ikidishiki
仕事の悩み

【激震】働きたくないし、家にいたいなら固定観念を捨てるべし

もう働きたくないし、なんならずっと家にいたい…

この記事を読んでいるあなたは上記のように思っているはずですよね。

そんな悩みを解決する記事です。

この記事の流れ
  • 働きたくないし、家にいたいなら固定観念を捨てるべし
  • 家にいても仕事はできる【働き方は自由です】
  • 働きたくないは甘えではないし、家にいたいのも当たり前

この記事を書いている僕は、現在ひきこもりつつ、パソコンを使って仕事をしています。

今の時代、わざわざ会社に属して働かなくてもパソコン一つで生活できるくらい稼ぐことは可能ですよね。

なので、この記事では「働きたくないし、家にいたい」方に向けて、それが叶う方法を実例を混ぜて紹介していきます。

働きたくないし、家にいたいなら固定観念を捨てるべし

働きたくないし、家にいたいなら固定観念を捨てるべし

家にいたいなら固定観念を捨てるべきです。

働く=当たり前ではない

小中高大と学生をしてきて、いざ働こう!となった時に、大半の方は会社に属する選択をしますよね。

いきなりニートになるのは、あまりおすすめしませんが、とはいえ卒業したら必ず会社で働くというのは少し疑問に思います

お笑い芸人さんはアルバイトをしつつ、本業ではお笑いをしているように、一般の僕たちもその選択肢を持ってもいいですよね。

例えば、イラストレーターになりたい・ブログで稼ぎたい・Youtuberになって稼ぎたいなどなど夢があるなら、数年はフリーターをしつつ働くのもありかなと思います。

人生100年くらいありそうですし、少しくらい方向チェンジするのもありですよ。

働く=会社だけではない

「会社で働くのは一般的」なんてのは世間では常識かもしれませんが、自分が働きたくないと感じるならまずもって、現状から離れた方がいいです。

というのも、人は知らない間にストレスを抱えていて、最悪それが原因でうつ病になってしまうからです。

例えば…
  • 人間関係が辛い
  • 朝起きたら謎の疲労感がある
  • 早く休日になれとなってしまう

上記は実際に僕が思っていたことですが、もしこの記事を読んでいるあなたの現状がまさしくそうなら、働くことの固定観念を変えましょう

今の時代、働き方は多様化していますよね。

会社で働くことに違和感があるなら、他の選択肢を持ちましょう。

働く=定年まで働くのは無理な話

1番の問題は『老後の2000万問題』です。

ちなみに一般的なサラリーマンの生涯賃金は

学歴 生涯賃金
中卒 2億1,000万円
高卒 2億3,000万円
大卒 3億2,000万円

一見多く見えるかもしれませんが、これはあくまで例なので、賃金は上下します。

実際にニュースなどでも2000万も貯められない…と中高年の方々嘆いていますよね。

つまり、会社で働くということは安定だ!と思われがちですが、意外と落とし穴があったりします。

適正年収から逆算して生涯年収を調べる

少し話はそれますが、現在の月収が20万を超えてない方は、自分が本来貰える適正年収を調べましょう。

そしてそこから生涯年収を洗い出して見てください。

ちなみに適正年収は、ミイダスというアプリでOK。

216万→662万が適正

216万→662万が適正

実際に僕は社会人時代、年収216万だったのですが、調べてみたら600万もらえるという事実がわかりました

つまりどういう意味かというと、会社が安く雇い、売上を底上げしているということです。

今の年収に満足してますか?

