハイリターンな「発信で稼ぐ」の一点突破でやってみてください。

向いてないなら辞めて方向転換すればいいだけなので、まずは行動してみましょう。

【3】IT業界がつまらないのではなく人生がつまらないへ

【3】IT業界がつまらないのではなく人生がつまらないへ

毎日毎日同じことに繰り返しで、つまらないと感じたことはありませんか?

つまらないと一度でも思ってしまうと、今後100%刺激のない毎日を辿ることになります。

実際に僕はそれが原因で過去にうつ病になりましたが、その時の絶望感は半端じゃなかったですからね。何をやってもうまくいかず、それによりさらに辛くなる…負の無限ループです。

だからこそ言えるのですが、今の日常・人生がつまらないなら、生活に変化を持たせてみてください。

個人的には、「あなたがなりたい将来像にリンクする仕事に就き、さらに副業をして、頃合いを見て辞める」それでいいと思います。

会社はあなたを守ってくれない

厳しいことを言いますが、これは事実です。

実際に最近のニュースでも話題になりましたが、「終身雇用の崩壊」など大手でさえ、リストラになりうることがありましたよね。

IT業界は未来がない。安定を求めるのはNG【現実】」の記事でも書きましたが、会社=安定という意識は一度無くした方がいいかもしれません。

だからこそ、少しでも歩き出しつつ、色々試してください。

無理だと思ったら方向転換すればいいだけですし、会社が辛かったら個人で稼げばいいだけです。

それでも迷う方に最後に1つ言いたいことは

ライスワークにならず、ライフワークな人生にする

「明日食べるために働くのではなく、人生を満喫する仕事をする」という意味です。

まずは行動して、徐々にいい人生を歩んでいきましょう。

違う職種に転職する
個人で稼ぐために行動する
IT関連記事

よく読まれている記事
RELATED