もう少し給料が増えれば生活が楽になるのに…と考える方は一度自分の「本当の」年収を調べましょう。

家にいても仕事はできる【働き方は自由です】

家にいても仕事はできる【働き方は自由です】

適正年収がわかればこっちのもんです。

というのも、後は環境を変えて稼げばいいので、人生の自由度がかなり上がります

ここからは、そんな現状とは違う働き方を具体的に解説していきます。

リモートワークで働く

コロナの影響で、色々な会社がリモートワークを導入したように、これからは徐々に家で働く人が増えてくると言われています。

つまり、今まで通勤をしていたのがなくなり、めんどくさい人間関係も緩和されるということです。

リモートワークが主流になれば、精神的にも楽になりますよね。

とはいえ、リモートワークが主流になってからでは遅いので、今すぐあなたも取り入れつつ、流行に乗り遅れないようにすることが重要です。

ちなみにリモートワークをする方法は次で解説します。

フリーランスとして自由に働く

サラリーマンという現状が無理ならフリーランスになりましょう。

上で書いたリモートワークはもちろんノマドワーカーとして、色々なところで仕事ができるようになります

フリーランスとなると仕事がなくなりそう…という不安があるかもしれませんが、今ではクラウドソーシングというサービスがあり、初心者の方でもそこに登録すれば、簡単に仕事を取ることが可能です。

なので、仕事に困るというのはあまり気にせず、現状を打破するためにフリーランスを目指すのもありです。

コツは人生の視野を広げること

固定観念は、人生の視野を狭めてしまいます。

僕も社会人時代は、会社でどうにか上の人間になり、給料を上げるぞと思っていましたが、実際にトップになるには年月が必要だとわかった時はただただ絶望でした。

それがわかってからというもの、ネットで「副業 おすすめ」や「フリーランスになるには」など調べ、試行錯誤した結果、現在の暮らしができています。

なので、あなたもまずは、今目の前で起こってることがすべてではなく、もっと視野を広げて行動しましょう。

ちなみに僕が色々やってたどり着いた、個人でも稼ぐ方法に関しては「【自由】働きたくない←人生の視野を広げる3ステップ【稼ぎ方も紹介】」でまとめていますので、参考にしつつ、チャレンジしてみてください。

働きたくないは甘えではないし、家にいたいのも当たり前

働きたくないは甘えではないし、家にいたいのも当たり前

辛いと少しでも感じると、悲観的になり、周りの意見に左右されやすくなります。

ですが、今あなたが思っている「家にいたい…」という感情は異常なことではないですし、甘えでもありません。当たり前のことです。

仕事行きたくない、辛い…は異常なこと

「やばい、辛すぎ…」となるのは僕の経験上、異常なことだと思います。

そもそも精神的に辛くなる仕事はありえません。

僕も毎日2時間くらいしか寝られず、もう無理となりながら働いていましたが、今思えばすぐに退職すればよかったなと思います。

中々正しい選択というのは、当事者になると難しいかもしれませんが、この記事を読んでいる方は、少なくとも現状はおかしいことだと理解した方がいいです。

働くことは、自分が生活するためであり、人の顔色を伺うことではありません。

なので、明らかにおかしいなと思ったら、離れることをおすすめします。

仕事行きたくなくて休みがちになる前に

休みがちになったら、戻るのは難しいです。

僕は過去に辛すぎてズル休みをしたことがありますが、ズル休みをしたら減給されて、怒られるだけなので、結局あまりいいことはありません…(結局無理やり働いた結果うつ病になりましたが…)

なので、休みがちになる前にまずは動き出した方がいいです。

現状を変えるのは自分で、動き出すのは今です。

まとめ:働きたくなくてずっと家にいたい方は今日から行動しよう

働きたくなくてずっと家にいたい方は今日から行動しよう

いくら悩もうと何も変わりません。現状を変えるには少しづつ自分の環境を変えるだけです。

大半の方はそれができずに、会社員として働く選択肢を持ちますが、正直安定はしないと思います。

コロナがあり、何万人と失業していく中でもいまだに会社員は安定なんていう思考は無理がありますよね。

なので、今すぐにでも個人で稼ぐ働き方をしつつ、徐々にやめる準備をしておきましょう。

個人で稼げるようになれば、ずっとひきこもりながら仕事ができますよ。

まずは、副業として稼ぎつつ、自由に生きましょう!

副業のおすすめは6つだけ

人気記事IT業界に強い転職サイト・エージェント3選【まずは一歩から】

人気記事フリーランス向けの求人サイトとサービス【全て無料】

よく読まれている記事
RELATED